shoji aketagawa

「SMALL PAPILLON」(AKETA’S DISK PLCP−112/AD−66CD)
明田川荘之&アケタ西荻センチメンタルフィルハーモニーオーケストラ

 最愛のピアニストのひとり明田川さんの西荻センチメンタルフィルハーモニーオーケストラの一枚。このアルバムにいわゆる「ビッグバンドジャズ」を期待したひとは激怒するかもしれないが、アケタさんのすばらしい曲を大編成用にアレンジして、いいソロをみんなでまわして、アケタさんのピアノも大フィーチュアしました……というような「音」が好きなひとにはたまらんアルバム(それは私です)。曲もいいし、高校生のときからかわらず愛聴しているアケタさんのピアノも最高だが、ソリストもすばらしく、とくに津上研太のパッショネイトなアルトソロと松本健一の骨太なテナーソロはどちらもすごい。何度聴いても、「ああ、ジャズで盛り上がるというのはこういうことなのだなあ」と単純な真実に気づかされる。何度もいいますが、ビッグバンドだと思ってはいけませんよ。なにしろ、ここまでアレンジに仕掛けのない、シンプルすぎるぐらいシンプルな「オーケストラ」はまずないからなあ。「わっぺ」も大好きだが、これもまた愛聴盤です。

「PLACE EVAN」(OHRAI RECORDS JMCK−1014)
SHOJI AKETAGAWA

 おーらいレコードの企画による録音ではなく、明田川さんの手元にある未発表の音源のなかから厳選したものをおーらいに貸し出した(?)ような形のアルバムらしい。全5曲のうち、1曲め、3曲め、4曲めがピアノソロで、2曲めと5曲めがクインテットという構成。正直言って、全部ピアノソロにしたほうがアルバムとしての統一感はでたと思うが、いかがなものか。ましてや、ソロの3曲のほうがずっとできがいい。クインテットのほうは、松本健一のテナーはかなりがんばっているが(このひとは大好き)、トロンボーンソロがどうも中だるみする。もうしわけないが、ワンホーンもしくはピアノトリオのほうがアルバムとしてはよかったかもしれない。曲は全部アケタさんのオリジナルで、さすがにいい曲ぞろい。しかし、どうしてこのひとの曲は、頭に残るのだろう。まさにメロディメーカーだ。

「BLACK ORFEUS」(AKETA’S DISK)
SHOJI AKETAGAWA

 最愛のピアニストのひとり、明田川荘之。20年以上まえ、高校生のときに「アローン・イン・徳山」をアケタの店に電話して、通販で買ったのが最初で、以来、ずっと聴いている。この新譜は期せずして、そのときとおなじピアノソロである。アケタさんのピアノソロは何作かあるが、やはり思い入れという点では、「イズンテュ・シー・ラブリー」(そういう表記になっている)などの入った「アローン・イン・徳山」がいちばん好きだ。しかし、この「黒いオルフェ」……タイトルはスタンダードからとった単純なものかもしれないが、なかみはすばらしいです。たぶん、「アローン・イン・徳山」はレコードなので、日頃の愛聴盤はこちらになるかも、という予感。どの曲も、哀愁と狂気とバップ魂が炸裂していて、一音たりとも聞き逃せない。こういうのを「垂涎」のライヴというのだろうか。選曲もいいし、こういうライヴに接することのできる東京のファンはほんとうらやましい。久々の「外はいい天気」の再演とか「リブル・ブルース」とか、おなじみの曲もやってるが、「ブラックホール・ダンシング」という曲のインパクトには驚く。とにかく明田川荘之入門にも最適だし、長年のファンにとってもすばらしい贈り物だと思う。(なぜかジャケットにもレーベルにもレコード番号の記載がないので空白にしておく)

「シチリアーノ」(AKETA’S DISK MHACD−2619)
AKETA・藤川義明・翠川敬基

 世にも珍しい、本番中のミュージシャン通しの殴り合いを記録したアルバムだという。よく一触即発というが、それを通りこして、どつきあいにまで行ってしまっているのだ。たしかに3曲目の途中で藤川と翠川との口論が聞こえ、そのあとにバシッという音が収録されている。また、3曲目が終わったあともぐずぐず言い合っているのが聞こえる。しかし、肝心なのは演奏であって、演奏がしょぼかったら、モンクとマイルスが殴りあっていようが、コルトレーンがエルヴィンを蹴っていようが、何の値打ちもない。このアルバムのすごいところは、そういった喧嘩状態にあったふたりを含む3人の演奏が非常な高みにあり、その高みには、波乱含みのテンションが大きく影響している、という点なのである。つまり、ドキュメントとしても、音楽としてもすぐれていて、しかもそのふたつが相互に影響しあっている、というある意味理想的な「レコード」なのだ。藤川のアルトはいつにもまして輝かしく、また、きちんとフレーズをつむいでおり、ピアノとチェロをバックにしている変則的な編成とは思えないほど美しい。しかし、そういったきちんとした部分を崩そう崩そうとする翠川のチェロもまた楽しく、触発されて藤川がフリーキーにブロウしはじめると、またちがった美が現出する。もちろん、アケタのピアノは私好みである。アルトのウォーミングアップからはじまり、軋轢が高まっていく過程が楽しいが演奏自体は逆にしっかりとスタンダードしている「アイル・クローズ・マイ・アイズ」を経て、ついに軋轢が暴力にまで進んでしまう3曲目のブルース(これもおもしろい)……というあたりを聞いたあと、ラストの2曲がめちゃめちゃ良いのは、これはどう考えても、会場を覆う一種異常な空気がここに凝縮したのだと思われる。アルバムの最後に入ってるアケタ氏によるメンバー紹介の、どんよりとした力のない声が印象的だ。おもろいわー、このアルバム。実際、よく出してくれたもんだ。アケタズ・ディスク以外ではぜったいに商品化されないであろうドキュメント。だって、アケタも藤川も翠川も、全員良いんだもんね。3者対等のライヴだと思うが、一応、明田川氏の項に入れた。

「さよなら室蘭長瀬氏〜そしてエミ」(AKETA’S DISK MHACD−2623)
AKETA〜西川沖縄ユニット

 変なタイトルで、メジャーなレーベルなら絶対に許されないであろうタイトル。内容も、タイトル同様、かなりラフで、これまたメジャーならおそらく商品化できなかっただろう。ベースが、沖縄の西川勲というかなりベテランのひとで、ベースソロを聴いていると、なんとも独特である。ドラムは串本卓司、ギターは石渡明廣とおなじみのメンバーだが、どんなメンバーがバックでも、アケタさんのピアノは訥々とおのれをつむいでいく。一曲目は、タイトルにもなっている古澤良治郎の「エミ」で、私のめっちゃ好きな曲である。たしか「キジムナ」の一曲目だが、私は「古澤良治郎の世界」という二枚組での演奏が大好きで、あの二枚組は宝物のように大事にしている(アケタさんも入っていて、すばらしい演奏をしている)。その「エミ」が再演されているわけだが、曲調といい、アケタさんにぴったりだ。二曲目、これがびっくりなのだが、ボーカルもので、歌っているのは明田川さんの娘さんでジャズシンガーの歩さん(レコードデビューだそうだ)。しかし、歌っている歌は「アルプ」という、父親であるアケタさん作のめちゃめちゃ変な曲で、「山羊に蹴られた」ということをものすごくちゃんとした歌い方で朗々と歌う。しかも、アケタさんの歌伴が、変なフレーズを入れたり、不協和音を入れたりとやりたい放題である。そういう「わけのわからん」感満載の曲だが、結果として、また聴いてみたい……という中毒症状を生むおもしろい演奏になった。3曲目の「テーマ・フォー・米やん」は、要するに「葬送行進曲」をモチーフに、最後におなじみの「カッコロリンのスッコンコン」をつけたマイナーブルースで、これまたアケタさんの独壇場的な曲。というか、そのあとの二曲、「室蘭アサイ・センチメンタル」「世界の恵まれない子供達に」も、曲調はアケタさん好み(つまり私好み、日本人好み)の曲で、楽しく聴ける。明田川荘之のピアノによってジャズピアノというものを理解した私なので、いつまでもこのひとのピアノは聴きつづけていく。

