アコーディオンの音色は素敵です
世界の民族楽器がいっぱい!直輸入でお届けします。

さわやかな明るい音色、どことなく哀愁を帯びた
音色、弾き方により魅力的にもつまらなくもなるアコーディオン。とても人間的なこの楽器が私は好きです。
アコーディオンが生まれたのはオーストリア、今から170年ほど前のことだそうです。
日本に入って来たのは明治以降でしょうか、
戦後、 うたごえ運動が華やかな頃、歌の伴奏としてアコーディオンが大活躍しました。そして今アコースティック楽器として小林靖宏さんをはじめ若い演奏家が色んなジャンルでアコの音色を響かせています。


[TOPへ] [筆者の自己紹介へ][わたしのまち日野][緑の木箱][MIDI][TEA][休憩室]

        アコーディオンのページに戻る

私(筆者)のアコーディオン日誌    

 これより新しい(最近)のアコーディオン日誌はこちらへ


  続続たかが回数 されど回数                                                 2010/12/16
 アコーディオンサークルの「陽だまりコンサート」でソロ曲を弾くことになり練習をしたのですが、ほんの思いつきで練習方法「何度も弾く」
はどうだろうとただひたすらに回数を重ねて見た。始まりは本番の2ヶ月弱前だった。
何回くらいやるか、これも根拠もなく500回と決めた、1日10回平均だ。あまり考えず ただ弾くだけでいい、その結果を見たいと思った。
5分弱の曲だから10回となると1時間位かかる、これを毎日はきつい、でも表を作り弾くごとに記入していくと途中でやめたくなってもついあと
1回、もう1回、ここで辞めるのは悔しいと思ってとにかく弾こうと思ってしまう。
300回位になると少しづく楽譜から離れ暗譜が多くなる。のんべんだらりと弾いていいと決めているけど少し変化をしてみたくなる。
500回過ぎた、まだ日がある、目標を750にUP、
楽譜をはなれ曲の世界に入っている気分になることがあるように(時々)感じる時がある。
サークルでみんなの前で弾いて見た。あれ、こんなところでまちがえて雰囲気にのまれて、ああ全然ダメだと焦ってしまう。
回数重ねるだけじゃダメか。落ち込んでしまう。
コンサートの前日750回をクリアした。回数はクリアしたけど本番はフアンだ、達成感は無い。
コンサート当日、予想をはるかに超えて100人以上(目測で104人)の方が来てくれた。いよいよ私の番
こんな場面で楽譜を持たず暗譜演奏は初めてです。演奏が始まった、いい感じだけれどああ違えた、
曲が進み最後の見せ場、だんだん暴走気味で何とか最後まで行ったが悔いが残る「あんなに練習したのに」。
終わった! たくさんの拍手を貰った、ブラボーの声もあった。それなりの演奏が出来たと思って呉れたかと嬉しかった。
たかが回数、されど回数。やっている中でいろんな発見があった。とても良い経験でした。またやる? 多分やらないかな(^−^)。
  当面の予定                                                           2010/12/09
 今年もあとわずかになりました。今年は私にとってはいろんなイベントに参加したように思います。
これからの予定としては12日のアコサークルの「陽だまりコンサート」、27日のディサービス訪問、1月16日の障害者団体の集まりへのボランテア、
1月27日うたごえひろばと2ヶ月に4つ予定しています。多いですね、少し疲れ気味です(^−^)。
実体験は良いのですが練習、力量が追いつきません。またアコーディオン以外にもやるべきこと、やりたいことが色々あり厳しいところです。
出て行くからにはそれなりに努力しなければ失礼と思います。
年末です、来年のことはお正月に考える事としましょう。とりあえずは12日、もう3日後です(汗)。
  続たかが回数 されど回数                                                   2010/11/24
 B型人間の特徴かちょっとしたことにこだわりを持ってしまう後先を考えずに。
10月19日ちょっと思いつきで初めてしまった。12月12日に小さなコンサートがあるからそれまで回数を重ねてみるか、500回位やったらどうなるか実験だ!
1日10数回練習する。正の字で回数を記録、これを毎日続ける。不思議なもので記録するようになるともういやだと思ってもノルマのようである
回数までやらないと消化不良になり気持ちが晴れない。そんなふうにやり始めた。10発31日210回11月15日400回 この頃から暗譜となり間違いが
ややすくなる。楽譜を見ないと何か余裕が出来たような。時々、自分の演奏に良い気持ちになる。11月21日500回を超える。
あれなにか上手くいかない、壁にぶつかった!!
  たかが回数 されど回数                                                   2010/11/16
 楽器の練習をする時、何回も同じ曲を練習する、けれどただのんべんだらりと弾いていても駄目だよ、とか考えて、真剣にやらなきゃ意味ない
よとか先生のアドバイスや模範演奏を聞くとかしなきゃだめとかいろいろ言われる。
でも本当にただ何回も弾いていると効果はないのだろうか。無駄な努力だろうか。
友人に聞いて見た。友人はコンサートやコンクールにチャレンジするときは****回練習すると言う。私の問いに対してにこりと笑って
「たかが回数、されど回数かな」というそして幾つか体験談を話してくれた。
いちど試してみるかな、***回やって効果があるかどうか。一つの実験だ!!
