ここは「情報メディアの活用」p3-1です。 次へ 目次へ ホームへ
3-1 情報メディア略史

菩薩の図 メディアの語源は神と人を媒介する霊媒の意味のメディウムの複数形です。
神や霊魂の意志を他へ伝達できるのは、シャーマン、天子、巫女など特別な才能を持った媒介者が必要であったからです。
そして、人類は数百万年の年月をかけ、絵を描き、音楽を奏で、言語を使用し、それらを記録する文字と筆記用具を発明、後には印刷術を発明し、電子メディアに至るまで、さまざまな形でコミュニケーションを展開させてきました。
この章では、情報メディアの歴史を覗いてみましょう。




関連リンクはありません。