「集団生活」(AKETA’S DISK AD−5)
SHOJI AKETAGAWA3+KAZUTOKI UMEZU & MASUKO NAKAMURA

「ようこんなCD出したなあ」とか「このアルバム、むちゃくちゃや」とか、そういうセリフを口にすることは多いが、このアルバムこそ、その言葉にふさわしい。とにかく珍盤・奇盤数あれど、こんなわけのわからないアルバムはジャズレコード史上まれであろう。とにかく一曲目の「テーマ・フォー・吉田」という曲のむちゃくちゃさに、まずガツンとやられる。麻薬のような効果があり、二回ほど聴くと歌詞を暗記してしまう。「シェップが好き、録音うまい、末次好きなその名は吉田。それ行けファイトだ、やれ行けガッツだ、地のままよし行け、ぼくらの仲間だ、はい、吉田!」……ほら、こうしてなにも見ずに歌詞が書ける。しかし、なんちゅう歌詞や。そんなこと知らんがな、という内容。はじめて聴いたとき、「地のままよし行け、ぼくらの仲間だ」というフレーズが気に入ってしまい、すぐに歌詞を全部覚えてしまった。吉田というひととは会ったこともないが、「ふーん、末次が好きなのか」とそのプロフィールをなぜか知っていることになるわけだ。中村マスコというボーカルが歌いあげる、というか叫ぶ。二曲目もむちゃくちゃで、森山威男の「ぐがん」のリズムパターンに歌詞をつけ、マイナーブルースにしたもの。「ぐがんぐがんぐがんぐがんだぱととん、ぐがんぐがんぐがんぐがんだぱととん、ぐがんぐがんぐがんぐがんだぱととん、ぐがんぐがんぐがんぐがんだぱととん……へい! 森山」という歌詞。こんなもんをアルバムとして発表するその勇気。この曲ではアケタのピアノとともに、マスコのスキャットが爆発するが、なにしろ曲がなあ……。そしてB面はもっとわけがわからない「つのひろセンチメンタル」というつのだひろに捧げた曲が2テイク入っているのだが、これがまたむちゃくちゃで……とにかくこのアルバムを表現するには「むちゃくちゃ」という言葉を何回も使わねばならない。しかし、何度も言うようだが、このアルバム発表時、まだアケタさんは25歳ぐらい。もっとちゃんとしたアルバムを発表しようとは思わなかったのか。そのおかげで、今の我々はこんなアホなジャズ史に残る怪作を耳にすることができるのだが。若き梅津和時の、今ではちょっと聞けないような正統フリージャズ的アルトブロウがえんえんとフィーチュアされており(こんな梅津さんは、「集団疎開」のアルバムぐらいしか聴けない)、凄いといや凄いが、これも曲がなあ。「クソしていても、飯食っていても、酒飲んでいても、センチメンタル……はー、つのひろ」という歌詞だからなあ。「集団疎開」と「生活向上委員会」(もとは梅津〜原田のバンドだったが、彼らのニューヨーク渡航に際し、松風鉱一が受け継いでおり、そのメンバーがアケタさんだった)のメンバーが合体しているから「集団生活」というタイトルにしたらしいが、そのあたりも適当すぎてすばらしい。たぶんCDでの再発などありえないと思うから大事にしようっと。

「FLY ME TO THE MOON」(AKETA’S DISK AD−8)
SHOJI AKETAGAWA TRIO

 これも傑作だと思うし、めっちゃよく聴いた。アケタ氏がどしゃめしゃ弾きながらピアノの下に沈んでしまうまでを九枚の写真ですごろく風にしたジャケットも最高。当時の明田川さんのライヴをそのまま、手を加えずにドーンとアルバムにしただけの作品。アルバムなのだからもうちょっとコンパクトに、とか、いろいろ考えもあるだろうが、そのまま、というのが良いのだ。だから、いいところも山のようにあるが、悪いというか手探りだったりダレたりする箇所もいっぱいある。そういうことを全部ひっくるめての明田川荘之の演奏なのだ。東京のひとにとっては生でいつでも聴けるという感じだろうが、我々地方のファンにとっては、こういうアルバムがほんとうにうれしいのである。「ノー・グレーター・ラヴ」にはじまり、「フライ・ミー・テュー・ザ・ムーン」とつづくA面は、まさにアケタ節全開だが、本作の白眉はなんといってもB−2の「アケタズ・ブルース」。「大学一年生のときにドルフィーのアウトゼアに感動して作曲」したという曲だが、とにかく迫力満点の演奏。しかし、途中でブツッと演奏が終了する(テープがなくなったらしい)。残念。最後は「ユー・ドント・ノウ・ファット・ラヴ・イズ」のボサ。「世界初。さすが天才。終わりを飾るにふさわしい劇画チック。そして泣ける。偉い。アケタ偉い。万歳」と本人がライナーで書いているが、まさにそのとおり! ベースの山崎とドラムの宮坂も当時の鉄壁コンビですばらしい。

「SHOJI AKETAGAWA AT THE BABEL 2ND」(AKETA’S DISK AD−21)
SHOJI AKETAGAWA HIROSHI YOSHINO DUO

一時は本作こそ明田川荘之の最高傑作かと思っていた。最高傑作というのはちょっと変か。ようするに、ライヴでのアケタ氏の魅力がそのままアルバムになったような印象なのである。A面B面それぞれ一曲ずつという長尺演奏だが、聴いていてまったく飽きない……というか、ダレる箇所もあるのかもしれないが、私個人としてはそういう部分も含めてとにかくよだれを垂らして聴き続けたい……という感じのアルバム。ああ、もう素敵すぎる。ライナーによると、このときアケタさんは中耳炎でかた耳がまったく聞こえなかったらしく、また、客もめちゃ少なく、1ステージ目が終わると客が全員帰ったので2ステージ目が中止になったらしい。しかし、アケタさんは当時、ハイファイ・ビデオ・デッキを買いたてでうれしくてしかたなく、ライヴを録音。聞き返してみると、客が少ないし、中耳炎という悪状況にもかかわらず、「僕の主観かもしれぬが、一発でなく聴き込むうちスルメではないがかめばかむほどじわじわっとどんどん味が出てくるような」と本人が書いているようなすばらしい内容。よくぞ録音してあった! と叫びたくなるような、しみじみとした演奏である。