  ハマっています独奏曲                                                   2010/10/17
 歌の伴奏に振り回されているこの頃ですが珍しく独奏曲にハマっています。
伴 典哉先生の編曲「荒城の月変奏曲」ですが4ページほどの楽譜で、各ページごとに曲想が違う変化のある荒城の月になっています。
いま重点練習をしているところ(できてないところ)はメロデイ音と付属音がつながっているところでいかにメロディを生かせる演奏ができるか
そして16音符がつながってしかも早く弾くところをどう弾き切れるか。また美しいメロディ部分をどのようにきれいに表現するかなどです。
連譜のところはなかな上手く行きません。指のかたち、腕の形などいろいろやってみて上手くいったりもとにもどったりと試行錯誤です。
 でもいろいろやって見るのが良いのかも、先生にこうやりなさいといわれその通りにするのが早道かもしれないが。
今しばらく、いや当分上手く弾けないかもしれないけど、いつか弾けると信じて楽しんでいます。
  グループホームでの歌伴奏                                                 2010/09/19
 先週の特養に続いて今度は「グループホーム」に出かけて来ました。相模原市の橋本に近いところで
友人のグループが踊りと歌でボランテアに行くとのことでその歌伴奏のヘルプでした。
「りんごの歌」、「青い山脈」、「故郷」そしてリクエストで「あざみの歌」をやりました。
今まで訪問したところとは雰囲気が違っていい経験になりました。友人グループは沖縄のおどり、
民謡の踊り、玉すだれなどやっていました。

行ったところは「アガペーの泉」 http://agape.sagamich.net/
 形は違うけれど2週連続の施設訪問となりました、今まで経験したことの無い出来ごとですね。来月も一つ障害者施設のイベントの中の
一コマの依頼がありますが、あまり力が無いのに出かけるのもどうかと考え中です。
  特養ホームの敬老会                                                    2010/09/12        
 市内にある特養(特別養護老人ホーム)の敬老の会に行って来ました。お楽しみ会で音楽をやってほしいとのこと
でした。特養のイメージが描けずあれこれ考えました。以前ホームヘルパー講習で特養に行った時は最悪でした。
こんななかで生活しているのかと現実を見てショックでしたね、区立なのに
今回の処は私立でしたが今は民営化されています。
 ディサービスでやっているような形でアコ伴奏で歌リードの方がいてみんなに一緒に歌って貰うスタイルでした、
全部で11曲、それなりに楽しいで頂けたのではと思います。職員の方や家族の方も含め40人程の集まり、
いつもより音量を大きくして賑やかにやってきました(^−^)、
 始めての処は緊張しますね。伴奏は「誰か故郷を想わざる」は前奏がさんざんだった、随分練習したのに悔しいです(涙)

  (続)コンドルは飛んでゆく/愛の賛歌                                     2010/08/29
 コンドルは飛んでゆくは大分形になってきました(^−^)。後は繰り返し弾いてみる事だと思います。
愛の賛歌はなかなか秋のある曲ですね、右手左手ともに今までとは違った動きをしなければならずパズルを解いてゆくみたいです。
特に左手のコードの動きが面白いです。つっかえながらも最後までいけるようになりました。これも繰り返し弾いてみる事に尽きると思う。
今年になってのソロ曲は「荒城の月変奏曲」「コンドルは飛んでゆく」そして「愛の賛歌」です。年末までに完成したいですね。
  コンドルは飛んでゆく/愛の賛歌                                     2010/07/18
  独奏(ソロ)曲をやりたいと思い今取り組んでいる曲がコンドルは飛んでゆくと愛の賛歌です。
コンドルは飛んでゆくは導入部がいいですね、メロディの雄大な感じとコードソロの対比がいいです。曲に入ると中間部のテンポが
早くなるところがなかなかうまく弾けません、ベースが追kて行けないとか((^−^))練習です、それとシンコペーションの感じのところ
は右手左手どちらかがひっぱられてしまいます。曲の始めはゆっくりなのにどんどん速くなってしまいます、まだまだです。
愛の賛歌は難しい、短い曲、スローな曲だけどベースがいろんな動きをする、右手も重音でしかも一部の音が変化するとか
伴典哉先生編曲で変化に富んだ綺麗な曲になっているのだが演奏するには努力を要します。これもまだまだですと言うか取り組み
始めたばかりの段階です。今年中の完成目標です。
  青梅ふれあい音楽祭                                               2010/07/04
 青梅市で毎年この季節(6〜7月)に開かれている青梅ふれあい音楽祭に参加してきました。この企画は青梅市の音楽団体が一堂に集まり
発表し合うもので今回で19回と記載されていました。
参加団体は10団体、エレキ系 和太鼓、歌謡曲、楽器など様々なジャンルからの参加だった。
我々は合奏曲を3曲、持ち時間は13分なのであっと言う間の演奏だった。参加者も減って6名となった。今一つ達成感を感じえない一日だった。
しかし、このようなイベントを継続させていく事は重要な事かもしれない。
 先週末から3つのアコーディオンの出番があり、いささか疲れた。ちょっと一休みしたいけど今日また月末の「うたごえひろば」のプログラムが届けられた。
一休みはそのあとになりそうです。
