茨城
淡水
千波湖
弁天池
上野沼
牛久/稲荷川
竜ヶ崎市/
道仙田
霞ケ浦・北浦/
総論
霞ケ浦/
土浦新港
霞ケ浦/
志戸崎ドック
霞ケ浦/
蓮河原ドック
霞ケ浦/
和田入ドック
霞ケ浦/
大山スロープ
霞ケ浦/
小野川
霞ケ浦/
天王崎公園
霞ケ浦/
鬼沢丸
霞ケ浦/
ヨコオボート
(個人サービス)
北浦/
北浦マリーナ
北浦/
繁昌舟だまり
北浦/
鰐川
鹿嶋港
鹿島灘漁港
日立港・久慈港
常陸那珂港
波崎港
大洗港魚釣園
那珂湊港
那珂湊釣公園
/(海門町釣公園)
管理釣り場
マルミ
フィッシングエリア
ビッグロック
「★印」をクリック
アンコウロゴWAロゴ
Field Information for the Wheelchair Anglers

霞ケ浦・北浦/総論
まずは「霞と北浦」に関する全体の状況から・・・
「RED PEPPERSの冨樫さん」
私は基本的にボート釣りがメインなのでオカッパリ情報は詳しくありませんが、 北浦や霞のドックなら車椅子でも可能だと思います。
ドックには車用のスロープが付いているので、車椅子でも降りることが出来ます。 春先(4〜6月)ならドックの中でも十分に釣れるのでオススメです。
ただし、基本的には漁師さんの仕事場ですので、彼らに一言声を掛けることを オススメします。
「西村さん」
●舟泊まりのドック
漁業関係者がドック内に軽トラックで出入りするための スロープが出来ていますのでどこでも水辺までいけると思います。 ただし、捨て網や、係留用のロープがあったりしますので、コンクリート舗装 されていますが、完全に何もないわけではありません。
石積み堤防やドックの防波堤の上は車椅子では不可能です。 船を係留しているドック内部であれば可能性は高いと思います。 漁業関係者の軽トラックが十分走り回れるだけのスペースは確保されています が、すぐそばを車が走り抜けたりしますし、誤って漁業施設に針をかけてしまっ た場合などに備え、健常者の同行が望ましいかと思います。
ブラックバス・ブルーギル・鯉等が狙えます。
● 水門まわりや護岸堤防一帯
ここは、水際は、幅1.5mくらいのコンクリートの帯になっていましてそこに降 りてしまえば、後は自由に移動しながら釣りが出来ます。ただし、堤防上の道 路から水際に降りる部分がコンクリートタイル?を埋め込んだ斜面になってい て凸凹になっています。そのため、この部分を健常者4人位で運ばねばならない でしょう。また、当然のことながら水辺は柵等ありませんので、落水の危険は つきまといます。
車を堤防上に置いて、鯉の吸い込み釣りは可能かと思います。ただこの場合、 かなり長い竿をキャストする必要があるのと、相手が70cm前後の鯉になるでし ょうから最終的な取り込み(網)を誰かにやってもらう必要があるというのが 難点ですが、釣れるまでは車でゆっくり出来るというのは魅力です。
●出来ればエレキ付きのボートに乗せてもらって、クーラーボックスのような物 の上に腰掛けてしまえばバス釣りは満喫できそうですが、残念ながら私はボー ト類を所有していませんのでお力になれません。ただ、エレキを付けられるゴ ムボートやエレキ・オール取り付け可能なフローター等もありますからこれら を利用するのが手っ取り早いかと思います。いずれにしても、水の事故防止の 観点からも健常者との同行が必要でしょう。
mail to 西 村さんto-you@ijk.com
このほか「伊達@だるま」さんhttp://www.st.rim.or.jp/~datte/ (「FISH ON !!!」サイト所在不明・どなたかご存じならお知らせください・・・ata)
「青森の坂本さん」
からも情報をいただいています。
ところで

困った話があります。
「・・・・基本はドックでの釣りになります。が、最近は釣り禁止の ドックばかりなので行っていません。」「WA−関口 晃弘」より

このほかにも似たようなお話がいくつか寄せられています。
釣り禁止の原因は、釣り人のマナーの悪さによるもののようで(そういうヤツらは、「釣り人」と 言わずこれからは「ゴミラー」と呼ぶ)とても悲しい。
こうした状況を、「なんとかせねば・・・」と立ち上がった「釣り人」グループ を以下に紹介しておきます。みんなで協力して釣り場を守りましょう。
「ゴミラー」君も改心しないと、結局、自分のクビを絞めることになることを 判って欲しいものです・・・・

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
●「Internet_Bass_Magazine」
釣り禁止のドック(船着き場)が増えています。
ドックがスロープになっていて、車椅子の方でも護岸に降りる事が 出来る数少ない良いポイントなのです。
ところが、釣り人達の出す(捨てていく)「ゴミ」やロストするルアーや ラインの漁具への被害で、釣り人が締め出される状況が進んでいます。 そこで、楽しく釣りを続けるために「We Love Nature & Fish!」を Web上で展開しています。
これは、「ごみをなくそう」「マナーを守って釣りをしよう」 「事故が無いようにしよう」を願っています。

●「北浦のルールとマナーを守る会」
・・・ここの活動にはWAのグループと一緒に参加しましたが、結局一度だけで、その後ごぶさたしてまして・・・ なかなか参加できなくてスミマセン。近い内に必ず行きます。(アンコウの懺悔)
to 地域索引へ HOMEへ