「YAMAZAKI BLUES」(AKETA’S DISK AD−15)
SHOJI AKETAGAWA TRIO & SOLO

一時は本作こそ明田川荘之の最高傑作かと思っていた……というフレーズは上記でも使ったが、本作もそのとおりで、このアルバムを入手したころは毎日毎日、飽きずに聴いていた。傘をさしてにっこりしたアケタさんの写真と、ごろりと横になった山崎さんの写真、そして「山崎ブルース」の譜面が載ったジャケットがかっこよくて、大好きだった。とにかく一曲目の「山崎ブルース」のあまりのむちゃくちゃぶりに衝撃を受け、「これはぜったいメジャーでは出ないなあ」とあきれた。「私あなたのなんなの? 私あなたのなんなの?」とくり返すボーカル(アケタさん)入りブルースなのだが、最後に、あはーんとあえいだあと「山崎、真性包茎」とか、そういった決めフレーズ(?)が入る、という曲調。聴くたびに爆笑する。しかし、アドリヴに入ると、ハードボイルドかつ曲調をちゃんと考慮したソロがほとばしるあたりもすごい。そして二曲目の「アフリカン・ドリーム」というアケタさんのオリジナル、三曲目ショーターの「フット・プリンツ」という二曲がめちゃめちゃかっこよく、ほれぼれするが、A−4の「チロルヒナ」というわけのわからないタイトルの曲を聴いて、またまた爆笑。演奏時間1分ほどのものすごく短い演奏(テーマだけ)だが、「おおブレネリ」と「ひなまつり」をくっつけた曲なのである(この曲、よくピアノで真似をして弾いた)。B面にうつると、一曲目の「亀山ブルース」は、なんと12小節ではあるが3小節ごとに区切った3小節×4という変態的構成。スタンダードを挟んで、最後はバド・パウエルも「イン・パリ」でやっている「ディア・オールド・ストックホルム」。これが泣かせます。ほんとうにいいアルバムだ。

「NEW STEP WITH MY STEP」(UNION JAZZ ULP−5503)
SHOJI AKETAGAWA

明田川荘之メジャーデビュー作品として当時は話題になった。プロデュースがアケタさんをよく知る沢井さんだし、曲も当時の名曲ぞろいでめちゃめちゃ期待したのだが、ソロピアノということとメジャーの制約なのか演奏がこじんまりとして、いまひとつ物足りない。たとえば「夜明け」とか「マジック・パルサー」とかはあのころ、生のトリオで聴くと、圧倒的な迫力で興奮のるつぼになったような記憶があるのだが、本作ではいまいち爆発しない……というような印象ではあったが、今回久々にひっぱりだしてきて、あらためて聴くと、なかなかよいではないか。やはりあのころは、聴き手としてアケタさんにはパワーを求めていて、こういう演奏がわからなかったのだなあ、と思った反面、やはりアケタズディスクの諸作にくらべると「よそいき」感があるなあとも思った。よいアルバムだが、これが明田川荘之のすべてだと思ってもらっては困る。「夜明け」や「マジック・パルサー」は、トリオでの録音を出してほしいです(もしかしたら、すでにあるのかもしれないが……)。

「ALONE IN TOKUYAMA」(AKETA’S DISK AD−10)
SHOJI AKETAGAWA

一時は本作こそ明田川荘之の最高傑作かと思っていた……と書くのは3回目だが、このアルバムは忘れもしません、高校生のとき、ラジオで明田川トリオの演奏を聴いてショックを受け、注文方法もよくわからぬまま興奮してアケタの店に電話。なんと明田川さん本人が出て注文を受け付けてくれ、通販で買ったという、生まれてはじめてづくしのアルバムなのだ。そして、内容も最高で、ソロピアノなのに信じられないぐらいのかっこよさで、まるでオーケストラのようにピアノが圧倒的なド迫力で響きわたる。なにしろ高校生で、あんまりレコードも持っていないこともあって、毎日毎日聴いていた。アケタズ・ディスク以外ではまだ「古澤良治郎の世界」だけしかでていないころだが、選曲もよく、A−3の「イズント・シー・ラヴリー」(アケタさんの表記では「イズンテュ・シー・ラブリー」)はロリンズをはるかに上回るすばらしい演奏。そして、これは大きな字で書きたいぐらいだが、B面に移って最初の「アケタズ・グロテスク」! これは名曲! あの傑作「ストレンジ・メロ」と並ぶアケタさんの作曲家としての才能をひしひし感じる。昔は自転車に乗りながら、よくこの曲を鼻歌で歌っていたし、自分でもピアノで弾いてみたりした。ラストの「イフ・アイ・ワー・ア・ベル〜オン・ア・スロー・ボート・トウ・チャイナ」のメドレー(アケタさんの表記では「イフ・アイ・ウァー・ラ・ベル〜スロー・ボート・テュー・チャイナ」)もいい。アケタさんは、管楽器しかわからず、ジャズピアノなんてどこがいいの? と思っていた私に、ジャズピアノのすばらしさを教えてくれた大恩人なので、高校のときにこのアルバムに出会えて、ほんとうによかった。そういう個人的な思い入れもあって、私にとって本作は特別なのです。

「POP UP」(AKETA’SDISK MHACD−2826)
AKETA MEETS TAISEI

青木さんは、何度か生で聴いたこともあるし、大原さんの晩年のライヴを客席でならんで観ながら、顔を見合わせてため息をついたこともあるが(向こうはそんなことは一切覚えていないとは思うが)、芳垣さんがプロデュースしたアルバムを聴いて、一時期めちゃめちゃはまった。リーダーアルバムを聴くのは、じつはそのアルバム以来で、明田川さんといったいどんな演奏をしているのだろう、と興味津々だったわけだが……なーるほど、こんな感じなのか。明田川荘之さんのライヴにはけっこう数多く接してきたと思うが、このアルバムは、彼のごく日常の演奏の一コマをすっぽり切り取ってアルバム化したような感じで、もっとも気取らない、いつものアケタさん、という感じがする。だからといってテンションが低いとか、ダレているということはなくて、こういう音が今夜も東京の片隅で熱く奏でられているのだ、という事実がわかるだけでも、地方在住者にとってはある種感動ものなのだ。なんやそれ? と思うひともいるかもしれないが、東京ジャズにアルバでしか触れることができない我々にとっては、こういった普段着の演奏がうれしかったりする。たぶん、けっこう再聴率が高くなるような気がする作品だ。