  ふれあい福祉まつりのミニステージ                                         2010/06/22
   第31回日野市民福祉まつりが6月6日(日)日野中央公園にて開催され市内の福祉関係の施設、団体(47団体)を始め沢山の方が
参加されました。その一つ、ボランティア登録のミニステージがあり8つの団体の各20分間の発表がありました
我らのグループ「音楽ひろば」も午後1時からの部でステージ演奏しました。屋外の舞台で観客の数も未知数での参加で何もかも初体験
でしたが何とかやったと言う感じです。反省点は数々ですね。まずは新しいことへのチャレンジということか。8曲程演奏しました。
参加者6名でした。
  よく知らない歌の伴奏                                                2010/06/05
  ディサービスで歌の伴奏始めて今まで聞いた事のない歌、歌った事のない歌のリクエストに直面することがある。
年代が違うこともあり当たり前といえばそうだが、昭和の初め頃、戦争を挟んでの前後のころのものはデイサービス利用者さんの
若いころの歌でもある。
 楽譜との関係では知っているメロディで譜面を追って行くと私のレベルでは理解しやすいが譜面だけで歌、曲想を理解するのは
骨が折れる。
次回では「湯島の白梅」「旅姿三人男」「赤城の子守唄」などがリクエストされた。時間はあまりありません(汗)
 でもこれはいい勉強の課題かもしれない。楽譜を読む力やメロディと歌詞で曲想をイメージして行くのは大変だけど大事な事と思う。
今までは音符を追って行くことに精一杯だったし今もそうだけれど演奏で歌の雰囲気、イメージを出せないと機械と同じだ。
機械以下のレベルかなレベルアップは大変だけれど知らない歌の伴奏で練習して行きたい。
  うたごえひろば&浅川苑記念式典                                      2010/06/01
 先週土曜日に5月の「うたごえひろば」がありました。今回も沢山の人が来てくれて盛況でした、それに応えるべくアコーディオン伴奏
はと言うと今回はいつも以上に練習はしたと思うけれど相変わらずミスはあったし曲想を出していたかと言うと譜面を追うのがせい一杯
で余裕がなかったり他の楽器、歌とチグハグだったりと相変わらずだったかな、牛歩の歩みです。
 浅川苑は記念式典の後の余興だったので緊張した。うたごえやデイサービスとは違う雰囲気に戸惑った。
けれどコーラスの人や進行役、他楽器の人の協力で何とか終えられた。
後日、施設から良かったですとのお礼の電話を頂きほっとしているところです。何事も経験と努力の蓄積だと思う。
今度の日曜日のイベントと3つの事が終える、そのあとは一休みしたいなあ。
  来週から幾つかの演奏シーン                                         2010/05/21
 来週末から幾つか演奏の機会があります。29日は月1度の「うたごえひろば」、今回はいつも一緒に演奏して呉れているキーボード
の方がお休みで大いに不安です。いつもいてくれるのでそんなに感じなかったけど段々不安が募ってきます。
30日は市内の特別養護老人ホームの20周年式典のあとの余興でこんなのは始めてです。うたごえお姉さんとのコラボでこれまた
未知数です。そして1週間後は市役所前公園で開かれる市民ふれあい福祉まつりでのミニ出演、これも初体験で不安一杯と言う
ところです。やっちゃえ!の気持ちと不安が入り混じる現在の心境です。
今回はそれらの練習をやることしました。いまさらという感もあるのですが、何事も前向きにですね(^−^)。 
また一つありましたがこちらはお断りしました(^−^)。
  重奏・小編成の楽しみ                                              2010/04/29
 アコーデォン演奏の楽しみ方はいろいろある。独奏、一人で演奏する 歌伴奏、歌に合わせて演奏する 合奏、多人数で演奏する
オーケストラ形式。人数によって場面によっていろんな楽しみ方がある。
以前のことを振り返って見て最近、重奏、小編成(3人位)での演奏が無いことに気が付いた。重奏小編成は、お互いの音を聞きながら
息吹を感じながら一つの曲を作り上げていく。パリのお嬢さん、スケータワルツ、ララのテーマなどを思い出しながら緊張と一つになった
喜びが懐かしく感じられる。
初めての経験はスケータワルツです、その時の緊張感は今でも忘れられない。
 いまはその環境がないのは残念である、気心のしれた人、気持ちを共有できる人ととまたやれればいいなと思う。
  不安がいっぱい                                                 2010/04/20
 いつもこの頃になると不安がいっぱいの気持ちになります。今週末に月1度のうたごえ喫茶、来週初めのディサービス訪問と
2つのイベントが続きます。アコーディオン伴奏をするのですが今回は演奏予定曲が67曲にもなります。すべて歌われるのでは無い
のですがあらかじめ準備はしておかなければなりません。
 その中では初めてのもの、難しいもの、苦手なものがありそれなりに練習はするのですがなかなかマスターするまでにはなりません。
つっかえたらどうしょう、出来なかったとつい悪い方に考えてしまします。プロじゃないから出来るだけやればいいやと言う気持ちには
なりません。ああ実力もないのに引き受けなければ良かったとまで考える事があります。苦悩の1週間です(^−^)。
  楽器あそび、あれこれと                                          2010/03/08
