トイレット・スト−リ−
(TOPに戻る)
 
<文芸の屑籠に戻る>

aikenn
             愛犬ラッキー
作:鈴木ファミリ−

 このお話は学校や家庭,その他いろいろな所でトイレに関する
事柄について見たり聞いたりしたものをまとめたものです.
ショートストーリーが13ございます.
ちょっとビロウなお話ですが子供の作品ですのでご容赦ください.


        その1.カトリック幼稚園生の頃.
 園児用のドアは鍵がかかりませんでした.そして,ドアの下に
隙間がありました.しかし先生のトイレのドアは鍵が
かかるようになっていました.つまり園児用トイレは
中にだれかが入っていても知らずにドアを開けてしまう
可能性があったわけてす.中にだれかが入っているのに
ドアを開けてしまうと互いにはづかしいので,
中に入っているかどうかを確かめる方法を考えました.
それは,私は背丈が低かったのでトイレに行って
中に誰かいるかいないか確かめる時,背をかがめて
ドアの下のスキ間よりのぞいて誰もいないことを
確認してから中に入りました.だって,ドアが閉まっていると
中に入っているかどうかわからないし,その頃はまだ子供だったので
ノックをすることも知らなかったのです.
                          文頭に戻る
  その2.便所掃除のはなし.M小学校5年生の頃.
 私はクラスの10班の班長で1年に3回か4回1か月ずつトイレの
そうじ当番になります.ある日,掃除をしようとして,3年男子の
便所に私達の班6人でそうじにゆきました.もちろん当番の6人は
全員女子です. トイレの大便室の掃除をしようとしたら,
中からトイレットペ−パ−のコロコロという音が聞こえ更に
紙でふいている音がごそごそと聞こえました.中にだれかが
入っているなと思い別の小便のコ−ナ−や床をモップでふいていたら,
突然ガタという音がして中からドアを開けて男の子が出てきました.
ところが,なんと両手で顔を隠して飛び出して走っていって
しまったのです.私は変だなあと思いながら男の子の出てきた
トイレの中を掃除しようとしました.そしたら,な,なんと
ホ−ロ−の便器の周囲にうんちが付着していました.
そして,紙でふいた跡があるのです.その臭いの臭いことといったら
ありません.掃除班6人の女の子はうんざりしてしまい,
皆尻込みしてしまいました.そしたら班の仲間がここの掃除は
やっぱ班長がやるべきだという話が出てきて結局,班長である私が
掃除をしなければならないはめになってしまいました.
息をこらえてがまんしながらやっと掃除をしました.
うんこを便器に残していったバカ男めと思いつつ掃除をしました.
しかしその男は顔を隠していたので誰だかわかりません.
わかれば注意したのに.今度班長が代わったらウンコ掃除は
班長にやらせるぞ,とおもいました.ちなみに1年生から
6年生までの便所で一番よごすのは1年生です.
ですから1年生の便所を掃除する番になった時が一番いやです.
このことを家に帰って風呂で父に話したら父が大笑いしたので,
私も辛かったけどいっしょに笑ってしまいました.
                            文頭に戻る

           その3.小学生の頃.
 夜,テレビを一家でみていました.そしたら父が新聞を持って
いきなり立ち上がりました.そのとき姉がトッサに
「新聞をみながらウンチをするんでしょう?」と父にいいました.
そのとき父はトイレの方に歩こうとする前だったのです.
私は姉の勘のよさというか,父の習慣をすぐのみこむ姉の頭のよさに
感心しました.その時,姉から言われた父は動揺すら態度に示さず
トイレの中にゆっくりと入ってゆきました.
父はやっぱり大便しに行ったのでした.