「I DID’NT KNOW ABOUT YOU」(AKETA’SDISK AD−26CD)
AKETA MEETS TAKEDA

 一曲目はシンセがボコボコ、バコバコいう即興。二曲目は一転して、コルトレーン風ジャズバラード。3曲目は「エアジン・ラプソディ」のコードだけを借りたアケタ氏得意の泣かせのマイナー曲(途中で切れる)。そして、4曲目は武田が入っていないアケタのピアノソロ。というわけで、主役(のはず)の武田和命が参加していない曲もあるし、メンバーも曲によってちがうという、せっかくの追悼アルバムなのに、統一感のないバラバラな選曲だが、これがどういうわけか、演奏を包み込む「空気」が、なぜかしら共通で、全体をひとつのカラーにまとめあげている。これはおそらく、アケタの店という「場」において行われた演奏ばかりだからだろう。東京の下町のライヴハウスで連日行われているさまざまな形態の演奏……ジャジーなスタンダードジャズから破天荒なフリーまで表現はまちまちであっても、そこには確固たる「日本のジャズはこれだ」という確信にみちたミュージシャンたちの日常がたっぷりとあふれていて、形態がバラバラでも違和感はまったくない。そして、武田の存在感がすべてを貫きとおしている。正直いって、どの曲も途中で若干ダレるが、それも含めて、あまりのライブ感をここにおさめられている演奏から感じる。ダレるということは、つねに挑戦しているからであって、短くまとめましょう、と思えば、このひとたちはいくらでもできるのだ。それをつねにソロにおいてチャレンジしているから、ときには妙な展開になったり、うまくかみあわなかったりするが、それがジャズなのだからしかたがない。ソニー・ロリンズでも、ライヴでつねに「サキソホン・コロッサス」みたいな完璧な構成のソロをしていたわけではないし、それはそれで気持ち悪いだろう。本作の白眉はなんといってもアルバムタイトルにもなっているバラード「アイ・ディデンテュ・ノウ・アバウト・ユー」で、武田のテナーに関していえばほぼ完璧な演奏だとおもうし、「ジェントル・ノヴェンバー」のファンにはたまらんだろう。しかし、本作のほんとのおもしろさは1曲目と3曲目にあると思う。フリーであろうと、コードのある曲であろうと、武田というひとは本当に自由なアプローチでソロをするひとだなあと感心する。ある意味、子供のように曲に接している。その場その場で考えついたことを音にして、自分でびっくりしたり喜んだりしている。そんな感じが伝わってくる。武田和命といえば、「ジェントル・ノヴェンバー」が最高、という意見が多いだろうが、私はあのアルバムはたしかにいいと思うけど、なにしろバラード集という企画ものなので、私が何度もライヴで体験した武田さんの凄さはあんまり感じられない。やはりアップテンポの曲も含めた、いい演奏をCD化してほしいなあ。武田さんの音は、テナーとしては理想的というか、すごく指向性の強い音で、まっすぐ正面にズドーンと飛んでくるような感じである。あの「音」の魅力を十分堪能できるようなアルバムを出してほしい。きっと音源はあるはずだ。たとえばピットインでのエルヴィンとの再会セッションなんか、ラジオでもやってたんだから音源あるはずだけどなあ。それにしても、これだけすごいテナーマンが死んだのに、どこも武田の演奏をCDにしようとしなかったのを、三枚も出して、アケタズディスクはえらい。ほんとうにえらい。友だちだからとかつきあいが深かったからとかいった事情だけでなく、武田和命というテナー奏者が存在したことをなんとかして後世に残したいという強い思いがあるからにちがいない。ラストを飾る明田川さんのソロピアノも、こちらの耳がそうなってしまっているのか、慟哭のソロに感じられて感動的である。武田和命の追悼盤ではあるが、明田川さんのリーダー作だそうなので(ライナーにそう明記してある)、明田川さんの項に入れておく。

「AKEDAIRO ORCHESTRA・BLACK」(AKETA’S DISK MHACD−2631)

「AKEDAIRO ORCHESTRA・BLUE」(AKETA’S DISK MHACD−2632)
AKETA MEETS DAIRO

こういうアルバムこそアケタズディスクの本領発揮だ。アケタズディスクがこういう演奏をCDにしつづけてくれていたからこそ、我々は30年もまえから、東京のライブハウスで日々演奏されている、めちゃめちゃおもしろい、ごった煮のような熱々のジャズシーンの魅力の片鱗を感じ取ることができたのだ。なんとかジャズフェスティバルや海外有名ジャズミュージシャンの来日公演、ホールでのジャズを見るだけではけっしてわからん、しかし地方在住の我々にとっては垂涎の熱気溢れるこういった演奏に接することができるのは、アケタズディスクを筆頭にしたマイナーレーベルのおかげである。それは、パーカーのダイアルセッションの時代から変わっていない。ありがたいことでございます。本作は本来二枚組で発表されるべき内容だが、おそらく購入者の買いやすさを考えて、二枚にわけたのだろう。できれば二枚とも聴いてほしい。とにかく、あまりにおもしろくて、おもしろすぎて、もう脳が点になった。ふつうは目が点になるのだが、脳が点になるぐらいボーゼンとして感動しまくった。そもそもスガダイローとアケタさんが共演してアルバムを作るという話をきいて、それってめちゃめちゃおもろいやん、でもうまいこといくのか、と思っていたら、いやーーーーーこんな大傑作になるとは! アケタさんは、アコースティックピアノをスガダイローに任せ、自身はキーボード(エレピ?)を弾いているが、これもメリハリがついておもしろい(もちろんオカリナも吹きまくっている)。アケタ対スガダイローのガチンコバトル……という感じではなく、全編、相手を立てつつ、じぶんも個性を出すというやりかたで、じつに深い、聴き応えのある内容になっている。メンバーは「オーケストラ」を名乗っているが、トランペットに3サックスという4管編成。でも、アケタオーケストラのアルバムでもそうだが、この人数で十分にアンサンブルもソロも「オーケストラ」というゴージャス感が出るのは、全員が手練ぞろいだからだろう。まずは「ブラック」のほうだが、一曲目「ブラックホール・ダンシング」はいかにもアケタさん作曲という響きの曲だが、ノリノリのリズムなので、いっそう変態的に聴こえる。2曲目「サムライ・ニッポン・ブルース」はオカリナがイントロで和音階を延々吹きまくり(つまり、りんご追分)、そこからマイナーブルースっぽい曲になるが、まるで「春の海」みたいな雰囲気のなかを粛々と進行する。かっこいい! ベースソロもしびれる。こういう長尺の演奏をたっぷりそのままに収録してくれるからアケタズディスクは好きだ! これを切ったりすると、こってり感が失われてしまう。正直言って、途中でダレたっていいじゃないか(この演奏がそうだというわけではまったくない)。それも含めてつぎの飛翔の瞬間が際立つのであって、それが生のジャズなのだ。とにかく全部聴かせてくれ! と叫びたい。3曲目「アルプ」はこのアルバムの白眉といっていい、最高に美しいバラードだが、美しいだけではなく諧謔のノイズが聴こえてくるバラードである。冒頭の松本健一のへしゃげたようなソロが美しい! このソロ、もう、めちゃめちゃ好き。なんというツボを心得たソロだろう。つづくスガダイローのソロも死ぬほどかっこいいのです。ラストはおなじみ「室蘭アサイセンチメンタル」だが、イントロのアケタさんのエレピが心に染みわたる。それにバッキングをつけるスガダイローのピアノ。ここはほんとにかっこいいですよ。林栄一〜榎本秀一とリレーされるソロもすばらしい。前者は鋭く、フリーキーかつ泣き節で、後者はパワフル、かつ(やはり)フリーキーで、どちらも日本を代表する荒武者ぶりをたっぷりと堪能できる。ああ、至福。最後のぐしゃぐしゃもアケタさんの世界観。そして、二枚目「ブルー」は、一曲目はあの「亀山ブルース」である。訥々としたオカリナがボーカルのようでよい。ブルースのお手本的フレーズを軽妙につむいでいく。オカリナは、楽器としてできることは限られているので、そこがいいのだ。つづくダイローのピアノソロが死ぬほどかっこいいし、林のアルトソロも爆発しており凄いとしか言いようがない。そして最後のアケタさんのエレピソロとドラムとの4バースは、エレピ独特の響きともあいまって、ああ、これが今東京のアケタの店はじめいろいろなライヴハウスから聴こえてくるリアルなジャズなのだ、という空気がドドーッと押し寄せてくる。2曲目「Mr・板谷の思い出」は、オカリナのソロから吉野弘志のベースソロになり、このあたりからすでにしみじみとするが、テーマに入った瞬間にけっこう泣けてくる。エレピとアコピの共演はしみるし、スガダイローのソロもすばらしい。技術と感情が一体となった表現力というか、こうなるともう最強ですね。要するに、順番に無伴奏ソロをフィーチュアしていくということなのだが、圧巻である。ええ曲やなあ。3曲目「アケタズ・グロテスク」はソロピアノ集でもアケタオーケストラでもやってるアケタさんの代表曲(グロテスクが代表ということで、私との共通項を感じたりして……)だが、エレピのぐちゃぐちゃのソロからはじまり(ああ、アケタワールド!)そこにスガダイローがからんでいき、テーマに突入。かっちょええっ! 単純にかっこいい。ピアノだけでやるときとはテーマの感じがちょっとちがうのだが、オーケストラアレンジとしてはこのほうが正解だと思う。ほんま、こんな曲を書けるなんて天才。あ、だから天才アケタなのか。テーマが終わった瞬間に飛び出すように出てくる榎本テナーソロは「ゴリゴリ吹く」という言葉がほんとにぴったりの熱狂的なソロ(なぜか途中でチュニジアのイントロが)。フラッタータンギングからのスクリームも見事に決まって、思わず拳を突き上げてしまう。男だねえ! これを根性吹きと笑うひとは顔を洗って出直してこい。いや、ある意味、真の根性吹きかも。すばらしいっっっ。まさに血の滲むようなブロウ。つづくスガダイローのソロは逆に、軽々とグロテスクな世界を演出してくようにみえる。これもめちゃめちゃかっこいい。最後は怒濤の混沌フリーに突入する。ぱらいそさ行くだーっ。4曲目はおなじみ中のおなじみ「エアジン・ラプソディー」。この曲調! ええなあ。ほんま、明田川荘之は日本の宝ですよ。渡辺隆雄のラッパソロも心の傷口にしみ込んでくる。つづく松本健一のソロは、またしてもへしゃげたようなトーンではじまるが、そこから丁寧にフレーズを積み上げていき、ついには大噴火にいたる過程もあまりに良くて感涙。おおげさにほめ過ぎてるって? とんでもない。このひとは本当に「音」がいい。こういう風に吹けたらどれだけうれしいだろう。その後、キ〇ガイじみたあおりのあと、リフ入りのドラムソロ。そしてテーマ。最後はなぜか「ブルーモンク」でメンバー紹介。これもメジャーレーベルならカットされるかもしれない部分だが、ちゃんと丸ごと収録してくれるところがアケタズディスク! この日、アケタの店に居合わせた聴衆は幸いなるかな。ああ、うらやましいです。しかし、私のようにハンカチを噛んでうらやましがるファンのためにこうやってアルバムをリリースしてくれるのだから、アケタの店には足を向けて寝られないのではないでしょうか、全国の皆さん! 最後に明田川さんのライナーにある「僕においてスガ・ダイローと石田幹雄という若き存在は、将来のジャズ・ピアノ界への不安をぶっとばしてくれる大朗報であります!! 嬉しい!」とあるのは、まったくそのとおり! と声を大にして返信したい。そうそう、みんなそう思ってるのだよなあ。傑作です。聴いてください。