 アコーディオンの楽譜がやまずみになっていた(今もです)。整理と何かいい曲無いかとガサガサとやって見たら懐かしい曲が沢山
ありました、試しに弾いて見ると、いいですね。
 以前夢中になったもの、途中で挫折したもの、友人デュオ、トリオを楽しんだものとそれぞれに思い出があります。
以前挫したものを弾いて見ました。あれ今度は弾けるかも、やって見ようか、、、と。
そんなこんなでピックアップしました。ドナウ河の漣、パリの空の下セーヌは流れる、スケーターワルツ、ゴッドファーザー組曲、そして
今、練習しているハンガリアンダンス5番、荒城の月変奏曲とソロ曲が揃いました(^−^)。あれこれと楽譜(曲)を変えての楽器あそび
です。しばらくこれで行きましょう。歌の伴奏曲も含めて曲のオンパレード、
楽器に触っている時間を長くしよう。あまり上達はしないかな。
  努力はしているけれどまだまだ                                          2010/03/01
 先週はアコーディオン週間だった。月曜日 ディサービスでの歌の集い、土曜日、うたごえ喫茶 そして集中練習で練習室を借りて
3時間弾き続けの練習。指、腕が痛くなる。
アコーディオン三昧と言う1週間だったが本番となるとミスがでて嫌になる。椅子の高さ、雰囲気いや覚えきっていないと言うことだう。
なかなか思うどおりにはいかない。デイサービスでは21曲、うたごえでは30曲近く。ふっと気持ちが途切れることや自信が無くなる
事がある。そこを何とか取り繕うことが出来ない。今ひとつの壁に当たっているのかもしれない。
 年齢、体力気力の衰えといいことは無い現状だけど乗り越えたいなあ
  練習しないとすぐわかる?                                          2010/02/06 
 体調不良だったり、用事が出来たり、旅行に出かけたりと10日あまりアコーディオンに触れる機会がなかった。
久しぶりに楽器を持ち、弾き始めると、あれ!様子が違う 指の動きがおかしい、この前は何でもなく弾けたのがつっかえてしまう。
こんなはずじゃないと焦ってしまった。
 以前聞いた「1日練習しないと自分で分かり、3日練習しないと聞き手にわかる」と言う風な言葉を思い出した。
楽器演奏は毎日の積み重ねだと改めて思った、大変なものを趣味にしてしまったなあとも思った(^−^)。
今日からまたスタートです。一日1時間を課題として。
  今年の課題 歌の伴奏                                              2010/01/25
 1月23日に今年最初の「うたごえひろば(喫茶)」が開かれました。歌ったうたは30曲近くです、アコ、キーボード、ハーモニカでの
伴奏です。決められたうたはいいですがリクエストに応える形の後半はかなり大変です。そしてこれからは歌集からとのようです。
歌集には305曲あります。これらの中からのリクエストはすなわち305曲弾けるようにしておくということです。
今年の課題です。今年の夏ころまでに弾けるようにすることが目標に となります。きついですね((^−^))
  荒城の月変奏曲など                                              2010/01/10
 2010年が始まりました。お正月はちょっとお休みしてまたアコーディオンのスタートです。
とりあえずコンサートやうたごえが近くにないので楽器遊びです。気になった曲を見つけてはその触りを弾いています。
「アムール河」「荒城の月変奏曲」ハンガリアン舞曲5番」などです。それぞれ弾けるところだけなどで遊んでいます。
なかで「荒城の月変奏曲」の終わりの当たりにハマってしまいました細かな指使いの早いところで最初はまったく歯が立たなかったの
ですがすこしづつ良くなってくると面白いですね、同じところを何回も何回も何日もやっています。一番楽しい時かも知れません。
  ’09年のアコーディオン                                              2009/12/29
 ’09年の私のアコーディオンはどうだっただろうか、仕事が3月まで週4日ほど、4月〜9月は講習に週5日、10月から仕事
週2日となり10月から練習時間がとれるようになった。うたごえの伴奏10回デイサービス4回+1回、演奏会2回、中国関係で
7回などが出かけての演奏。独奏曲を1曲取り組む、演奏会で発表。歌伴曲はどれほど進歩したかはわからないが相変わらず
あたふたしている。プレッシャーに弱いなあ
 でも以前に比べ人の前で演奏する機会が多くなった。それに技術、練習が追いついていない。練習の仕方もすこし工夫が必要
かも知れない。どのように工夫すればいいのかはわからいが(^−^)。
  アコーディオン三昧の2日                                             2009/12/01
 この土曜日、日曜日はアコーディオンの2日感でした。土曜日は市内での「うたごえ喫茶」の
歌伴奏、夜は施設練習室を借りての翌日のためのアコーディオン練習。日曜日は午前中から午後の
アココンサートの練習そして午後1時半から本番 久しぶりにアコ三昧の2日間でした。
 成果はと言うとそれなりか、努力のかいもなくか微妙なところですね。
とにかく終わったと言う感じです。
2つのイベントに来てくれた方ありがとうございました。また一緒に活動してくれた方お疲れさまでした。
これからも一緒によろしく(^−^)。少しの間アコはお休み?いや12月は5日と28日が残っていました。
それが終われば今年の御用納めですね、まだ先は長い!
