derek bailey

「DUO & TRIO IMPROVISATION」(KITTY RECORDS MKF1034)
DEREK BAILEY

ミルフォード・グレイヴスとほぼ同様のメンバーで、デレク・ベイリーと当時の日本の若手気鋭の即興ものたちの初共演が実現したわけだが、そのドキュメントである。正直言って、ミルフォードのアルバムは、みんなでビビリあいながらけっこう単調なコールアンドレスポンス形式の即興をずーっとやっている感じで、古臭い連歌のようなものだが、本作はそれにくらべてずっと衝撃的だ。私が、はじめてデレク・ベイリーの演奏に接したのが本作であり、その後、このすばらしいギタリスト〜即興演奏家のふところの広さ・深さはとんでもないということを知ったが、まず最初にこのアルバムで彼の演奏に接したことは僥倖だった。ふたりの即興演奏家が相次いで来日し、ほとんど同じメンバーと共演して2枚のアルバムを作ったわけだが、その影響度などはべつにして、単純に作品の出来で考えると、こちらのほうがずっとおもしろい。最初聴いたとき、マジでびっくりしました。そのあと、カンパニーとさまざまな作品を聴き、「インプロビゼーション」という本も大学のころに読み、なるほどなあ……と深く深くこのギタリストに入りこむことになったのだが、管楽器奏者ではないので、それほど「はまる」ことはなかったけど、もし、「即興」というものが音楽の極北であり、とにかく「即興」であることに意味があるのだ、という考え方の奏者がいたら、こういう演奏になるだろうなあ、と思ったり、いろいろ考えさせられたりした。今にして思えば、学生のころにそういう風に即興というものについて思索する機会を与えてくれたことはほんとうによいことだった。本作を聴くと、たしかにデレクは言行一致なのだ。ミルフォードのアルバムは、そこまで私に「詰め寄る」というか、崖っぷちに立たせるようなことはなかったもんなあ。その後、高柳さんを聴き、内橋さんを聴き、ようやく私にも、なるほど、デレク・ベイリーの演奏は「ギター・ミュージック」なのだ、ということに気づいた。楽器へのこだわりというか偏愛が根本にあってこその「即興」なのだ。今は、楽しく聴けるデレクの演奏だが、あのころは、なんというか、針を落とす際に「居住まいを正す」みたいな感じがあった。ものすごくむずかしく考えていたんですね。

「INCUS TAPS−1973」(ORGAN OF CORTI 10)
DEREK BAILEY−SOLO GUITAR

 エヴァン・パーカーは大好きで、昔からずっと聴き続けているわけだが、歴史的重要性も含めて彼と双璧をなすインプロヴァイザーであるデレク・ベイリーに関しては、あまりいい聴き手ではなかった。アルバムが膨大だし、共演者もさまざまなので、どれを聴いていいかわからん。というわけで、私がデレクを聴くのは、例の初来日のときのアルバム(これは学生のころに買った)か、共演者がサックス奏者であるアルバムに限られていた。最近、いろいろと心境の変化(そんな大げさなものではないが)があり、楽器にとらわれることなく聴いていかないと人生の損をしているのではないか、と思うようになった。テナーでないとねー、とか頑ななことを言ってると、とんでもないすごいものを聞き逃しているような気になったのである。それで、こういうもの(ギターソロ)も聴いてみることにした。なるほど、ギターソロだ。ほかのアルバムでも、何曲かソロが入ってたりするが、まさにそれを集めたようなアルバム。こういうスカスカな音の即興は心を遊ばせてくれるというか、じつに楽しい。デレク・ベイリーの演奏を聴いていると、いかにも、フリー・インプロヴィゼイションってどういうもの? とたずねられたときに、こういうものだよと提示できる教科書的な内容だと思う。カンパニーの一派が即興をはじめたとき、おそらくみんな手探りだっただろう。そういうなかで、真摯に、ギターにおける即興というものと前向きにがっぷり四つに取り組み、少しずつ体得していったものが「これ」だったのだろう。それは感動的ですらある。教科書的というのは悪いことではない。べつの意味では、ここに収められている演奏はすべて、教科書的であり、なおかつ反教科書的なのだ。今でも輝きを保っているこれらのギターソロは、一弾き一弾きのなかにデレクの魂がこもっている。大げさな言い方かもしれないが、そう思えます。