「室蘭・アサイ・センチメンタル」(AKETA’S DISK AD−37CD)
明田川荘之トリオ

 94年のアケタの店でのライヴ。ベースは山元恭介さんでエレベである。1曲目は、「ストレンジ・ウッド・ブルース」といって、ベースとドラムは普通にジャズブルースのバッキングをしているのだが、アケタさんのピアノがどうにもならんぐらい変態で、これはテーマから呼び起こされたものだろう。とにかく、例の「ストレンジ・メロ」をはじめとする、アケタさんの「あの路線」の曲で、めちゃくちゃええメロディ、そして、ソロ。ときどき、バップフレーズがちょこっと顔を出すと、あっ、と思うぐらい、ほぼ全編変態的なフレーズで占められている。明田川荘之の個性爆発の真骨頂の演奏。ベースソロは、エレベなので最初ちょっととまどうが、すぐに気にならなくなる。2曲目はおなじみ「ディア・オールド・ストック・ホルム」で、哀愁、哀愁、ひたすら哀愁、よろしく哀愁な演奏で、私が明田川さんの演奏にひかれる(高校生のときからもう30年も聴きつづけている)のは、たぶん、この哀愁のせいだと思う。木訥な感じで歌をつむいでいくアケタさんのソロをずーーーーーーっと耳で追っていくと、すべての音が身体の細胞に染みてくるような気分になり、これで酒でも飲んでいたらヤバイ(今は飲んでないけど)。途中からまるで「夜明け」を聴いてるんだか「ディア・オールド……」を聴いてるんだかわからなくなるぐらい、とにかく哀愁なのであります。低音をグワーンとやろうと、だみ声をずっと発していようと、哀愁、哀愁、哀愁デイト。3曲目はスタンダードナンバーでオカリナでソロをとる。これだけオカリナでバップフレーズを吹けるひとはなかなかいないと思う。素朴な音色とあいまって、独特の味わいがある。後半はピアノも登場。4曲目(タイトル曲)は、これも哀愁の曲なのだが、もうアケタ節満開のめちゃめちゃええ曲である。テーマを聴いているだけで泣ける。ほんまにええ曲。ソロもダイナミックで、歌心とリズムに溢れ、ピアノトリオがオーケストラのように轟いたかと思うと、矮小で泣かせの四畳半の世界にもなる、この振り加減が凄い。このアルバムに収められたのはたった4曲だがこの4曲にアケタさんの魅力のすべてが集約されているといっても過言ではない。ファンはもちろん、明田川荘之入門にもぴったりの一枚ではないか。

「AIREGIN RHAPSODY」(AKETA’S DISK AD−24CD)
SHOJI AKETAGAWA & AKETA NISHIOGI SENTIMENTAL PHILHARMONY ORCHESTRA

 87年の録音。録音の約2カ月前に亡くなった国安良夫に捧げた演奏で、冒頭にそのことを明田川さんが一言言ってから演奏がはじまる。オーケストラといってもトランペット1、トロンボーン1、サックス2にスリーリズムだから、4管編成のハードバップバンドと変わらないのだが、たとえ4管用であってもアケタさんによるアレンジがきっちり施されており、全体の構成も決められており、たしかにこのグループはオーケストラなのだった。1曲目は国安良夫の曲で、素朴な南国の風景を連想させるようなメロディに、おおらかで広がりを感じさせるアレンジが施されている。榎本秀一の無骨なソロが延々と続き、空気を設定する。故板谷博のビッグトーンのトロンボーンがそれを受けるが、これもまた野武士のように無骨なソロである。流麗さを排した点が、いかにも国安良夫の追悼にふさわしいと思う。2曲目は明田川さんの作曲のなかでも名曲中の名曲で、あの名盤「アローン・イン・徳山」やアケダイローオーケストラのアルバムなどにも入ってる。ここでは、池田篤のアルトが爆発しており、フリー突入寸前の凄まじいソロを繰り広げる。吉田哲治のトランペットは正攻法の力強い演奏。つづくアケタさんのピアノソロは、まさにグロテスクといっていい凄まじい演奏で聴いてるほうも熱くなる。3曲目はシンプルでユーモラスなブルースで、ひとつのリフを4度、5度にずらすだけという一番簡単なブルース作曲法に基づいた曲。アレンジも、さすがにこの曲については「フィルハーモニー・オーケストラ」と名乗るのはいかがなものかと思われるような、ほぼ2管用のアレンジ。ソロはオカリナ、トロンボーン……と続く。ええ曲や。シンプルな曲というのは、ベイシーの例を出すまでもなくビッグバンド向きなのである。4曲目はこれもおなじみ「エアジン・ラプソディー」。「国安くんもよく演奏しました」と冒頭にアナウンスが入る。もの悲しい、名曲だ。池田篤のファンキーなソロが先発、明田川さんのねちっこいピアノがそれに続き、悲哀を煽る。長尺のドラムソロがあってテーマ。ラストに、「今こそ別れ」というルネッサンスの作曲家ダウランドの曲が、国安さん追悼の意味で演奏される。(オカリナとトランペットの二重奏ではじまり、ドラムのロールからアンサンブルになる。