 楽器の不具合                                               2009/11/15
 宮寺コンサートが近づいて来ました。それに向けての練習中ですが楽器の異変に気がつきました、ビクトリアクンですが高い方の音色
が変です、蛇腹を開く時と閉じる時と音色が違うような、またボタン切り替えで音色が変というような、チャンバのせいだけでは無い
ような感じです。それとこれは技術の問題だけど大型サイズなので楽器をコントロールしきれていないということ。
そんな訳で楽器を変えて弾き慣れてるブガリークンにしたらEの対位ボタンが押されたままになる時がある、これって怖いです。
演奏中にずっと鳴りっぱなしだから、これはいつ起きるかわからない。
そんな訳でどうしようか考え中です。時間もないし。ブガリークンは何回か修理に出したけどまたということです。
 宮寺陽だまりコンサート                                         2009/11/01
 昨年に引き続き宮寺サークルの陽だまりコンサートが11月29日に行われる。
独奏曲を全員1曲やることとなった。私は「ドミノ」をビクトリアアコーディオンで弾くことに決めた。
曲の選曲は少し難しいか1月から取り組んでいる曲であること、昨年と違って皆さん確実を狙っての選曲のようだので1人くらい挑戦
てきな実力以上の曲を選んでもいいかなと思ってのことです。また楽器にをビクトリアにしたのは
この楽器が長く、というより購入してから20年ほどもほとんど使われずしまわれていた、いい楽器なので日の目を見させてやりたい
と思ったから。そして私に使わせて暮れているKさんの好意に応えたいと思ったからです。
 きちんと演奏するにはかなりハードルは高いけど頑張って練習しています
  デイサービスへ7月/8月                                         2009/09/4
 7月/8月と書く各1度、福祉施設、ディサービスに出かけ、アコーディオン演奏と歌伴奏をしてきました。
アコーディオンを始めてこのようなことができるようになったのはとても良かったと思っています。つたない演奏ですがそれが役に
立つと言うことはうれしいですね。
 7月はアコーディオンサークルメンバー5人で狭山市の特養ホームで、入所者、デイサービス利用者50人程の集まりとなりました。
童謡、唱歌、タンゴなど1時間の演奏でした。初めての訪問でどんなように受け止めてくれたか。
 8月はしばらくお休みした立川のディサービス。ここちらは1ヵ月おきで3年目です。アコ1人歌4人で行きました。こちらも1時間で
途中に朗読を入れましたがこれもどう受け入れて呉れたか、職員さんは楽しかったと言って貰いましたが。
今度は10月26日です。
 
  今年も半分が過ぎました                                         2009/07/25
 7月も終わり近くになりました。今日のうたごえ広場(喫茶)の日。来月はお休みなので前半のを終えてと言う事が。
アコーディオンは少しは上達しただろうか、相変わらず同じところをうろうろしている状態のようです。外での演奏はうたごえの伴奏、
ふれあい音楽祭、ディサービスでの演奏、日中協会のイベントなど。
独奏曲は「ドミノ」に挑戦。完成には今少し練習が必要でしょう。当面の問題として11月末のコンサートの演奏曲をどうするか。
近日中に決めなけれはならない。そんなにレパートリーがないのであまりので選択の幅が狭いが。
 新しいアコーディオンを入手したのは良かったです。今までとは違った味わいのある音色でだんだんハマりそうです。購入予定が
財政難でしばらくお借りすることにしました。貸し手の方に喜んで貰えるようしっかり使って行きたいです。
 続、ビクトリアアコーディオン                                          2009/07/01
 ビクトリア<Jyun>が帰って来ました。修理と前調律です、費用は4万円です。思いがけない出費ですが折角のアコ、いい状態で
弾いてみたいの思いです。カビとほこりで酷かったそうです。
 中をあけて貰いましたがきれいです。旧製品はいい材料を使っているそうです。チャンバを始めて見ました。MとLが各1つです。
まろやかな音がですとどこかのホームページに出ていました。こもったような感じでした。
自宅で弾いてみました。今使っているブガリーと違っているのに驚きました。これが「ビクトリアの音」、慣れるまで時間がかかりそう。
音量が大きいです。大型の楽器からでしょうか。
 十分音を出して弾くと良さがわかるでしょう、ただ自宅では無理ですね。
重さは思ったより抵抗なしです。鍵盤の幅が少し広いので弾きやすいかも、とにかく慣れですね。大切にします。
 ビクトリアアコーディオン                                             2009/06/01
 新しいアコーディオンを受け取りました。友人が使わないので譲ると言うことで入手です。随分使っていないようです。
メーカー名「ビクトリア」型名は<ビルトーゾ>ハイクォリティの楽器です。<jyun>ジュンくんと命名しました(^−^)。
弾いてみると左のベースボタンの音色が変わりません。スイッチが押せないです。また音色、音が少し変です。ビクトリアさんに
持って行ったら要修理ということで置いてきました。修理代がかかるなあ、お金が無いなあの心境です。
 次の日曜日に取りに行きます。楽しみです。
  新しいパートナー                                                2009/05/11
 新しいパートナーとの出会いとなった。来週水曜日対面、思いもかけない出会いとなった。どのような感じかドキドキする。
新しいアコーディオンのことである。高級、音色抜群とのこと。使いこなせるかそちらの方が心配だ!