「LIVE AT VERITY’S PLACE−JUNE’72」(ORGAN OF CORTI 9)
DEREK BAILEY HAN BENNINK

 ハン・ベニンクというひとは、私の印象ではおよそ真面目からほど遠い、ユーモアたっぷりの表現を即興に持ち込んだひとであって、音楽的にどうこうというより、そこに「笑い」を介在させることによって、より自由に、より高くインプロヴィゼイションの地平を押し広げた……という風に思う。そのハン・ベニンクが、超真面目(あくまで私の印象です。学者みたいな感じ?)のデレク・ベイリーとデュオというのは、じつに興味津々だが、結果的にこんな楽しい演奏になった。もちろん、楽しいというのは笑えるとかユーモアとかそういったものではないのだが、ほかの共演者とのデュオにくらべて、ふたりのベクトルが完全に一致しているわけではないので、そのあたりのずれというか、ぴったり息が合った瞬間と、そうでない瞬間がめまぐるしく訪れ、そういう連鎖がいきいきとした人間的なインプロヴィゼイションを生んでいる。息のつまるようなシリアスな即興もいいが、こういうダイナミックで、カラフルな即興もすばらしい。普通の意味でのスウィング感は皆無だが、この演奏はスウィングしている、と言ってもおかしくはない。ときどき、人生ってしんどいなあと思ったときに聴き直したい。なお、アルバムタイトルだが、ジャケット表にはなんの文字もなく、背中には「デレク・ベイリー・ハン・ベニンク」とだけあり、逆にCD自体のレーベル面には「ライヴ・アット〜」というタイトルが大きく書かれていて、どれが正しいタイトルかわからないが、一応このようにした。それと、対等のデュオだと思うが便宜上デレク・ベイリーの項に入れた。

「TRIO PLAYING」(INCUS RECORDS INCUS CD28)
BAILEY/BUTCHER/MARSHALL

 このトリオは凄い。ベイリーはあいかわらずすごくて、ジョン・ブッチャーは(この録音時は)若いのに堂々と凄くて……とここまではわかるが、もうひとりのオレン・マーシャルというチューバ奏者がめちゃ凄くて、3人が年齢とかキャリアとか関係なく対等な関係でのトライアングルになっている。チューバの即興というと高岡さんを思い出すわけだが、またちがうアプローチのひとで、最初はトロンボーンだとばかり思っていた。高音で朗々とメロディックに吹いたりするあたりでそう勘違いしたのだろうが、世の中にはいろんなすごいひとがいるものだ(クラシックもやるひとらしく、チャーリー・ヘイデンやエルメット・パスコール、ムーンドッグなどと共演歴があり、チャーミング・トランスフォーム・バンドというのを率いているらしい)。普通は、いくら対等の立場での演奏といっても、楽器特性や演奏技術や存在感や音楽性などから、結局はだれかがリーダーシップを握り、それに合わせる形になるものだが、ここまでイーヴンだとすがすがしいですね。データがあまりに少なくて、ジャケット裏の1997というのが発売年だとしても録音も同年なのかどうかわからない(ネットで調べると録音は1997年、1994年、1995年……といろいろ出てきて信憑性に欠ける)。仮にそうだとすると、このときベイリー67歳、ブッチャー43歳、マーシャル31歳ということになる。この若いマーシャルの参加が鍵になっているような気がする。じつはこのアルバム、中古で適当に買ったのだが、めっちゃ気に入って、もう10回ぐらい聴いているのだが、ベイリーとブッチャーは〈1989年からデュオをやってるらしい)手慣れた即興を、手垢の付かない一期一会の感じで行っているが、マーシャルがここに持ち込んでいるのは、そういうのとはやや違った感覚というかべつのもので、それが見事に溶け込んでいるのは、彼がよほどの自信をもってそれを演奏しているからだと思う。彼は自作(?)の「オレノフォン」という馬鹿でかいチューバを使ってクラシックの曲をばりばり演奏するという変態的な楽器馬鹿で、エレクトリックチューバ(どんなんや?)も使うらしくて、そのあたりのぶっ飛んだ感覚がここでもいいほうに作用している。ベイリーとブッチャーのからみはもう芸術的な域に達しているが、若いマーシャルがそこに加わることで、本作は歴史的傑作となった……とか勝手に断言してもいいのかな。いいのだ、これだけの演奏なのだから。色の違った三つの目玉があるジャケットも印象的だ。