「WAPPE」(OMAGATOKI SC−7105)
AKETA NISHIOGI SENTIMENTAL PHILHARMONIC ORCHESTRA

 明田川荘之率いる「西荻センチメンタル・フィルハーモニック・オースケトラ」は何枚もアルバムが出ているが、最高傑作はこれだろう。アケタズ・ディスクではなく、オーマガトキからの発売。購入したときは、毎晩聴いていた。アケタオケは、ソロ重視で、ビッグバンド的なアレンジの部分はテーマとちょっとしたリフぐらいの添え物、というイメージがあるかもしれないが、本作はその両者がうまくバランスしていて、普通の意味でのオーケストラ的な醍醐味も存分に味わえる。アケタさんのことだから、曲が日本人の心に染みるものや大胆な音使いで一度聴いたら忘れられないものばかり、という点も大きいが、アレンジ自体も、シンプルかつよく練られていて、めちゃめちゃかっこいい。ピアノとギターがじつにうまく使われているし、ホーンのユニゾン部分も野武士のように力強い。1曲目はおなじみ「ストレンジ・メロ」で、「アケタズ・グロテスク」と並ぶ超名曲。呼気イントロを聴くだけでもぞくぞくするほど興奮する。もともとピアノで弾くことを前提に作られたメロディなので、複数の管楽器でテーマ(の一部)を演奏すると、ちょっとイメージが変わるが、これもまたよし。途中で出てくるリフもかっこいい。先発ソロの榎本秀一のテナーがめちゃかっこよく、このアルバムの全体の印象は、この榎本テナーソロで決定づけられたといっても過言ではない。じつに気持ちよさそうにブロウし、次第にフリーキーになっていく。ギターとパーカッションが入ることでカラフルになったリズムセクションがソロを煽り、リフがソロを煽る。ブラックミュージックを感じる無骨なソロ。こういうのがビッグバンドの醍醐味なのだ。ピアノソロもオケをバックに炸裂していて、超かっこいい。ときどき空手チョップのように鳴らされる「キャンッ!」という音が心に突き刺さる。最後はピアノ主導で混沌とした世界になって、これからもう一盛り上がり……というところで残念ながらフェイドアウト。あー、これは全編収録してほしかった。2曲目は、タイトルチューンで「わっぺ」だが、イントロダクション的に「いかるが桜」という曲が演奏される。その部分だけで4分以上あるので、一種のメドレーか。いかにも「いかるが桜」というタイトルにふさわしい和風のメロディが(ほぼ)ユニゾンで奏でられて、あまりの哀愁に心がじくじくする。ピアノソロがじつになんとも美しく、まるで琴のように聞こえる箇所もある。途中で和歌の朗読が挿入され、そこから「わっぺ」がはじまる。「いかるが桜」の雅な「和」よりは、ちょっとわらべうた風の印象の「和」に変わるが、つなぎかたはスムーズ。このメロディを書いたひと(明田川さんだが)は天才だと思う。天才アケタの名前は伊達ではない。訥々と優雅に奏でられるピアノソロ、背後で蠢く怪しのトレモロギター。ああ、かっこよすぎる。間をいかした自由自在なギターソロも味わい深い。3曲目は一転してスタンダード「セント・トーマス」がオカリナフィーチュアで。テーマもオカリナのぴこぴこしたサウンドでかわいらしく吹奏されるが、ソロがバップフレーズ連発なので、はじめて聴いたひとはきっと驚くでしょう。これはホーンが参加しない演奏。4曲目は、これもおなじみの「エアジン・ラプソディ」だが、いつ聴いてもええ曲やなあ。ある意味、超正攻法のあざといメロディなのかもしれないが、とにかく哀愁哀愁哀愁……。この曲をはじめ、どの曲も、オケ部分と、そこからすーっと抜け出てくるおなじみのアケタ節のピアノの対比がなんともいえない。野太い音の故板谷博のソロが出てくると、泣かせは3倍にも5倍にも。そして、榎本秀一のソロはまったくもって私好みなのだった。この曲も残念ながらフェイドアウトだが、そうせざるをえないほどこのときの録音がもりあがったということかもしれまへん。5曲目は、変な歌詞のついた「アイ・ライク・ウメさん」というブギウギっぽい、というかトレインピースのようなリズムの曲。トランペットソロが大きくフィーチュアされる。歌詞のせいで、コミックソングのような印象を受けるかもしれないが、この曲のメロディはじつは相当かっこいい、よくできたものだと思う。それをあえて、こういうギャグっぽい歌詞をつけてしまうアケタさんの照れみたいなものを感じる。榎本秀一のテナーソロも自然体な感じで好きです。6曲目は「アージェンシー」という曲で、冒頭から咆哮ではじまる林栄一のソロは凄まじい。ものすごいスピード感を維持したまま、曲は終わる。7曲目は「オーヨー百沢」という、これも和風の旋律の曲。コード進行的には「エアジン・ラプソディ」的だが、とにかくこのほとばしる哀愁のまえには鬼神も泣く。最後はスタンダードで「サニー・サイド・オブ・ストリート」。これはアケタ氏もライナーで「アフターアワーズ」といっているように、きっちりしたオーケストレイションのない、ジャムセッション的な雰囲気をキープした演奏。オカリナやトロンボーンがコレクティヴインプロヴィゼイションを行い、デキシーランドジャズっぽい雰囲気を醸し出す。ハッピーなうちにアルバムは終わり、もう一度最初っから聴こう……ということになる。私は今回も3回聴きました。傑作!