          その4.花子さんという幽霊の話.
 小学校のトイレの大便の部屋で入口より13番目のドアを
49回たたいて,「花子さ−ん」と言うと「は−い」という返事がある.
その時すぐに逃げないと殺される,といううわさが流されました.
それとともに,同じく,13番目のトイレのドアを49回たたいて
ドアに○×と書いてから「赤い紙がいい,白い紙がいい」というと
声が聞こえてきて, 赤い紙と言うと天井から血がしたたりおちてくる.
といううわさが流れました.しかし,白い紙というと,
どうなるのかわからないのです.それで,私達はトイレ掃除の時,
おなじことをやってみましたが,何も起こらなかったという,
つまらないおはなしでした.
人のうわさに,惑わされたり,しないように,しましょうね.
                                                        文頭に戻る

         その5.小学2年生の頃の妹の話.
 私はA子さんと,休み時間に一緒にトイレに行きました.
私はおしっこをして,水を流してトイレを出てきました.
ところが,いつまでたっても,A子さんが出てこないので,
「A子さ−ん」と呼んだら,突然ガタという音がして,
A子さんはあわてたように,ドアを開けて出てきました.
ところがです,なななんと,ちらっと便器の中を見るでもなくのぞいたら,
便器の中は盛り盛りうんこが,あったままでした.
A子さんは私に呼ばれたので紙でお尻をふかずに,
出てきたのではとびっくりしてしまいました.
が後で,わかったのですが,A子さんはトイレの水の流し方が
わからなかったとのことでした.その時は見事なウンチに気をとられて,
その事までは気がつかなかったと妹は言っていました.
                                                      文頭に戻る

       その6.小学4年生の時の姉の友達の話.
 私は学校の帰り時間に,私と友達2人でトイレに行きました.
私ともう1人の友達が,先ににトイレを出てきて,A子さんを待っていると,
突然ガタ−という音がしてドアがあいて,A子さんがあせった顔をして
「ワ−どうしょう,水が出ない」と怒鳴りながら出てきました.
私達はびっくりして,そのトイレの中をみるとはなしに見ると,
何としたことかA子さんのウンチは固いウサギのような丸いウンチが
いくつもありました.ところがです.前日私はA子さんとトイレに
いっしょに行ったところ,隣でA子さんは,ウンチをしているらしくて,
ビリビリブ−ビリというすごい音をたてていたので,
お腹をこわして下痢でもしたのかなあと,思っていました.
たった1日で下痢が便秘になるなんてA子さんは大変だなと思いました.
                                                       文頭に戻る

  その7.裸になって風呂に入ろうとするとオシッコの出たくなる話
           (妹が小学1年生のころ)
 妹はいつでもお風呂に入ろうとしてはだかになるとオシッコを
したくなります.それで,はだかのままトイレにかけこむことが
ときどきあります.そしてたまには密かに風呂の排水口に
おしっこをしているようです.大きくなったらおしっこは臭いから
トイレでするようにと父に言われているようですがなかなかなおりません.
何故裸になるとオシッコをしたくなるのでしょう不思議です.
でも夏の時期より冬の時期の方がオシッコを風呂ですることが多いようです.
石川のおばあちゃんに聞いたら,父も赤ちゃんの頃おしめを外すと突然,
おちんちんから,オシッコをピュ−と出したそうです.
これと何か関係が有るのかもしれません.
衣服で体をおおっていたのに,裸になるとその緊張が無くなって
放尿したくなるのかなあ−と医学博士の父が言っていました.
しかし,これだけでは裸になるとオシッコをしたくなる理由とは
言えないのではないかと,思っています. 
裸とオシッコとの関係は永遠の謎か,それとも鈴木家の遺伝かなあ.
                                                       文頭に戻る

          その8.A小学校のトイレの話.
 トイレのドアの前で背をドアに寄り掛かって,両手を前で結んで
向かいがわにある鏡を見ていると背中のドアの方でトントンという音がする.
それは花子さんの仕業ではないかという話.余目小学生全員が信じている.