でも一度は弾いてみたいと思っていた。<Jyun>と名前を付けようかな。とにかく来週です。
  歌集の収録曲                                                  2009/04/05
 うたごえ喫茶のために作った歌集の収録曲が306曲あります。楽譜を少しづつ集数して全曲あつまりました。
コードや前奏、間奏などまだまだのところもありますが。揃えたことはすごいですね(^^)。
 さて楽譜があるから弾けるというものではありません。題名だけしか知らないものもあり一応弾いてみることにしました。大変です。
苦手とするところも残っていて、でもリクエストが来ると知らない、苦手だけでは済まないし。今からひとつづつ確かめながら練習して
見るつもりです。前回のうたごえで「マイウエイ」がでて焦ってしまいました。当面の課題です。
  続ドミノ                                                      2009/04/03
  今年の課題曲「ドミノ」です。初めてから大分(3か月)経ちました。一応最後まで弾くようになりましたがとぎれとぎれです。
各フレーズはそれぞれ味があり、手ごわいですね。一部暗譜のところもありますがこれからです。この曲はほぼ暗譜しなければ
いけないようです。少しずつ前進のところ、一応の完成は8月か、それまで根気よくやれるか、他に目移りがしなければいいですが。
 12月に来サーとがあります。この「ドミノ」で行くか一歩後退した曲で行くか、どうでしょうか。
  うたごえ喫茶の歌伴2年                                            2009/03/07
 公民館の高齢者企画として「うたごえ喫茶」が始まったのは2年前の2月でした。寄せ集めのスタッフでスタート、私もこのような歌の
伴奏は初めてでしたのでどうなるかとハラハラしたスタートでした。思った通り、いろんな場面で戸惑い、トラブルがありのスタートで
この先出来るかと真剣に考えました。が会を重ねるごとに徐々に修正メンバーの気心もしれいい方向に回転して行きました。
伴奏は曲を覚えるのに苦労しましたね。毎回50曲くらい用意するのですが沢山やるのは大変ですね(^^)。
あれから2年になりました。2月の会はスタッフ含めて70人を超える集まりとなりました。皆さんに失望されずによかったです。
伴奏も大分余裕が出てきたように思います。
楽しかったよ、次回を楽しみにしていますなど参加者からの声を聞くととても励みになります。練習しなくちゃ!
  ドミノに挑戦                           2009/02/19
 独奏曲をやりたいと楽譜を探していたのですが「ドミノ」に決めました。シャンソンらしいです。堀部先生の編曲。谷口楽器で楽譜を
入手しました。難しそうです。1月中旬スタートです。半年を目途に、
8月頃に曲になれればと思っています。
曲の始めの方はいいメロディです、気に入りました。真ん中あたり重音は手ごわい、後半のアルペジオのようなところは暗記する
しかないかな。とにかく弾き応えのある曲です。
スタートしてほぼ1ヵ月たちました。練習量がたりないですね、がんばらなくちゃ!
 アコーディオンの日                           2009/01/14
 アコーディオンのBのベースボタンが押しっぱなし(音が出っぱなし)のトラブルが頻繁に起こるようになりました。買った最初から
なんですが最近、特に寒くなってからひどです。以前コンサートのソロ演奏の時なってパニックになりました。
新大久保の音楽センターに修理に運びました。担いでです。ずっと昔、アコ教室に通ったところですが町並みが変わりましたね、
まるでコリアタウン、ハング文字、韓国人の町の様相です。
修理は分解掃除が主のようでした。
胸当ての座布団のようなものも新調して修理費と合わせて1.5万円でした。
 音楽センターのあとはお茶の水の谷口楽器へ
アコーディオンの楽譜を求めて行きました。独奏曲集2,400円でした。ここへもアコーディオンを担いでです。
10.5キロのが楽器を持っての一日、疲れました。
  今年のアコーディオン!                           2009/01/01
  2009年になりました、早いですねどんどん日は過ぎて行きます。
今年はどんな目標というほど大げさではないけれどアコーディオンと向き合って行こうか。
昨年は演奏の場としては
 毎月1回の高齢者を主としたうたごえ喫茶
 2ヶ月に1回のディサービスの歌の集い
 サークルとしての参加した1回のイベント参加とサークルのコンサート
今年もこんな感じか、もしかしたらディサービスはお休みかも
昨年は独奏曲としていくつか手がけたがものにならず「満洲の丘に立ちて」のみとなった。
今年は独奏曲を2曲以上やりたい。そして歌伴奏の幅を広げたいと思う。
あれこれ手を出しても中途半端になりそうなのでできることを見極めてやって行きたいと思います。
  独奏曲はむづかしい!                           2008/12/14
  12月7日(日)宮寺アコーディオンサークルのコンサートが行われたくさんの方が聞きに来てくれました。
その演奏プログラムの中でサークル員がそれぞれ弾く独奏のコーナーがあり各人、緊張のなか演奏した。
私も「満洲の丘に立ちて」を演奏したが一曲、最初から最初から最後までうまく弾くのは難しいですね。
 始めは順調にスタートしたが小さなつまずきがありそれを気にして曲がスムーズに行かなくなり最後のところは
今まであまり間違えることがなかったのにミスってしまった。
 気持で聞く人に負けてしまっているのですね。聞いて聞いて!ではなく聞かれている そんな感じでしょう
場数を踏めばよくなるのか、それとも何かあるのかわからない。
今回は暗譜するまで練習した けれど、、、、、、、
まだまだ満足できるまでは道が遠いです。

 伴奏なんて誰も聞いていないよ!                          2008/11/08
  友人との話のなかで彼女から言われた言葉です。
昨年からうたごえ喫茶の伴奏初めてはじめての体験で四苦八苦、悪戦苦闘している私です。試行錯誤の中から演奏の
仕方を体験から工夫して少しづつ会得している現状、自分でもプレッシャー対策として自分で思っているほど