「LIFE TIME」(AKETA’S DISK MHACD−3502)
明田川荘之、斎藤徹 DUO

 ピアノ〜ベースのデュオ、2枚組ライヴ。こういうものをあっさり(あっさりでもないと思うけど、メジャーでは無理)出してしまうところが、さすがアケタズディスク。デュオなのに、ひとりひとりのキャラが立ちまくり、人間性が前面に押し出されているためか、ドラムや管楽器がいるように聞こえる。いや、もっと言うと、オーケストラのようにも聞こえる。もちろん、両方とも一度に複数の音が出せる楽器だから、ということもあるが、このふたりは、単に楽器を弾くだけでなく、叩いたり、引っ掻いたり、声を出したり、小物を鳴らしたりと、さまざまなアプローチを間断なく行い、それが総合して壮大な音楽に聞こえるのだろう。とまあ、大げさなことは置いておいて、ここでの演奏はCD2枚組で7曲と、かなりたっぷりした長さだが、これは明田川さんのいつものことである。聴くほうも、たったふたりの演奏を延々と聴かねばならないわけだから、体力と気力が必要だが、実際聴いてみると、その起伏というか音楽的ドラマに、あっという間に聴き終えてしまう……と、これもいつものことだ。音楽的ドラマといったが、そのなかにはかなり前衛的な部分や露骨にベタな盛り上げや、哀愁や、リリシズムや、怒り、喜びなどが詰め込まれており、聴いているうちにどんどん引き込まれて、こちらがノッてくる。この緩急の自然な配分が、明田川さんワンアンドオンリーなのだ。1枚目2曲目のオカリナによる「ナウズ・ザ・タイム」や2枚目3曲目「セント・トーマス」といった大スタンダードもやれば、1枚目3曲目「アフリカン・ドリーム〜マライカ」といった、かなりシリアスな曲もやるが、どちらも明田川荘之という稀代のピアニストにかかると、じつにわかりやすく、楽しく聴けてしまうのだから、マジックとしか言いようがない。ほら、ときどき、なんの話をしても、ほかのひとがするよりもめちゃめちゃ面白くしゃべれるひとがいるでしょう。明田川さんというのはそういう面の天才だと思う。そして、相方である斎藤徹さんのベースは、まさにこの天才とがっぷり4つに組むのにふさわしいもう一方の天才で、伴奏というのではなく、個性というか「本音」をばんばんぶつけてくる感じ。ふたつの個性が螺旋のようにからみあい、ひとつのものに昇華していく姿は美しく、また恐ろしくもあるが、明田川荘之という個性の塊に対して螺旋を描くには、同じような個性の塊でなくてはならない。斎藤さんならばっちりなのです。2枚目1曲目の「アドリブ1700」という曲はオカリナのバロック風な無伴奏ソロではじまり、そこに後ろからぞわーっという感じでベースが入ってくる。ライナーによると、1700年ぐらいの、バッハのアドリブを意識したそうで、まさにそんな感じの演奏。2曲目はアケタファンならおなじみで、「わっぺ」や「旅」にも入っている「オーヨー百沢」という曲。セーラー服と機関銃のテーマの一部(「夢のいた場所に〜」という箇所ね)をいつも連想してしまうフレーズからはじまる、哀愁の極地のような名曲。アケタさんの個性全開のコンポジション。ええ曲やなあ。3曲目はこれもアケタファンならライヴでおなじみの、オカリナによる「セント・トーマス」。ラストの曲はこれもおなじみでアルバムにも何度も入ってる「アケタズ・ブルース」。ブルースといってもブルース臭のまったくない曲で、演奏もかなりフリーっぽく、ハードボイルド。斎藤徹のアルコもかっこいい。2枚組だが、演奏時間は足して100分ぐらいなのですぐに聴き通せてしまう。でも、けっこうヘヴィですよ。

「三階節」(AKETA’S DISK AD−42CD)
明田川荘之ユニットフィーチャリング松風鉱一

 大傑作。ジャケットは明田川さんと松風さんの写真……ではなく、なぜかアケタさんとバール・フィリップスの写真なのである。もちろんバールは本作には参加していないが、2曲目が「バール・ブルース・フィリップス」という曲なのだ。1曲目は2ギターのクインテットで、2曲目はトリオ、3曲目はカルテットと曲によって編成がちがうが、共通しているのはドラムがいないこと。これがまったく違和感なく、いや、すごくいい効果をあげていると思う。1曲目は「三階節〜長者の山」というメドレーで、三階節は新潟民謡、長者の山は秋田民謡だそうだ。オカリナをフィーチュアした部分ではじまり、そのあとはボサノバ的なリズムに乗って一聴して明田川さんだとわかるピアノソロ(泣ける〜)から、松風鉱一のアルトソロ。これもすばらしい。聞き惚れる。2ギターによる演奏がこれまためちゃめちゃいい効果をあげていて泣ける。ほんと、泣きまくれる演奏だよ。この2ギターの部分はめちゃくちゃすごい。異常に盛り上がる。何度聴いたかわからん。すごい。1曲目は25分近い長尺の演奏だが、まったく長さを感じない。最後はちゃんとオカリナによるテーマが奏でられ、ライブ録音ではあるがひとつの演奏として完璧に完結した感じの感動が味わえる。2曲目はバール・フィリップスに捧げた曲。いかにもアケタさん的なテーマが良い。はじめはピアノとベースのデュオなのだが、アケタ節全開のソロは何度聴いてもすばらしい。リズミカルで突拍子もなく前衛的でしかも哀愁である。これぞ日本のジャズだよなー。8分を超えたあたりで松風さんのフルートが登場。このソロが死ぬほどいい。ドルフィ的でどうのこうのという言葉が無意味に感じるぐらい、世界中で松風鉱一ただひとりの個性というべき鬼気迫るソロ。まさに「墨絵に描きし松風の音」とでも言うべき幽玄のきわみ。アケタさんのこれまた強烈な個性をぶつけるバッキングも聞きもの。ランニングから崩れていくようなベースソロも味わい深い。3曲目はスタンダードで「イフ・アイ・ワー・ア・ベル」。たしかソロアルバムでも演奏していたので、明田川さんの愛奏曲なのだろう。イントロが結婚行進曲と葬送行進曲という、まさにアケタさんの面目躍如。つづくソロもメロディがよく聴こえてくるし、オリジナリティあふれるすばらしいもの。3曲ともかなり長い演奏ばかりだが、まるでダレるところがなく、一気呵成に聴いてしまいます。いやもうほんま傑作です。

「LIVE IN HAKODATE”A−UN−DO−HALL”(AKETA’S DISK MHACD−2646)
SHOJI AKETAGAWA

 アケタさんのピアノとソプラノサックスのデュオだが、カーブドソプラノのひと(ふだんはアルトらしい)はまったく名前を知らない。松風鉱一さんより先輩というからけっこうな年齢のかただが、フリースタイルしかやらないという硬派なひとで、本作でもこのひとのパートはひたすらフリーである。しかも、なんというか、昔風というか、ひたむきにむちゃくちゃ吹くといった感じで、聴いていてほほえましい演奏だ。けっして悪い意味ではなく、そういう演奏がアケタさんのピアノと非常に合っているのだ。一曲目はいきなり打ち込みのドラムとベース(ベースは吉野弘志さんらしい)の音ではじまり、ちょっとびっくりするが、こういうチープなエレクトリックもまた明田川ワールドの一側面である。三曲目の「アイ・シュッド・ケア」ではアケタさんのジャズピアノ史を横断するような熱い演奏が展開。でも、いちばん気に入ったのはラストの「アフリカンドリーム」という曲で、こういうエキゾチックな曲をやるとまさに明田川荘之の独壇場である。ピアノも良い音で録音されており、例の唸り声もふんだんで、とても調子が良さそう。個人的には気に入ってる(というか、これこそ普段のアケタさん)が、明田川荘之をはじめて聴くというひとにはおそらくべつのアルバムをすすめると思う(純粋なソロとかピアノトリオとか)。

「マジック・アイ」(META花巻アケタ AD−64CD)
明田川荘之&枕

 明田川荘之のピアノとヴァイオリンの太田恵資、アルトの宮野裕司という変則トリオだが、違和感は皆無。アケタさんのピアノが基本的に全体を仕切り、ヴァイオリンとアルトがそこにからむ……というのが大半だが、それで音楽的にもバランスが取れている。。ヴァイオリンとアルトはそれぞれの見せ場になったら大活躍する……というやり方なので、実に「たっぷりした」感じだ。1曲目「わっぺ」はいつもどおり明田川ワールド炸裂で、ヴァイオリンソロは突然アフリカな雰囲気ですばらしい。2曲目(国安良夫さんの曲だそうです)はオカリナのイントロのあと、唐突に美しい世界に転ずる。これもまたたちまち明田川ワールドに引きずり込まれてしまう。美しいメロディを弾いていたかと思うと、左手で暴力的なアクセントをつける。しかし、全体としては美しさが保たれている、いや、かえって増大している……といういつもの絶妙のアレだ。ピアノソロのあとの眩惑的な展開もなんともいえません。3曲目は表題曲で、これもまた明田川さんとしか言いようがないおなじみの名曲。ピアノソロではじまり、ひとしきり弾いたあとマイナーブルースのテーマが登場する。ヴァイオリンのすばらしい音色とピアノのからみはもう美味しすぎて筆舌につくしがたい。かっこいい! 途中、ちょっと「マジック・パルサー」的なフレーズもでてきたりして、タイトルが似ているのはなにかあるのか? ああ、こういうマイナーキーの曲をやると明田川荘之の独壇場だなあ。ほんと、日本の宝ですよ。トミー・フラナガンがこんな風に弾くか? ブラッド・メルドーがこんな風に弾くか? どうなんだ、こらっ! と思わず興奮してしまうほど、アケタさんはすごいのです。この曲ではアルトの宮野さんの変態的なソロやヴァイオリンの独創的すぎるソロもフィーチュアされている。全部で22分もあるのでダレるのではないかとご心配のかたもおられるかもしれませんが、明田川ワールドに耽溺しておればそんなことはまったくありません。ラスト近くでわけのわからないヴォイスが突然飛び込んでくるのも、いや、ほんと、このメンバーだと自然に聴けてしまうのだ。不思議不思議。最後の曲「アフリカン・ドリーム」は最近(?)、この曲をタイトルにしたアルバムも出たが、名曲。オカリナのイントロではじまり、おなじみのテーマへ。明るさと暗さ、重さと軽快さをあわせもつ演奏だ。これも20分近いたっぷりした演奏。傑作だと思います。

