寝たきりゼロへの10カ条(監修:折茂肇)  <健康保持増進の項へ戻る> <TOPに戻る>    <保健医療福祉情報の目次に戻る>

 寝たきりは、病気(脳卒中)をしたり、年をとれば仕方がない、と考えられがちです。しかし寝たきりの多くは
「寝たきり」というより「寝かせきり」といったほうがよいかもしれません。つまり、寝たきりは適切な訓練と
介護により、十分予防可能です。

第1条:脳卒中と骨折予防寝たきりゼロへの第一歩。
第2条:寝たきりは寝かせきりから作られる。過度の安静逆効果。
第3条:リハビリは早期開始が効果的。始めようベッドの上から訓練を。
第4条:くらしの中でのリハビリは食事と排泄着替えから。
第5条:朝起きて先ずは着替えて、身だしなみ、寝・食わけて、生活にメリとハリ。
第6条:「手は出しすぎず目は離さず」が介護の基本。自立の気持ちを大切に。
第7条:ベッドから移ろう移そう車椅子、行動広げる機器の活用。
第8条:手すりをつけ、段差をなくし、住みやすく、アイデア生かした住まいの改善。
第9条:家庭(うち)でも、社会(そと)でもよろこび見つけみんなで防ごう閉じこもり。
第10条:進んで利用機能訓練、デイ・サービス(デイ・ケア)寝たきりなくす、
     人の和地域の輪。
               <健康保持増進の項へ戻る> <TOPに戻る>