「してまんがな、一生懸命・・・」

最近の主なお仕事

・2003年8月、e−NOVELSに短編「ふたつのホテル」が掲載されました。

・2003年8月、「小説すばる」9月号(集英社)に短編「らくだ」が掲載されました。

・2003年8月、「メフィスト」小説現代8月増刊号(講談社)に中編「人喰い洞の研究」が掲載されました。

・2003年7月、「忘却の船に流れは光」(早川書房)が発売されました。

・2003年7月、「UMAハンター馬子 闇に光る目」(学研ウルフノベルス)が発売されました。

・2003年6月、e−NOVELSに短編「水中からの挑戦」が掲載されました。

・2003年6月雑誌「遊歩人」に短篇「ふたつのホテル」が掲載されました。

・2003年6月、毎日放送ラジオ「物語の風」でラジオドラマ「恐怖のダイエット」が放送されました。

・2003年5月、「小説すばる」6月号(集英社)に短編「たちきり線香」が掲載されました。

・2003年5月、雑誌「コバルト」6月号(集英社)に短編「ふたりの九郎判官」が掲載されました。

・2003年4月、「メフィスト」小説現代5月増刊号(講談社)に中編「邪馬台洞の研究」が掲載されました。

・2003年2月、e−NOVELSに短編「闇に光る目」が掲載されました。

・2003年2月、「異形家の食卓」(集英社文庫)が発売されました。

・2003年2月、「小説すばる」3月号(集英社)にエッセイ「海坊主の親方サン」が掲載されました。

・SF JAPAN 2002年冬季号(徳間書店)に短編「トリフィドの日」と「トリフィド時代」が掲載されました。

・2002年11月、雑誌「コバルト」12月号(集英社)に短編「陰陽師九郎判官」が掲載されました。

・2002年10月、「蓬莱洞の研究〜私立伝奇学園高等学校民俗学研究部その1」(講談社ノベルス)が発売されました。

・2002年9月、「秘神界・歴史編」朝松健編(創元推理文庫)に短篇「邪宗門伝来秘史(序)」が収録されました。

・2002年9月、「三人のゴーストハンター」(集英社→チュンソフト)が発売されました(我孫子武丸、牧野修と共著)。

・2002年8月、「メフィスト」小説現代8月増刊号(講談社)に中編「黒洞の研究」が掲載されました。

・SFマガジン2002年9月号(早川書房)に短篇「立便図」(藤原ヨウコウとのコラボレーション)が掲載されました。

・2002年7月、e−NOVELSに中編「恐怖の超猿人」後編が掲載されました。

・2002年7月、シナリオを担当した(牧野修、我孫子武丸と共著)プレイステーション2用ゲームソフト「かまいたちの夜2 監獄島の子守歌」(チュンソフト)が発売されました。