          その9.ラッキ−という犬の話.
 わが家にはシェットランドシ−プドックの満1才になった雄犬がいます.
毛の色はトライカラ−で大部分が黒で一部分が茶と白です.
胸と背が白で,背の白の部分が英語のLの字になっています.
父がLの字が背中に書かっているように見えるのでラッキ−(LUCKY)と
命名しました.この犬は小林さんというコリ−や
シェットランドシ−プドックを飼っている愛犬家の方より
母が譲り受けました.この犬は血統書付きで正式の名前は
ナイト・ダンサ−ズ・ブラバスと言います.
なんせこの犬は長毛種でヨ−ロッパの貴族のような風格があり,
父を除いて唯一の男性なので わが家の女性軍のアイドルになっています.
ラッキ−はかなり頭がよさそうで,ひとによってかなり態度が違います.
例えば父の前ではまったくおとなしくて,ブリッコしています.
しかし,父の姿が見えなくなると男の子のようにやんちゃを発揮します.
私達姉妹のサンダルを噛んだり,持っていったり,衣服のうえから
腕や脚を噛んだりします.しかしよく観察すると三女の妹に
一番いたずらするようです.犬もわが家の長幼序列が分かっているようです.
躾は母がやっていますが,一番大変なのはトイレと入浴です.
トイレはベランダの箱の中にするようにさせていますが,
ウンチを時々外にしてしまいます.その時はたいへんくさいので
父が大変怒ります.しかし,ラッキ−は怒られた時は神妙にしていますが,
父が居ないと平気のへいざで箱の外にウンチをしています.
それにはさすがの父もあきらめてしまって,私達姉妹に
こういう相談を持ち掛けました.それは1回犬のウンチを拾えば
1回につき50円をくれるということでした.
支払いは月末に一括して支払うので各自ノ−トに記入しておくようにとの
ことでした.そして1カ月が過ぎ支払う日がやって来ました.
1番拾った回数の多かったのはK子(三女)で次は私でした.
姉はどうせ必要な時は母からお小使いをもらえるからいいよといって
1回位しか拾いませんでした.こうやって見るとK子が一番がっちりと
金かせぎをしていて,きっと将来,大金持ちになるだろうなと思いました.
                                                         文頭に戻る

    その10.ラッキ−(犬)にちぎられたスカ−トのゆくえ.
 前にも述べましたが,ラッキ−という犬を家で飼っています. 
この犬はよくじゃれて私達姉妹の衣服のそでやスカ−トをよくかじります.
私は大きな声を出して怒るので、ラッキ−が私の衣服をかじっても
すぐやめます.しかし,妹のことは馬鹿にしてじゃれてかじるのを
なかなか止めません.ある日,妹が母から買ってもらったお気に入りの
スカ−トをはいて,テレビ漫画を夢中で見ていました.
そこにラッキ−がやってきて,妹の衣服に齧りつき始めました.
妹はテレビに夢中でラッキ−をいいようにあしらっていたのですが,
なかなか止めません.その時、妹はふと自分の破られたスカ−トに
目がゆきました.「あっ」と言って妹は泣きながらラッキ−を
殴りつけはじめました.ラッキ−もこころいたもので,
うまく逃げまわって勝負がつきません.あまり騒々しいので
母が出てきて止めさせました.
「一度破られてしまったものはしょうがないでしょう」と母が言って
なだめましたが,K子(妹)はくやしがっていつまでも泣いていました.
 翌日,ラッキ−のウンチ拾いをしていたK子が突然笑い出しました.
ウンチ拾いをしながら笑うなんて気でも狂ったのかと思いそのわけを
聞いてみました.すると,ラッキ−がかじった妹のスカ−トの布の
きれ端しが,ウンチのなかに混じっていたとのことです.
ラッキ−はかじるだけでなくその布のきれ端を飲み込んでいたのです.
                                                       文頭に戻る