歌い手は伴奏を聞いていないと思うことにしているのですが別の人から言われるとショックですね。
伴奏とはその程度のものか思うと残念です。彼女は最近クラシックにのめり込んでいるとのこと。クラシックの
演奏に比べれば歌伴奏それも童謡唱歌など低レベルのものと思っているのかも知れませんね。
 今月もうたごえ喫茶がありまた来月にはディサービスにも行きます。
歌伴奏をやるようになって少しずつですが変わったなと思うことがあります、ただ楽譜をそのまま演奏するから
いろいろ考えるようになしました。コードのこと、曲想、楽譜とは違う演奏など。しばらくは
苦闘が続きそうです。だれも聞いていないかも知れませんが
 当面の目標                                  2008/11/03
  11月になりました。今年もあと2か月、私のアコーディオンはイベント参加は3つです。
11月22日(土) 公民館のうたごえ喫茶
12月07日(日) 宮寺アコーディオンサークルコンサート
12月22日(月) ディサービスでの歌の集い

  アココンサートは久しぶりです。独奏曲、合奏、歌の伴奏と曲数が盛りだくさんです。時間を作り練習しなければと思う。
去年、今年とどんな成果があっただろうかと考える。当面の目標をやりながらいろいろ考えて見たいです。
 今月末のアコーディオン                            2008/10/20
10月の後半に3つのイベントがあり参加します。
10月25日(土)公民館のうたごえひろば
10月27日(月)ディサービスでのアコーディオンと歌う集い
10月31日(金)小学校で童謡を歌って(覚えて)貰う集い
なかなか大変ですね(^^)。つくづく腕が演奏力が伴っていないなと感じます
怖いと思うときがあります。まあ、誘ってくれるうちが花だ思おうとしているのですが
イベントが近づくとプレッシャーを感じます。
 宮寺アコーディオンサークルは                                            2008/09/20
  しばらく停滞気味でしたが休会していた人も復帰してまた動き出しました。
12月にミニコンサートをやることが決まりました。一昨年と同じような内容とのことです。曲の選定をほぼ終え練習が始まりました。
新合奏曲は「奥様お手をどうぞ」タンゴの曲です。
各人1曲の独奏曲。私は「満洲の丘に立ちて」になりそうです。
 青梅ふれあい音楽祭など                                            2008/08/10
  今年も青梅市民会館での音楽祭に参加参加しました。
私たちのサークルは講師を含め6人で参加、演奏曲は下記の通り
 浜辺の歌、みかんの花咲く丘、おおスザンナ、赤い河の流れ、庭の千草

私にとっては久し振りの舞台での合奏でした。何人かで行う合奏は久しぶりです。結構楽しみながらやれたように思います。
暑さにはまいりましたが。
 しばらく歌の伴奏の練習をしましたが、ここで合奏やらソロ曲などを弾いている時間が多くなっているように思います。
独奏曲は「満洲の丘に立ちて」「ボルプタ」「ラ・クンパルシータ」「あなたに会えて」など思いつくままです。一つの曲を集中てきに
やらなければいけないのですがどれをやるか決められずです。しばらくこんな状態ですね
 アコーディオンコンサート 3つ                                            2008/07/15
 最近では珍しくアコーディオンコンサートが3つの私の前に現れました(^^)。
まずは柴崎和圭アコーディオン・リサイタル。美喜美江さんの門下生でドイツ留学、各種コンクールで優勝/入賞と
すごい人のよう。クラシックアコーディオン。会場は座れぬ人も出る盛況でした。演奏は素晴らしい。我々とは
全く別世界ですね。でもかけ離れ過ぎてよく理解できなかったです。夏の印象という短編シリーズは全く理解できず
でした。レベル差ですね。欲を言えば私にも感動できる曲が欲しかった。
 銀の翼コンサート。 
私の友人が出演するので楽しみでした。彼女が一人で舞台にでて弾き始める時は私も緊張しました。「演奏をたの
しもうと思った」と後で聞きましたが緊張していたように思うのですがどうだったか。
いい演奏でした。皆さんでいろんな曲を演奏されましたが私的にはオープニング曲が一番好きでした。
 一番行きたかった聞きたかったのは「かとうかなこ」さんのコンサートでしたが雪違いというかなんというか
行けなかったです。前から楽しみにしていたのに残念です。  
 あせっています                                                      2008/06/14
 修理にだしていたアコーディオンが帰ってきました。ベースボタンの構造の部分に塵がたまり動かなくなったとの
こと。たまには掃除しなさいと言われてしまいました。そう言われれば蓋をあけて掃除したことなど一度もありませんでした。
そんなわけで1週間ほど練習できませんでした。そのあと友人からアコを借りてきました。ジュリエッティの素敵な音色です。少し小型で
いい感じです。この楽器欲しいなとも考えました。
それはさておき23日のディサービスと28日のうたごえが近付いてきました。20曲と50曲の演奏予定の曲目が送られてきました。
初めての歌もありあせっています。やはり初めてのは時間をとって練習しないと。仕事の日数も増えて時間もなかなかとれません。
ややあせっています。
 アコーディオンが故障                                                   2008/06/05
私のアコーディオンのトラブルです。今日練習していると突然音かなり続けるではありませんか、鍵盤、
ベースボタンを押してもいないのに。
よく見るとベースボタンが押された状態になっています。上から押しても戻りません。こりゃだめだ、
でもアコーディオンがなくては困ります。今月末にはうたごえやディサービスがあるし。
とりあえず修理ですね。アコの病院行きです。代替えがないからしばらく練習も中止です。
 STYLE MUSETTE                                                     2008/05/24
 スタイルミュゼットを練習しています。大変な曲ですね。初めて1ヶ月が過ぎました。
