グレープフルーツジュースと薬
TOPに戻る
保健医療福祉情報の目次へ戻る
 グレープフルーツジュースが薬の働きに影響を及ぼすことが明らかになりました。
グレープフルーツジュースの苦みの元となっている、フラボノイド類(ナリジン、クエルセチン、ケンフェロール)という物質が、薬物代謝酵素であるチトクロームP450(CYP)を、阻害することが原因である。グレープフルーツジュースは小腸のCYP3A4を不可逆的に、阻害するために、CYP3A4で代謝されやすい薬剤をグレープフルーツジュースといっしょに服用すると、薬剤の血中濃度が上昇し、薬の作用が強くでて、生体に悪影響を及ぼすことがあります。
 例えば、降圧剤を服用している方がグレープフルーツジュースといっしょに、服用すると血圧が下がり過ぎ、
めまいや頻脈になる可能性があります。
但し、今まで重篤な副作用は報告されていないが注意が必要です。

 注意すべき薬剤としては、Ca拮抗剤(降圧剤、狭心症の薬)(数が1番多い)、抗アレルギー薬(花粉症や蕁麻疹の薬)、抗HIV薬(エイズの治療薬)、免疫抑制剤(臓器移植後に用いる薬)、催眠鎮静剤(麻酔前投薬)、催眠薬(不眠症の薬)、抗高脂血症薬(コレステロールを下げる薬)等、多岐にわたります。

それでは具体的にその薬剤名(一般名とかっこ内は商品名)を列挙したいと思います。
血中濃度が2倍以上になる薬:ニソルジピン(Ca拮抗剤、バイミカード)、フェロジピン(Ca拮抗薬、ムノバール、
スプレンジール)、テルフェナジン(抗アレルギー薬、トリルダン)、サキナビル(抗HIV薬、インビラーゼ)

治療域が狭い(薬用量と中毒量の差が少ないこと)ため注意が必要な薬:
シクロスポリン(免疫抑制剤、サンデイミュン)、ミタゾラム(催眠鎮静剤、麻酔前投薬、ドルミカム)、トリアゾラム(催眠薬、ハルシオン、ネスゲン、ハイラック、ミンザイン、ライトコール、アサシオン、
)、ベラパミル(Ca拮抗剤、狭心症や不整脈の治療に用いる。ワソラン、マゴチロン)

その他:ニカルジピン(Ca拮抗剤、ペルジピン、ニコデール、アカルジピン、アプロバン、アポジピン、イセジピール、カルトラン、サリベックス、ツルセピン、ニスタジール、)、
ニトレンジピン(Ca拮抗剤、バイロテンシン、エレナール、ドスペロピン、トルチンシン、ニトプレス、ニトレナール、ニルジピン、バイニロード、バロテイン)
ニフェジピン(Ca拮抗剤、アダラート、ヘルラート、セパミット、アタナール、アンペクト、エマベリン、カサンミル、
コロジレート、セレブレート、トーワラート、ニレーナ、マリポロン、レマール、ロニアン、ヘルラートL、アダラートL、
セパミットR、アダラートCR、エマベリンL、キサラートL、トーワラートL、ニレーナL)
シルニジピン(Ca拮抗剤、アテレック、シスカード、シナロング)、
HMG-CoA還元酵素阻害剤(高脂血症に使用)として、シンバスタチン(リポバス)、アトルバスタチン(リピトール)

それではどのくらい間隔をあけてから薬を服用すればよいのか?
薬の種類(生体利用率)、各個人が持っている小腸のCYP3A4酵素活性の差等があり、30分から1日以上の
間隔をあけるというばらつきの多いデータがあります。

血中濃度が2倍以上になる薬、治療域が狭いため注意が必要な薬を服用する場合はグレープフルーツジュースの摂取は止める。他の柑橘類にする。
他の薬に関しても、重篤な副作用は報告されていないが、個体差があるので十分な間隔を開けてから服用する
注意が必要か?位しかはっきりしていません。他の柑橘類にする方が無難といえます。

結論:上記の薬を服用しておられる方は、ビタミン、ミネラル、繊維成分等の補給はグレープフルーツジュース以外の柑橘類から摂るべきである。

TOPに戻る
保健医療福祉情報の目次へ戻る