・2002年7月、藤木稟著「イツロベ」(講談社文庫)に解説「藤木稟の正体」が収録されました。

・2002年7月、e−NOVELSに中編「恐怖の超猿人」前編が掲載されました。

・2002年5月、「小説すばる」6月号(集英社)にエッセイ「あの人が吹いた私の楽器」が掲載されました。

・2002年4月、「メフィスト」小説現代4月増刊号(講談社)に中編「蓬莱洞の研究」が掲載されました。

・SF JAPAN 2002年春季号(徳間書店)に短編「やまだ道」が掲載されました。

・SFマガジン2002年4月号(早川書房)に短篇「あの言葉」が掲載されました。

・2002年1月、「蚊コレクション」(電撃ゲーム文庫)に短篇「赤い家」が収録されました。

・2002年1月、「UMAハンター馬子1 湖の秘密」(学研M文庫)が発売されました。

・2002年1月、「異形コレクション21 マスカレード」井上雅彦編(光文社文庫)に短編「牡蠣喰う客」が収録されました。

・2001年12月、e−NOVELSに短編「あなたはだあれ?」が掲載されました。

・2001年12月、「メフィスト」小説現代12月増刊号(講談社)に中編「座敷童子の棲む部屋」が掲載されました。

・SF JAPAN 2001年冬季号(徳間書店)に短編「三つ目がとおる・天狗山の秘密」が掲載されました。

・2001年11月、「ベルゼブブ」(徳間ノベルス)が発売されました。

・2001年11月、「SFバカ本 天然パラダイス篇」岬兄悟・大原まり子編(メディア・ファクトリー)に短編「地獄 八景獣人戯」が収録されました。

・2001年10月、「星の国のアリス」(祥伝社文庫)が発売されました。

・SFマガジン2001年12月号(早川書房)にエッセイ「宇宙の帝王サン・ラ」が掲載されました。

・2001年10月、e−NOVELSに中編「魔の山へ飛べ」が掲載されました。

・SFマガジン2001年11月号(早川書房)にエッセイ「宇宙作家の秘密」が掲載されました。

・2001年9月、「異形コレクション20 玩具館」井上雅彦編(光文社文庫)に短編「救い主」が収録されました。

・2001年9月、菊地秀行著「魔界都市ブルース4 蛍火の章」(祥伝社文庫)に解説「優しさとギャグの人」が収録されました。

・2001年8月、山田正紀著「地球・精神分析記録(エルド・アナリュシス)」(徳間デュアル文庫)に解説「ここには全てがあり私には何もないと痛感するとき」が収録されました。

