bob berg

「ANOTHER STANDARDS」(STRETCH RECORDS SCD−9013−2)
BOB BERG

 ちょっと自分語りをすると、ボブ・バーグといえば、私の学生のころは、テナーをやってるものにとってはスーパースターだった。グロスマンやリーブマン、ブレッカーなどはかっこいいけど真似したくてもできない。しかし、ボブ・バーグはシダー・ウォルトングループでフィーチュアされていたせいもあって、4ビートものが多くスタンダードなんかも演奏していたので、より親しみがあった。ザナドゥのリーダー作「ニュー・バース」はみんな持ってたなあ。トム・ハレルとの二管なのだが、曲もアレンジもソロもリズムもなにもかもかっこいい作品だった。「イースタン・リベリオン2」とか「○○セット」といったシダー・ウォルトンのアルバムもみんな聴きまくっていた。しかし風の噂では、ボブ・バーグは金がなく、昼間はタクシーの運転手をしているとかいう話があって、あんなうまいひとが……と言い合ったものだ。そんなボブ・バーグが、なななななんとマイルスグループに抜擢という話を聞いて、我々は大喜びした。これでタクシーの運転手もやめられる、リーダー作もいっぱい出るはずだ。しかし、マイルス・グループでのバーグは、ソプラノばっかり吹かされたり、あまりいい感じにはならなかった。期待したリーダー作も、「ステッピン(イン・ヨーロッパ)」という、顔のでかいアップで、ラバーのマウスピースを吹いてるやつぐらいで、内容も期待したものとはちがっていた(今聴くと、また感想もちがうかも)。ニールス・ランドーキーのライヴで、長尺のソロをゴリゴリ吹きまくっているのがあって、そちらのほうがわが意を得たりという感じだった。その後、マイルスバンドを離れてからは、デンオンやチック・コリアのレーベルなどにフュージョンっぽい作品をたくさん吹き込み、マイク・スターンとの双頭バンドなども人気を得たが、そのころの演奏は私としては今一つのめりこめない点があって、というのは、マウスピースが変わってしまい、マイケル・ブレッカー的な、シャープでエッジのたった音になったからで、やはりボブ・バーグはリンクのメタルの、あの低音から高音までほぼ同じ音色の、ああいう(どういう?)音のときが、聴いていてぞくぞくするような感動があった。といってデンオンのころも内容は決して悪くないのだ。そして、本作はそういうなかでもべつの輝きを放っていて、それはスタンダードをやってるからとかそういうことではなく、とにかく一曲目の「あなたと夜と音楽と」から、もうすごい演奏のオンパレードで、「しっかりとした意味を持つ、適格な音の奔流」とでも言いたくなるような目まぐるしいフレージングが、凄まじい技術で吹きまくられる。技術と一口に言ったが、その音色、太さ、アーティキュレイション、リズムなども含め、サックス奏者としてほぼ完璧なテクニックの持ち主だと思われる。彼が自動車事故で亡くなったとき、ブレッカーが追悼の言葉を捧げているが、そこでバーグの持ち味のひとつにスウィング感を挙げていて、なるほどと思った。ツボにはまったときのバーグのドライヴ感、スウィング感はちょっとほかに比するものがないほどの凄まじいものなのだ。このアルバムでは、バラードなどでも顕著だが、その「音」もより磨きがかかっているし(聴き惚れます)、もとから超馬鹿テクだったが、本作ではそれがよりすごくなって、あまりに上手すぎて、正直、ちゃんと聞いていないとつるつるっと耳を行き過ぎてしまうぐらいになっている(しかし、その凄まじくモダンに聞こえる音列が、じつはちゃんとした具体的アイデアの積み重ねであったり、教則本に出てくるようなアルペジオだったりするのだ)。ほかのメンバーも凄くて、ピアノのデヴィッド・キコスキーやドラムのゲイリー・ノヴァク(大活躍!)のプレイもすばらしい。アレンジも見事。もう、言う事のないアルバムなのだ。2曲に参加しているランディや1曲だけプレイしているマイク・スターンもいいんだけど(とくにマイク・スターンのソロはかっこいい)、ボブバーグのワンホーン部分がすべてをさらっている感じ。一見テクニカルでアウトしているようにも聞こえるボブ・バーグのフレーズが非常にオーソドックスかつ歌いまくっていることがわかる。ソプラノの伸びやかな演奏もすばらしい。傑作だと思います。。

「WE MISS YOU」(MEGA DISC)
BOB BERG

 海賊盤のCD−Rだが、ボブ・バーグが不慮の事故で逝去した直後に出されたものらしい。タイトルがそのあたりを表していて痛々しい。しかし、内容はそういうことを感じさせないぐらい最高で、アムステルダムでのライヴ。ピアノはデヴィッド・キコスキ。音質も良好で、ときどきノイズが入ったり、音が一瞬途切れたりするが鑑賞には問題ない。1曲目はサンバで、キコスキーの曲。ピアノソロによるイントロからテーマ後、キコスキーのソロが延々続き、もしかしたらキコスキーがリーダーのバンドの演奏をボブ・バーグ4として追悼の意味で出したのか、と思ったほど。いやー、キコスキーのソロは素晴らしいです。しかし、つづくボブ・バーグも負けじとメカニカル+歌心といういつもの音楽性を遺憾なく発揮して、ときには高音で吠えつつ延々とブロウしまくる。かっちょえーっ! 2曲目は「アイ・クッド・ライト・ア・ブック」で、ボブ・バーグの流暢に歌うソロに耳が釘付けになる。ほんと、いわゆる教則本的メカニカルなフレーズと歌心あふれるフレーズを絶妙に組み合わせて延々と吹き続けることができ名人芸である。つづくキコスキーのソロもやばいぐらいかっこいい。途中テンポを半分に落とすところなどの見事さはしびれまくる。ピアノソロの途中、一瞬音が途切れます。そのあとボブ・バーグとドラムの8バースがこれも延々続く。3曲目はおなじみ「マイ・マンズ・ゴーン・ナウ」のモーダルな解釈で、かなり長いベースソロからはじまり、4分以上過ぎてからテーマが始まるのだが、このテーマの吹き方がもうかっちょええのである。テナーの一音一音に凄みがあり、ほんますごいとしか言いようがない。内省的(?)なピアノソロがあってテーマに。ラストの4曲目は「ジャスト・イン・タイム」で、テンポが倍テンになったり元に戻ったりして一定ではないが、まずはピアノがそのあたりをうまくこなし、縦横無尽のソロを展開。ボブ・バーグのソロになり、同じようにテンポが倍になったり半分になったりしながらも吹いていくのだが、それだけでもすごいと思っていたら、途中(10分半ぐらい)からベースとピアノが消えて、テナーとドラムのデュオになり、ここでボブ・バーグが本領発揮のブロウが繰り広げられる。応戦(?)するジョナサン・ブレイクも凄いが、観客の目はたぶんボブ・バーグに釘づけだろう。ああ、こんなひとがこの一年後事故で他界してしまうとは……かえすがえすも残念である。タイトルの重さを感じる。かなり長めのドラムソロがあってテーマ。ラストのボブ・バーグによるアナウンスでこれがワンセット目の終わりだとわかるが、ボブ・バーグがリーダーだということもしっかりわかる。選曲はもろ「アナザー・スタンダード」とかぶるのだが、時期的にこちらのほうが4年ほどあとである。音途切れとかあるし、海賊盤なので、傑作とは言いにくいが、ボブ・バーグ・ファンやキコスキーファンには全力でおすすめします。