「潜水の世界」目次

ホームに帰る。
書籍案内に帰る。

序章                                                                      

T 素潜り                                                                                                                                  

素潜りの歴史
       最古のあかし
    古代の素潜り 
    日本の海女 

    レジャーあるいはスポーツとしての素潜り
素潜りに用いる装具 
  面マスク 
  フィン
 

   スノーケル
   ウェットスーツ
素潜りの生理      
  肺容積の変化

  酸素と炭酸ガスの変化 

   素潜りを繰り返すことは危険
   潜水反射
  体位の影響  
記録を目的とした素潜り
素潜り競技で発生し得る身体障害                                                                           

U ベル潜水                                                                                                                                  

歴史
   ケーソンのルーツ
現在のベル
減圧症の認識   
    減圧症とは 
    ケーソンと減圧症
    ポール・ベール                                                                                           

V 送気式潜水                                                                                                                  

用語  
ヘルメット潜水
   ヘルメット潜水とは 
  ヘルメット潜水の深度記録 
  ヘルメット潜水の開発と展開
日本におけるヘルメット潜水の普及 
軽便フリーフロー型送気式潜水 
  ジャック・ブラウン軽便潜水器 
  アサリ式潜水器  
  ホースダイバー      

新しい送気式潜水
大串式潜水器   
減圧表の制定  
  ハルデーン 
  米海軍による減圧表の制定   
   減圧表に関する最近の動向
  安全な減圧表? 
減圧症の治療 
ヘリウムの使用
  ヘリウム導入のエピソード  
  三種混合ガス(トライミックス)  
記憶すべきヘルメット潜水 
  米海軍潜水艦「F−4」救難潜水 
  米海軍潜水艦「スケイラス」救難潜水 
  スウェーデン海軍における水素酸素潜水
      その後の水素の利用 
       日本の水素酸素潜水                                                                           

W スクーバ潜水                                                                                                              

クストーに至るまで 
   原始的方法 
  再呼吸装置
  高圧ボンベ
  レギュレータの開発 
  まぼろしの日本製スクーバ
スクーバの構造
クストー以後
  日本における普及と発展
  リブリーザー(再呼吸型潜水器)の出現
スクーバ潜水のあり方 
  スクーバ潜水のリスク
  バディー潜水 
  身障者潜水
  テクニカル潜水
  妥当なスクーバ潜水
深さへの挑戦
   深度挑戦に対するハードル
  深度挑戦の実際
スクーバ潜水による深い実用潜水                                                                           

X 飽和潜水                                                                                                                                  

飽和潜水の概念
飽和潜水の実際
なぜ飽和潜水を用いるのか
飽和潜水で克服していった課題
  圧力 
  呼吸
   温度 
  ヘリウム音声
緊急時の対応
飽和潜水の発展
  最初の飽和潜水
   Genesis計画
   Man-in-the-Sea及びConshelf計画
   シーラボ計画
  最初の商用飽和潜水 
  海底油田
  日本での取り組み
窒素酸素ないし空気飽和潜水
深度への挑戦
  アトランティス計画
   HYDRA計画
飽和潜水の今後
  ダイバーの健康
  他の手段の発展
   潜水深度                                                                                                 

Y バウンス潜水                                                                                                              

バウンス潜水の出現
バウンス潜水の実際
呼吸ガス 
  酸素を用いた不活性ガス排出の促進
  酸素中毒
  ガス変換法                                                                                              

Z 大気圧潜水                                                                                                                 

用語
歴史
最初の例
   Neufeldt und Kuhnke
   Tritonia
  現在の大気圧潜水器 
大気圧潜水器の用い方
  長所
  短所
   指針                                                                                                                     

[ 潜水艦脱出及び救難                                                                                                        

なぜ潜水艦救難か
救難方法 
  個人脱出
  救難チャンバー
  深海救難艇(DSRV) 
  救難球
  有線自走潜水バージ                                                                                        

終章                                    

潜水活動の種類
今後の潜水
  有人潜水機材の発展
  ソフトウェアの整備
  レジャー潜水の安全性
  山下弥三左衛門の述懐                                                                                    

あとがき