宮崎哲(MIYAZAKI Satoru)ウェブサイト

MIYAZAKI SATORU

宮崎 哲

パラ水泳
所属
あいおいニッセイ
同和損害保険株式会社

水泳は、僕に挑戦を教えてくれました。

札幌での練習や大会を通して、僕は小さな目標を決意しました。

記録挑戦、という目標です。

目標に向かって、国内・海外の水泳選手権に出場しました。

日々の努力は、今も続いています。




これまでのこと

トピックス

自己ベストを更新し、国際大会でのレースを目指す宮崎哲の最近の様子を家族がレポートします。

写真の二次使用はお控えください。

2019/05/12

パラ水泳ワールドシリーズ シンガポール大会(Singapore 2019 World Para Swimming World Series)にクラス分け受検のため,出場しました。

クラス分け
世界パラ水泳では、アスリートは障害から生じる活動の制限の程度によってグループ分けされます。それらのグループは、「(スポーツ) クラス」と呼ばれています。クラス分けの目的は、活動に対する機能的な障害の影響を最小限抑えることにあります。
参考URL Swimming classification https://www.paralympic.org/swimming/classification

クラス分けの過程によって、世界パラ水泳で競技する資格があるか、競技のためのグループ分けが決まります。

レースの成績
200m自由形Class S1-5, S14 では、A決勝に進出し、 決勝Multi Class 4位入賞、記録 1分59.94秒 自己ベスト記録を更新できました。

ロンドンパラリンピックのシーズンから、200m自由形 2分00.00秒を切ることをひとつの通過点として、目標としてきました。

支え続けてくださった皆様に、感謝しています。 どうもありがとうございます。

結果

100m平泳ぎ 予選 Class SB4-SB9, SB11-14 1分21.17秒 659pt Multi Class 21位

200m自由形 予選 Class S1-5, S14 2分01.50秒 919pt Multi Class 1位

200m自由形 A決勝 Class S1-5, S14 1分59.94秒 941pt Multi Class 4位

2019/05/19

札幌では、白樺の緑は明るく、
ライラックの香る季節です。
練習プールの地域に、熊が出たとの情報が。
練習、練習・・・。

来月、6/9(日)第22回 日本知的障害者選手権水泳競技大会 (横浜国際プール, 神奈川県)に出場予定です。

2019/05/26

INAS Global Games BRISBANE 2019 日本代表選手に選出していただきました。
▼日本知的障害者水泳連盟
INAS Global Games BRISBANE 2019 日本代表選手の決定
http://jsfpid.com/inas-gg2019-selection/

2019年10月12日~19日の1週間、オーストラリアのブリスベンで開催されます。
▼INAS Global Games
https://www.inasglobalgames.org/

パラアスリートとして

考えたこと・感じたこと

パラリンピックについての授業
札幌市,北海道

パラスポーツについて一緒に考えました

小・中学生との交流
安平町・厚真町,北海道

北海道オールオリンピアンズの活動に参加させていただきました

-->

© Copyrights 2019 famimiya. All Rights Reserved

Created with Studio template by TemplateMag