「パーカッシブ・ロマン」(AKETA’S DISK MHACD−2610)
AKETA+斉藤徹+翁長巳酉

 1曲目「テイク・パスタン」、2曲目「テイク・パスタン・バリエーションズ」でこのトリオの魅力全開。アケタさんらしい日本調の泣かせの曲。明田川さんはマイクのせいか、いつもの唸り声があまり聞こえないが、フリージャズではないのにここまで自由に弾くひとも珍しい。昔からの共演者斉藤徹も、普段はコントラバスによるさまざまな試みを国際的に続けているひとだが、アケタさんとやるときは1ベーシストとして骨太なベースワークを披露する。アルコのソロも泣ける。翁長巳酉というひとはアクセントのつけかたが独特でめちゃかっこいい。明田川さんのピアノと合うなあ。いつもやってるオカリナの「セント・トーマス」せ、この強力無比のリズムセクションだとドライブしまくる。ベースをパーカッションのように使った斉藤徹のソロは凄い。途中からノコギリで木を切ってるような音が延々続き笑ってしまう。どこがセント・トーマスなんだよ! 本来のピアノトリオとしてのセント・トーマスになるのは14分ぐらいしてから。ラストはなんだかぐだぐだになって笑えます。4曲目の「てつ」というのはアケタさん作曲で斉藤徹氏に捧げた曲。細かいリズムがあるが一種のバラードで、しみじみと心を打つ名曲。まあ、明田川さんの曲は名曲ばっかりだが。途中からものすごく速いテンポになり、ぐじゃぐじゃになったあと、また復活。ラストはおなじみの「エアジン・ラプソディ」で、なかなかすごいピアノソロのイントロではじまり、あのメロディが叩き出される。かっこいい! ときどきズドン! と来る左手の不協和音、アー・テイタムが発狂したようなスケール、むちゃくちゃのフリー、そしてふたたび哀愁……頭がおかしいとしか思えない一連の展開はたぶん世界でもワン・アンド・オンリー。こうしてみるとマイナーキーの曲が多いが、気にすることはない。まるまる全部が組曲だと思えばいいのだ。いやー、いつものとおりといえばいつものとおりなのかもしれないがやっぱりアケタワールドは耽溺してしまう。それだけ、共演者をも取り込む魔法があるということで、だから明田川荘之はえらいのだ!

「アフリカン・ドリーム」(AKETA’S DISK MHACD−2648)
明田川荘之〜楠本卓司〜本田珠也

 2ドラムスに1ピアノという変則ピアノトリオ。可愛らしいピアノのイントロからはじまる表題曲はこれまでにも何度か録音されていると思うが、ついに表題曲に昇格した。聴いていると、ツインドラムが大迫力でぶつかり合い盛り上げる……というより、ピアノに対して双方が一言ずつ付け加えながら、ちゃんと3人のアンサンブルでじわじわ進行していく。ああ、これはたしかに「ピアノトリオ」だと思った。まるでうるさくない。そしてどんどんエキサイトしていくが、それが「ドラムが2台で派手にやってる」というのではなく、インタープレイとしてきめ細やかな駆け引きになっているので面白くてしかたがない。ピアノのリズムがしっかりしていて、しかもいつもの調子でマイペースなので、ふたりともなにを付け加えてもマイナスしても大丈夫だという意識からか自由に叩いている感じ。途中からドラムデュオになり、ライヴなのでかなり長いのだが、ここも「2大ドラマーの激突!」的なものではまったくなくて、親子の会話のように楽しく、グルーヴしながら交歓している。なんとなくだが、古いカンサスシティジャズのドラマーふたりがセッションしているような情景を思い浮かべてしまった。そこへピアノが入ってきてエンディング。構成的にもとてもまとまっていて、アケタさんにドラム2台……ということで連想されるどしゃめしゃな展開ではない分、ちょっとものたりないぐらいのちゃんとした演奏である。2曲目は「テネシーワルツ」でピアノソロから始まる。そこにドラムが入ってきて、ピアノは延々とテーマを繰り返し、ふたりのドラムの共演を支える感じになる。そして、ピアノが消えてドラムデュオになるのだが、ここも激しくぶつかり合う……とかではなくて、粗いロールを基本に訥々と会話をする雰囲気。このあたりの感じは実にしみじみ染みる。そして、ピアノがテーマをこれまたしみじみ弾いて終了。おお、この曲も破綻もなく、本当に1ピアノ2ドラムで「ピアノトリオ」が成り立っている。3曲目は、ライヴでオカリナといえばこれ! の「セント・トーマス」だが、2ドラムだとどうなるのか。カリプソということでふたりのドラマーが激突するのか。そういう興味で聴いていると、これがどうしてどうして、オカリナの小さな音をいかすようにドラムもぐっと音量を下げ、音楽的バランス優先での演奏。オカリナソロが終っても、ふたりのドラムはブラッシュでリズムをキープしながら対話する。スティックに持ち替えても音量も手数も抑えられたままで、そこにピアノが入ってきてエンディング。4曲目はこれもおなじみ中のおなじみの名曲「野尻の黄昏」。これもドラムは抑え気味だが、二台あってちょうどいいぐらいのバランスになるようにふたりがわかって叩いている。しかも、腕は4本、足も4本なので、明らか1台のドラムよりも複雑なリズムになっているが、それはポリリズムとか変拍子とかではなく、より柔軟できめ細かく、なんというか……ざらざらした独特のグルーヴが生まれているような感じなのだ。ツインドラムの効果がもっとも上がっているのはこの「野尻……」でしょう。途中で(例の)ぐしゃぐしゃな感じになったときも左右からリズムが矢継ぎ早に投げつけられるようで面白い。そのあとドラムデュオになって、ここは本作中で一番普通(というかドラムデュオということで連想されるような)演奏。個性が異なるふたりのドラマーがひとつに溶け合っていく。ひとしきりリズムの饗宴が続いたあとピアノが入ってきて、テーマを弾いたあと、突然「ブルー・モンク」になる。アケタ流引用フレーズのソロワンコーラスにドラムが交互にワンコーラスずつバースをするという展開。ここでふたりのドラマーの個性の違いもはっきりわかる仕組みになっている。
 全体を通して、これならドラマーひとりでよかったじゃん、というひとは、もっと音量をあげて聴きなおしてみたらいいのではないかと思う。この浮遊感というか快感はなかなか病みつきになりそうです。