【日本書紀 卷第一 第八段 本文 読み下し】

 是の時に、素戔嗚尊(すさのおのみこと)、天(あめ)より降(くだ)りて出雲國(いずものくに)の簸(ひ)の川上に到る。 時に川上に蹄(おめ)き哭(な)く聲の有るを聞く。 故(かれ)聲を尋ね覓(もと)め往(ゆ)けば、ひとりの老公(おきな)と老婆(おみな)と有りて、中間(なか)にひとりの少女(おとめ)を置きて、撫(かきなで)て哭(な)く。 素戔嗚尊(すさのおのみこと)、問いて曰く、「汝(いまし)等は誰ぞ。何爲(なに)ぞ如此(かく)は哭(な)く」。 對(こた)えて曰く、「吾(あれ)は是れ國つ~、脚摩乳(あしなづち)と號(もう)す。我が妻は手摩乳(てなづち)と號(もう)す。此の童女(おとめ)は是れ吾(あ)が兒也。奇稻田姫(くしいなだひめ)と號(もう)す。哭(な)く所以(ゆえ)は、往時(もと)吾が兒は八箇(やたり)の少女(おとめ)有りしを、年ごとに八岐大蛇(やまたのおろち)の呑む所と爲す。今、此の少童(おとめ)(まさ)に呑まるるに臨み脱免(まぬか)るる由(よし)無し。故(かれ)以ちて哀傷(かなし)む」。 素戔嗚尊(すさのおのみこと)、勅(みことのり)して曰く、「若(も)し然(しか)らば、汝、當(まさ)に女(むすめ)を以ちて吾に奉(たてまつ)らんや」。 對えて曰く、「勅(みことのり)の隨(まにま)に奉(たてまつ)らん」。
 故
(かれ)素戔嗚尊(すさのおのみこと)、奇稻田姫(くしいなだひめ)を立ち化(な)し、湯津爪櫛(ゆつつまぐし)と爲して御髻(みづら)に插しき。 乃ち脚摩乳(あしなづち)・手摩乳(てなづち)をして八(やしおおり)の酒を釀(か)み、(あわ)せて假(さづき)

【『假』、此を佐(さ)(づ)(き)と云う】

八間(やま)を作り、各(おのおの)一口(ひとつ)の槽(さかふね)を置きて、酒を盛らしめ、以ちて之を待ちき。 期(とき)に至りて果たして大蛇(おろち)有り。 頭(かしら)・尾、各(おのおの)八岐(やまた)有り。 眼は赤酸醤(あかかがち)の如し。

【『赤酸醤』、此を阿(あ)(か)(か)(が)(ち)と云う】

 松・柏(かえ)、背の上に生(お)いて八丘(やお)八谷(やたに)の間に蔓(は)え延(の)びき。 酒を得るに及び至り、頭、各(おのおの)ひとつの槽(さかふね)を飮み、醉いて睡(ねむ)る。 時に素戔嗚尊(すさのおのみこと)、乃ち所帶(はか)せる十握劒(とつかのつるぎ)を拔きて寸(ずたずた)に其の蛇を斬りき。 尾に至りて劒の刃、少し缺けたり。 故(かれ)其の尾を割り裂きて視るに、中にひとふりの劒有り。 此れ所謂(いわゆ)る草薙劒(くさなぎのつるぎ)

【『草薙劒』、此を倶(く)(さ)(な)(ぎ)(の)(つ)(る)(ぎ)と云う。 一書に云う。本の名は天叢雲劒(あめのむらくものつるぎ)。蓋(けだ)し大蛇(おろち)の居(い)る上に、常に雲氣(うんき)有り。故(かれ)以ちて名づくるか。日本武皇子(やまとたけるのみこ)に至りて、名を改め草薙劒と曰う】

 素戔嗚尊(すさのおのみこと)、曰く、「是は~劒也。吾(あれ)何ぞ敢(あえ)て私(わたくし)に安(やす)らけんや」。 乃ち天つ~に上げ獻(たてまつ)る也。
 然
(しか)して後に、將に婚(とつぎ)せん處を行きて覓(もと)む。 遂に出雲の清地(すが)に到る

【『清地』、此を素(す)(が)と云う】

 乃ち言いて曰く、「吾(あ)が心、清清之(すがすがし)」。

【此(これ)、今、此の地を呼びて清(すが)と曰う】

 彼の處に宮を建てき

【或いは云う、時に武素戔嗚尊(たけすさのおのみこと)、歌いて曰く、夜(や)(く)(も)(た)(つ) 伊(い)(づ)(も)(や)(へ)(が)(き) 兔(つ)(ま)(ご)(み)(に) 夜(や)(へ)(が)(き)(つ)(く)(る) 贈(そ)(の)(や)(へ)(が)(き)(え) (八雲たつ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣え) 】

 乃ち相與(とも)に遘合(みあい)して生みし兒(みこ)は大己貴~(おおなむちのかみ)。 因りて勅(みことのり)して曰く、「吾(あ)が兒(こ)の宮の首(つかさ)は、即ち脚摩乳(あしなづち)・手摩乳(てなづち)也」。 故(かれ)二たはしらの~を號(なづ)け賜いて稻田宮主~(いなだのみやぬしのかみ)と曰う。 已(すで)にして素戔嗚尊(すさのおのみこと)、遂に根の國に就(い)でましき。