kenny barron

「LIVE AT FAT TUESDAYS」(ENJA RECORDS 5071)KENNY BARRON

 ケニー・バロンのクインテットによる88年のライヴ。一時はジャズ喫茶でよくかかっていた(適度にかっこよく、適度に猥雑でライヴ感があって、ジャズ喫茶ウケするタイプのアルバムなのだと思う)。リズムセクションが超豪華で、ビクター・ルイス、セシル・マクビーとは凄すぎる面子。ジョン・スタブルフィールドは、豪快といえば豪快、大味といえば大味なひとで、いつも私はバッド・ジョンソンを連想する。ものすごくビブラートがきついので、好みはわかれると思う。1曲目の「ノー・グレーター・ラヴ」ではその大味さがもろに出ているが、3曲目のケニー・バロンの曲(めちゃかっこいい)ではフリーキーに大暴れして、迫力のあるブロウをみせてハマッている。つまり、わかるわかる気持ちはわかる、というタイプのテナーマン。エディ・ヘンダーソンはうまいうえに大向こうウケしそうないつもの演奏。でも、本作に関してはフロントよりもトリオだろう。どの曲でもピアノソロには唸らせられるし、マクビーもビクター・ルイスもすげー。2曲目の「ミステリオーソ」はトリオだけによる演奏で、ケニー・バロンの最高のプレイが聴けます。なんでもできるひとなので、バップっぽいプレイからモーダルにガンガンいくやつもばっちりだが、それを織りまぜてもなんの違和感もないほど、この偉大なピアニストの熟成は凄いのだ。B面に行くと、1曲目は「サンド・デューン」という曲なのだが、これはフランク・ハーバートの「デューン砂の惑星」に捧げた曲なのか? ケニー・バロンはSFファンなのか? それともリンチの映画を観たのか?(映画は84年なのでおかしくはない)曲調は、砂漠の星の様子をイメージしたもの……といわれたら、ああそうですかと答えてもおかしくはないけどなー。一種のバラードです。かなり長尺の演奏。ラストはモードジャズ的な味わいのハードな曲。スタブルフィールドのソロは、やはり技術よりも気合い優先、気分優先の「わかるわかる。気持ちはわかるけどなあ……」という感じ。途中からフリーというのではなく、興奮に任せてのピーピーいう大暴れのあたりは私は好きです。ドスの利いた、迫力のあるソロではある(「ではある」という書き方でどーかご理解ください)。そこへいくと、エディ・ヘンダーソンは音楽的には真面目なひとなのだろう、そういう無茶はしない。真摯な説得力のある演奏ではあるが、こちらにはもう少し無茶をのぞむ。そしてケニー・バロンのソロは圧倒的だ。もちろんセシル・マクビーとビクター・ルイスのバックアップもすごくて、3人が一丸となって攻めまくる。超かっこいいっす。CDは1曲多いらしいが、聴いたことはないのでわかりまへん。