roy brooks

「DUET IN DETROIT」(ENJA RECORDS ENJ−7067−2)
ROY BROOKS

 こんなアルバムは知らなかったなあ。ドラムのロイ・ブルックスによる4人の奏者とのデュエット。それぞれ2曲ずつである(全10曲となっているのは、イントロダクションが2曲収録されているため)。デュオ相手はピアノが3人、トランペットがひとりという構成。しかも全員が曲者である。まずは、ランディ・ウェストン。ウェストンなのでアフリカ色が濃い。いや、濃いというか、アフリカ一色の濃厚なスープのような演奏。その名も「ズールー」。いきなり呪術的な左手の低音ではじまり、そこにブルックスのドラムがからむと、情景はいきなり南ア。ウェストンの重量級リズムのピアノはたしかにひとりでオーケストラとドラムをこなせるかもしれないが、そこにブルックスが入ると、やはり沸き立つようなスウィングが付与される。ドラムソロで一旦終了するが、そこからふたたびピアノが登場してエンディング。ふたりとは思えないリズミカルかつドロドロの演奏。かっこいい。2曲目もウェストンとのデュオだが、1曲目とはうってかわった「ワルツ・フォー・スイートケーキ」という可愛らしい演奏。ピアノソロのあと、ブルックスのブラッシュの至芸が聴ける。かなり長いドラムソロだが、歌いまくっているので気にならない。そのあと、間をいかしたふたりのからみになる。エンディングもかっこええわー。3曲目のお相手はウディ・ショウで、まずは「エレジー・フォー・エディ・ジェファーソン」。ひたすら熱く吹きまくるショウがとにかく凄まじいのでブルックスのドラムが控えめに聞こえる。これは83年の演奏でウディ・ショウが絶好調だったころ。ウディ・ショウの生涯のベストトラックのひとつといってもいいかもしれない。タイトルに引きずられたわけではないが、やはり警官に射殺されたというエディ・ジェファーソンに対する慟哭のようなものが伝わってくる。ブルックスはリムショットなどで軽い感じのリズムを提供し、ショウはメロディックなフレーズで応じているが、やはりなんともいえぬ哀しみが感じられる。つづくかなり長いドラムソロも、大きな周期で歌っていて見事としか言いようがない。ショウとの2曲目も「ジェファソ」というタイトルなので、同じ主旨の演奏だろう。こちらのほうが、ブルックスの銅鑼に乗ってショウが凛としたトーンながら哀しみを歌い上げる。続いては、ドン・ピューレンとのデュオで、まずは「フォーエヴァー・ミンガス」。ブルックス自身の曲である。8小節のリフが基本の、ミンガスといえばミンガス、モンクといえばモンクっぽい曲だが、すごくいい曲だ。半分ぐらいいったところでフリーになるが、ドン・ピューレンなので、インプロヴィゼイションというよりとにかくゴリゴリ弾くという感じでめちゃかっこいい。ドラムソロはいかにもジャズといった感じのストレートアヘッドなもの。つぎはピューレンとの「ヒーリング・フォース」という曲。タイトルからはアイラーを想起せざるをえないが、曲調からいうとあまり関係ないかも(もっと泣かせな感じ)。淡々と弾くピューレンのピアノに対して、ブルックスはライヴでよくやるミュージカル・ソウを弾きまくる。いわゆるアルコで弾くやつではなく、「おまえはあほか」形式だと思う。ピューレンのソロは過激なテクニックも交えてはいるが基本的には情感あふれるすばらしい演奏で、ちょっと感涙。そしてラストは先日急逝したジェリ・アレンとのデュオだが、最初の曲はブルックスのスティールドラムがフィーチュアされるへヴィなサンバ。かっこいい。ラストは同じくジェリ・アレンとのデュオで、なんともいえないスタイリッシュな演奏。ジェリ・アレン、かっこよすぎるやろ。途中、完全なフリーフォームになるが、そのあたりのかっこよさも筆舌に尽くしがたい。というわけで、今は亡き3人とあとひとりとのデュオ。全然知らんかったので、感動もひとしお。大推薦いたします。傑作。