james booker

「CLASSIFIED:REMIXED AND EXPANDED」(ROUNDER RECORDS 0011661917521)
JAMES BOOKER

 眼帯をしたピアニストで、アル中、ヤク中、精神疾患……と、チャーリー・パーカー的な伝説で彩られたひとだが、正直、音楽はそういう暗さとは無縁だ。しかし、その奥底にあるものは「哀しみをめちゃめちゃかっこよくアレンジして演奏してる」といえばいいのか、そういうものもちらりと感じる。聴いたことがないというひとはただちにCD屋に行くべきだと思います。偉大なジェイムズ・ブッカー。本作はラストレコーディングでしかもリミックスされて音がよくなっているうえ、なななんと未発表が9曲も追加になっているということてこれは聴くしかない。あいかわらずピアノはすばらしく、左手強力、右手ファンキー、ボーカル艶めかしい……というわけでほんといいなあ。ときどきリズムがヨレたりつんのめったり指がもつれたりする瞬間はほんの少しあっても、それさえもなんだか楽しいし、彼の音楽が生々しく聴こえることにつながるのでなんら気にならない。めちゃくちゃテクニシャンで、すべてのリズムを自分で作り出している感じ。ピアノソロの曲もたっぷりあるが、基本的にはバンドで、テナーのアルヴィン・レッド・タイラーが入っている曲もある(ニューオリンズでサックスといえば、このひとかリー・アレン)。このレッド・テイラーのファンキーでエロいサックス(音は細いけど、ええ音なんですなー)がもう最高であります。曲は、ブルースあり、ニューオリンズもの(ロングヘアメドレーとか)あり、R&Bあり(レイ・チャールズとかプレスリーとか)、スタンダードとか(「エンジェル・アイズ」最高!)なんでもありで、スヌークス・イーグリンにしてもこのひとにしても歩く音楽辞典というか、レパートリーの広さに驚くが映画音楽まであって、「ワルソー・コンチェルト」とか「ゴッド・ファーザー愛のテーマ」(!)とか。もうあまりに凄いのだが、本作を録音する直前に倒れて、奇跡的に完成したアルバムだというのを聞いてビビる。そんな雰囲気は微塵もない。いや……絶頂期に比べれば……というひともいるかもしれないが、予備知識なく本作だけ聴いたら、やっぱりすごいですよ。