・2001年8月、「鬼の探偵小説」(講談社ノベルス)が発売されました。

・2001年7月、「ネコノメノヨウニ…」(集英社スーパーダッシュー文庫)が発売されました。

・2001年7月、「小説すばる」8月号(集英社)に短編「イルカは笑う」が掲載されました。

・2001年6月、e−NOVELSに中編「湖の秘密」後編が掲載されました。

・2001年5月、「三人のゴーストハンター」(集英社)が発売されました(我孫子武丸、牧野修と共著)。

・2001年5月、雑誌「コバルト」6月号(集英社)に短編「切れた弦」が掲載されました。

・2001年5月、e−NOVELSに中編「湖の秘密」前編が掲載されました。

・2001年4月、「禍記(マガツフミ)」(徳間書店)が発売されました。

・2001年4月、「メフィスト」小説現代5月増刊号(講談社)に中編「蜘蛛の絨毯」が掲載されました。

・2001年3月、「小説NON」4月号(祥伝社)に短編「秋子とアキヒコ」が掲載されました。

・2001年3月、雑誌「コバルト」4月号(集英社)に短編「二度目の降霊術」が掲載されました。

・SFマガジン2001年4月号(早川書房)に短編「吐仏花ン惑星 永遠の森田健作」が掲載されました。

・ミステリマガジン2001年4月号(早川書房)にエッセイ「ディクスン・カー王国」が掲載されました。

・2001年2月、「週間小説」2月23日号(実業之日本社)に短編「赤ちゃんはまだ?」が掲載されました。

・2001年2月、「銀河帝国の弘法も筆の誤り」(早川書房)が発売されました。

・2001年1月、雑誌「コバルト」2月号(集英社)に短編「影の病」が掲載されました。

・2001年1月、「ネットJ」1月5日号(アスキー)に連載小説「取りかえっ子」の第三回が掲載されました。

・SFマガジン2001年2月号(早川書房)に短編「黄泉津鳥船」が掲載されました。

・2000年12月、「ネットJ」12月22日号(アスキー)に連載小説「取りかえっ子」の第二回が掲載されました。

・2000年12月、「メフィスト」小説現代1月増刊号(講談社)に中編「女神が殺した」が掲載されました。

・2000年12月、「ネットJ」12月8日号(アスキー)に連載小説「取りかえっ子」の第一回が掲載されました。

・2000年12月、「週間小説」12月22日号(実業之日本社)にエッセイ「喫茶店の功罪」が掲載されました。

・2000年11月、雑誌「コバルト」12月号(集英社)に短編「火盗り蛾」が掲載されました。

・2000年10月、「異形家の食卓」(集英社)が発売されました。

・2000年10月、朝松健著「天外魔艦」(ハルキ文庫)に解説「ギボシムシ讃歌」が収録されました。

・SF JAPAN 2000年秋季号(徳間書店)に中編「天使蝶」が掲載されました。

・SF JAPAN 2000年秋季号(徳間書店)にエッセイ「伝奇原理主義宣言」が掲載されました。

・SF JAPAN 2000年秋季号(徳間書店)にエッセイ「謎のクラリネット」が掲載されました。

・2000年9月、小林泰三著「肉食屋敷」(角川ホラー文庫)に解説「小林泰三はぐふふふ……と笑う」が収録されました。

・SFマガジン2000年10月号(早川書房)にエッセイ「異次元の価値観から生まれる“美”」が掲載されました。

・2000年8月、「小説すばる」9月号(集英社)に短編「血まみれの貴婦人」が掲載されました。

・2000年8月、「メフィスト」小説現代9月増刊号(講談社)に中編「鬼と呼ばれた男」が掲載されました。

・2000年7月、「小説NON」8月号(祥伝社)に短編「怖い目」が掲載されました。

・2000年5月、「小説すばる」6月号(集英社)に短編「常世の水槽」が掲載されました。

・2000年4月、「血の12幻想」津原泰水編(エニックス)に短編「血の汗流せ」が収録されました。

・SFマガジン2000年6月号(早川書房)にエッセイ「フィリップ・K・ディックって誰?」が掲載されました。

・2000年2月、「SFバカ本 リモコン変化」岬兄悟・大原まり子編(廣済堂文庫)に短編「怨臭の彼方に」が収録されました。

・2000年2月、「異形コレクション15 宇宙生物ゾーン」井上雅彦編(廣済堂文庫)に短編「三人」が収録されました。

・2000年2月、e-NOVELSに連載エッセイ「あいうえ音座録」の連載がはじまりました(週一回更新)。

・2000年1月、「小説すばる」2月号(集英社)に短編「熱キ血汐ニ……」が掲載されました。

・SFマガジン2000年2月号(早川書房)に短編「嘔吐した宇宙飛行士」が掲載されました。

・1999年12月、「異形コレクション14 世紀末サーカス」井上雅彦編(廣済堂文庫)に短編「にこやかな男」が収録されました。

・1999年12月、「おぞけ」(祥伝社文庫)に短編「塵泉(ゴミ)の王」が収録されました。

・1999年11月、菊地秀行著「マンハッタン聖魔伝」(廣済堂文庫)に「解説」が収録されました。

・1999年10月、「小説すばる」11月号(集英社)の「コミックすばる」欄に「過剰な過剰な異常性」が掲載されました。

・1999年9月、雑誌「コバルト」10月号(集英社)に短編「滅びの夏」が掲載されました。

・1999年9月、雑誌「コバルト」10月号(集英社)に連載エッセイ「タカラヅカはわけわからんけど面白い」の3回目が掲載されました。

・1999年8月、「異形コレクション12 GOD」井上雅彦編(廣済堂文庫)に短編「怪獣ジウス」が収録されました。

・SFマガジン1999年9月臨時増刊号「星ぼしのフロンティアへ」(早川書房)に短編「銀河を駆ける呪詛」が掲載されました。

・1999年7月、雑誌「青春と読書」8月号(集英社)に短編「邦夫のことを」が掲載されました。

・1999年7月、雑誌「コバルト」8月号(集英社)に連載エッセイ「タカラヅカはわけわからんけど面白い」の2回目が掲載されました。

・1999年6月、「異形コレクション11 トロピカル」井上雅彦編(廣済堂文庫)に短編「オヤジノウミ」が収録されました。

・1999年5月、雑誌「コバルト」(集英社)6月号に連載エッセイ「タカラヅカはわけわからんけど面白い」の1回目が掲載されました。

・1999年3月、小説NON4月号(祥伝社)に短編「塵泉(ごみ)の王」が掲載されました。

・1999年2月、「慟哭の城XXX(トリプルエックス)」(集英社スーパーファンタジー文庫)が発売されました。

・1999年2月、「異形コレクション9 グランドホテル」井上雅彦編(廣済堂文庫)に短編「新鮮なニグ・ジュギペ・グァのソテー。キウイソース掛け」が収録されました。

・1998年12月、「水霊(ミズチ)」(角川ホラー文庫)が発売されました。

・1998年12月、「蒼白の城XXX(トリプルエックス)」(集英社スーパーファンタジー文庫)が発売されました。

・SFマガジン1998年9月号(早川書房)に短編「地球最大の決戦」が掲載されました。

・1998年6月、ガイナックスのHPに連載エッセイ「RAKUGO THE FUTURE」がはじまりました(月一回更新)。

・1998年4月、「異形コレクション4 悪魔の発明」井上雅彦編(廣済堂文庫)に短編「俊一と俊二」が収録されました。

・1997年12月、「蒼き鎖のジェラ 禁縛の救世主(メシア)」(集英社スーパーファンタジー文庫)が発売されました。

・SFマガジン1997年8月号(早川書房)に短編「脳光速」が掲載されました。

・1997年3月、「神の子ジェノス 神の子は来りて歌う」(集英社スーパーファンタジー文庫)が発売されました。

・1997年1月、「神の子ジェノス 神の子はみな踊る」(集英社スーパーファンタジー文庫)が発売されました。

どあたまへ戻る