     その11.K先生が小学生の時湯船の中で下痢便をした話
 私が三河台小6年の時,担任のK先生が授業中私達にしてくれた話です.
K先生が小学1年生のときおなかをこわして下痢をしていたが,
弟と妹と三人でごえもん風呂に入りました.
湯船につかって良い気持ちになったら,オナラをしたくなってしまいました.
風呂でオナラをするのはとても気持ちが良いし,
水面にアワがでてくるのも面白いので,お湯の中で何のきもなしに,
オナラをしました.そしたら下痢をしていたので、オナラとともに便も
いっしょにでてしまったのです.おなかをこわしていたので,
固まりの便が浮いてくるのなら始末が良かったのですが,
便はオナラとともに湯船の中に散らばりました.弟と妹は目を白黒させて,
びっくりのあまり声も出せません.K先生は少しもあわてず,
弟妹に命じました.手拭いで作った湯あかとりで,
湯船に散らかった糞便のかすをすくいあげてとるように.
取ったらこれを外で洗い,何回も繰り返すように命じました.
そして,湯船の中の目に見える便のかすだけはどうにか,
取り出し排水口に流してしまいました.弟と妹にはこのことは,
決して口外したら承知しないぞと脅し口を封じました.
そして,なにくわぬ顔で,いい湯だったとあがって行きました.
すこしたってから,K先生の母が風呂に入りました.
そして,なにも知らないK先生の母は寒い時風呂に入るのは
本当に気持ち良いね.いいお湯だったことと上がってきました.
K先生はほっとするやら笑いたいのをこらえて知らん顔をしていました.
ところがです.後日,K先生が妹と弟と些細なことから喧嘩になりました.
そのとき,弟が兄いちゃんだって,この間風呂でウンコを
したくせにと言ってしまったのです.
そばで聞いていたK先生の母は真っ赤な顔をして怒り出しました.
しかし,全て後の祭りだったのでした.
                                                      文頭に戻る

その12.妹が小学2年生の頃.友達のAちゃんが校庭でオシっコをした話.
 ある晴れた日の校庭での出来事です.私は友達のAちゃんと
ジャングルジムで、2人で遊んでいました.そしたら,
Aちゃんは「疲れちゃった」と言って,ジャングルジムの下の
地面にどっかと腰をおろしました.そして,いつまでもじっとしていました.
そのうちAちゃんが立ち上がって,「水たまりにすわっちゃった」と
真面目な顔で言いました.私は不思議に思ってAちゃんのお尻を見ました.
そしたら,なんとAちゃんのズボンはお尻だけではなく,
前の方も濡れていたのです.今日は朝から晴れていて
校庭は乾燥しているのに,水たまりがあるはずはないし,
本当に水たまりに座ったら前の方が濡れるわけはないし,
立ち上がった後の場所も水溜まりはないのです.
Aちゃんはオシッコをしてしまったんだと,すぐにわかりました.
それにしても,平然としたAちゃんの演技力にはびっくりしてしまいました.
                                                         文頭に戻る

     その13.母が男の子に初めてオシッコをさせた時の話.
 私にはRと言う3才になる従兄弟がいます.Rが夏休みの時
家に遊びに来ました.家には男の子がいないので皆がかわいい,
かわいいと,いいながら私達姉妹と遊びました.
そのうち,Rはオシッコをしたいと言いました.そばにいた母が
ハイハイと言いながらトイレに連れていきました.
以下は母から聞いた話です.Rは3才になったばかりで,
男性用の便器にはオチンチンが届かないので,
母がRのズボンを途中まで脱がせて,よく赤ちゃんをオシッコさせる
スタイルで,つまりRの両膝を後ろから持って
「はいっ,Rちゃん,オシッコし−し−」と言いながら,
女性用トイレでオシッコをさせようとしました.
そしたら,Rが盛んに「違う,違う」と言うのです.
母は何が違うのかわからなくて,またRの両膝を持っていたので
重くなったので速く済まそうと思って
「いいのよ,速くオシッコしましょうね」と言いました.
そしたらRは我慢できなくなって放尿を開始しました.
ところがです.オシッコは便器の中の方に流れ出たのではなく,
天をつくばかりに,噴水のように流れ出てしまい,
便器の周辺は尿だらけとなってしまいました.
母はびっくりしてしまい戸惑ってしまいました.
後で母から聞いたのですが女の子のオシッコばかりさせていたので,
男の子のオシッコも同じで良いと考えていたそうです.
男の子のオチンチンは前の方に付いているのですこし,前かがみに,
させるべであったと後から言っていました.
                    おわり
                                                   文頭に戻る
                          TOPに戻る