ahmed abdullah

「AHMED ABDULLAH AND THE SOLOMONIC QUINTET」(SILKHEART RECORDS SHCD−109)
AHMED ABDULLAH

たぶんテナーがデヴィッドS.ウェアなので買ったのだと思うが、トランペッターのリーダー作である。このひとの私のイメージは「サン・ラ・アーケトストラのトランペット」というものであって、リーダー作がけっこう多いひとだという認識はなかったが、調べてみると、アレックス・ハーディングを加えたグループのアルバムはかなりでているようだ。うちには、リーダー作としてはこのアルバムと、同じくシルクハートの「リキッド・マジック」というLPしかないが、そのLPも探したけどどこにしまったのか見つからない(テナーがチャールズ・ブラッキーンだから買ったのだと思う)。本作は、ベースがフレッド・ホプキンス、ドラムがチャールズ・モフェットというオールスターグループで、ギターが入っているのが全体のサウンドを決定づけている感じ。ウェアのソロはどれも、珍しくコード感のあるもので、こういうこともできるんだなあ、と思った(だって、いつもバックと関係なくピーピーギャーギャーとスクリームしてるからね)。でも、かっちょええ。とくに3曲目のソロは強烈もいいとこ。ウェア、凄い! ライナーには、リーダーのアメッド・アブダラーのプレイのことをリー・モーガンとかクリフォード・ブラウンとかファッツ・ナバロを引き合いに出して評しているが、なに書いとんねんこいつ、と思いながら聴いてみると、意外や意外、たしかにこのひとのトランペットはバップなのだった。それもかなりきっちりしていて、うまい(5曲目参照)。音楽的には、基本はやはりモードを主体としたブラックミュージックなのだが、このころのシルクハートの音楽(チャールズ・ブラッキーンとかデヴィッド・ウェアとかいろいろ)に共通する、骨太なガッツと、ニューオリンズもバップもモードも一呑みにするような豪快なくくりがものすごく心地よいのだ。いわゆる「ソロ回し」パターンが多いと思うが、それもジャズの伝統である。バラードなんかも、まるでハワイアンみたいなテイストがあったりして(4曲目参照)、一種のワールド・ミュージックともいえるのではないか。なんというか……これは個人的な印象なのだが、ナット・アダレイにちょっと共通するものを感じるなあ。ずれてますか?