2009年 12月19日(土)
   
師走マート
師走に、ちなんだ、冬のもの、クリスマスのもの、そしてお正月のもの、そんなモノたちを集めた市、
師走マート。

場所は、はじめての(!)屋内。
BEEHIVE DELUXEさんのアトリエの素敵な古い一軒家、「BARIQUAN33」。

イラストレーター&クリエーターのpapakaoriさん、主にこのBARIQUAN33で、月に1度の「汁飯屋」をやっている
古い友人の志保さんと、汁飯屋パートナーの、しげこさん、三瀬のわかさ農園さんと。

玄関ドアに台湾のカラフルなショッピングバッグ、わかささんの注連縄をかけて、いらっしゃいませの準備。

おりしもこの冬一番の寒さ。朝起きると真っ白な雪景色に、一瞬青くなりましたが、たくさんの方々に
お越し頂き、楽しい1日となりました。
papakaoriさんのキッチュな台湾雑貨ずらり。ちょこちょこした可愛さがたまりません。/可愛いアクリルたわしたち。
日本のもの、外国のもの、食器、陶磁器、器もいっぱい
おじいさんから受け継がれた昔ながらの1つ1つ丁寧につくられたしめ縄は、目の前でウラジロと
葉みかんをくっつけて下さいます。

これも1本、1本おじいさんが削った栗配箸。
箸袋もすごく可愛い。
わかさ農園のいずみさん。
慣れた手つきでささっとしめ縄を結びます。
小さなしめ縄は、
水周り用。
私ははじめて見ました。
キッチンでほかほか湯気を立てて、
汁物の用意をする汁飯屋のお二人。
おいしそうな匂いにお腹がぐぅ〜
熱々のお汁にはいっている団子は、どんぐり(マテバシイ)を1つ1つ粉にしたどんぐり粉でつくったもの。この粉にするのは、すごく手間のかかる作業なのだそう。
お店では食することのできない貴重な食材をつかったどんぐり汁は、ほんとにしみじみおいしかったです。
汁飯屋さんのテイクアウトの煎りじゃこや肉みそなどのお惣菜も。
人気であっという間に完売☆でした。
クリスマスまでに、毎日少しづつ切り分けて
食べるわかさ農園さんのシュトーレン。
包みのイラストもすごくキュート。
雪が降ってましたが、お天気はよく、
部屋にはお日様の光がいっぱい。
奥の部屋でイートインできる
カフェスペースも。
汁飯屋さんセレクトの韓国雑貨たち。
珍しい韓国の器や、かご、お弁当箱。機能的で素朴で素敵。
市での楽しみのひとつは、お買い物♪

papakaoriさんセレクトの台湾の小サイズの蒸篭。蒸し饅頭やちまきなんかを一人分づつ
蒸すのにぴったり。

汁飯屋さんセレクトの韓国のひょうたんの
ティーストレーナー。
私は今回、初めて手作りお菓子をだしてみました。
いつもうちでも作ってる、ベルギーワッフル、サブレに米粉のクッキー。
わんこのパセリチーズクッキーも。
雑貨や古道具などなども。
わかさ農園さんの黒糖ラスク、たくさんのいろいろな花の苗や球根、おおきくて甘酸っぱい文旦。
皆さんのおかげですごく楽しい市となりました。
             心からお礼申し上げます!!