熱中症予防8カ条

<TOPに戻る> <保健医療福祉情報へ>

@知って防ごう熱中症
   上記熱中症をクリックすれば、解説があります。

A熱いとき無理な運動事故のもと

B急な暑さは要注意
  自宅でも熱中症になるとき有り、室温湿度に注意、水分補給は大切。
C失った水と塩分を取り戻そう
   運動前には水500ml程のみ、運動の合間15分ごとに150〜200mlの水を飲む。
   脱水でものどの渇きがないこともあり、積極的な水分摂取の習慣必要。
D体重で知ろう、健康と汗の量
   運動によって体重の3%の水分が失われると運動能力低下、体温の調節能力低下
   体重の2%以内になるように、水分を補う
E薄着ルックでさわやかに
   体温の上昇を防ぎ、熱を発散させる。
F体調不良は事故のもと
  風邪、下痢、2日酔い、睡眠不足、持病のある人等は熱中症になりやすい。
Gあわてるな、されど急ごう救急措置
  とにかく、日陰で体を冷やし、高体温で意識が変なときは熱射病の可能性有り、
  救急車呼ぶ。
                    <TOPに戻る> <保健医療福祉情報へ>