ゆっくりで立ち止まりながら最後まで何とか行っていますがもちろんスローです。ベースの音も位置の確認、指使いはいくつかの形を
やってみていいのを選んでいるところです。でもいい曲ですね。これから1か月 どこまで到達するか楽しみです。
 STYLE MUSETTE                                                     2008/04/19
  昨年、岡山のピエールマリ子さんから頂いたスタイルミュゼットの楽譜、忙しかったこともあるがレベルが高いと躊躇していたが
5月連休に入り勇気を出して初めてみた。当面は(ずっとかもしれない)皆さんの演奏の半分くらいの速さを目途にやることとした。
とてもあんなに早くは弾けないと思う。ベースの方も結構離れたコードやベースソロもあるがこれも練習と思ってやることとした。
 連休は旅行の予定もないのでそれなりの時間がとれた。
スロースローでつっかえながらの練習、でも少しづつ曲のような感じになっているような気がする。
今年末を目標に「スローなスタイルミュゼット」を完成させたい。 
 入間アコサークル                                                     2008/04/19
  久しぶりに入間アコーディオンサークルに行きました。何年振りだろうか、懐かしい顔顔顔です。しばらくお休みした人、
元気に頑張っている人など色々あった様です。中山先生もお元気のようでした。
合奏をしました。何年ぶりかです。
生活も落ち着き時間も取れそうなので しばらく一緒にやっていこうと思いました。自宅から1時間弱かかるのが難点ですが近くに
参加できるアコーディオンサークルもないのでそれは我慢とします。7月に出演するイベントがあるとのこと当面の目標です。 
   新しい歌、難しい!                                                    2008/03/30
 うたごえ喫茶が始まって1年が過ぎました。演奏曲もだいぶん増え苦労しているところですが新しい楽譜を40数曲貰いました。
今までのが176曲で比較的知られている歌から選曲してきたから今回はそれにもれていた歌たちです。私にとってあまりなじみ
のないものもあり、また弾いて見ると何かイメージの違うものもあり戸惑っています。次回のうたごえまでに何とか、何とかという
レベルでもいいからものにしなければなりません。練習あるのみですね(^^)
 もう3月半ば                                                    2008/03/11
 もう3月も半ばです。時の速さを感じます。今年のアコーディオン。2月のうたごえひろば、2月の至誠ディサービスの歌の集い、
3月9日のボランティア交流会の演奏と今までいくつかやりました。時間を作って歌の伴奏などの練習をしています。
念願のソロ曲は停滞です。生活のリズムがきまらないので計画的にといかなかないが現状です。そんなこと行っているとすぐ年末に
なってしまいそうなので4月からを目標に体制を整えたいです。今月は22日のうたごえがあります。
 07年の締めくくり                                                    2008/01/01
 2007年の締めくくりはのうたごえ喫茶とボランティグループ「こすもす」のボランティア演奏でした。どちらとも楽しい雰囲気で良かった
です。07年は老人ホームの歌の集いから始まり公民館のうたごえ喫茶、ディホームでの歌の集いの歌伴奏、健康フェア、高齢者の
福祉芸能大会、そして「コスモス」とたくさんの場面でアコーディオンを弾く機会に恵まれた。アクシデントの左腕の痛みに悩まされたが
何とかやって行けた。ひとえにいい友人の協力を得て助けられてやって行けたなあ思う。
 全体に歌の伴奏が主だった。08年度はソロ曲をいくつかものにして行きたいです
 07年の締めくくり                                                    2008/01/01
 2007年の締めくくりはのうたごえ喫茶とボランティグループ「こすもす」のボランティア演奏でした。どちらとも楽しい雰囲気で良かった
です。07年は老人ホームの歌の集いから始まり公民館のうたごえ喫茶、ディホームでの歌の集いの歌伴奏、健康フェア、高齢者の
福祉芸能大会、そして「コスモス」とたくさんの場面でアコーディオンを弾く機会に恵まれた。アクシデントの左腕の痛みに悩まされたが
何とかやって行けた。ひとえにいい友人の協力を得て助けられてやって行けたなあ思う。
 全体に歌の伴奏が主だった。08年度はソロ曲をいくつかものにして行きたいです
 リクエストに応えられない曲                                      2007/10/30

 ディホームでの歌の集いにこんな歌を歌いたいとのリストが届けられた。
その中で民謡の「花笠踊り」とフォークソング系の「青葉城恋歌」ができなかった。花笠踊りは歌そのものをあまり知らなかったのと歌
以外の合いの手の部分がわからない、楽譜がないで処置なし。青葉城恋歌も歌をきちんとわかっていないのでリズムが上手くとれな
いで結局間に合わなかった。次回までに次回歌わなくても何とかしたいと思う。
まず民謡のちゃんとした楽譜。これはどうして入手すればいいのだろう。近くの楽器やさんに行ったが無かった。これは書籍だろうか
本とすれば紀伊国屋書店など大きいところにありそうだが どうだろう
ネットで探してみたが見つからない。
一方青葉城恋歌は歌を十分に聞いてそして何回も練習するよりほかに無いか。
 リクエストに応えるということは自分の得意なものばかりでは無いので大変だけどこれをこなしてゆく事が大事かもしれない。
 ディホームでの歌の集い                                        2007/10/22

近くにあるディホームの歌の集いに行って来ました。2ヶ月に一度、アコーディオンといっしょに歌おうと言う趣旨でボランテァセンター
の紹介で始めたもので今回で3回目になります。
ディホーム利用者30人程と職員の方が集会室に集まって呉れました。
今回の我がメンバーはアコーディオンの私と歌指導2名、歌進行のTさんは今日始めての顔合わせ、Iさんは私の古き友人ですが
このようなボランティアは初めてということでどうなるかと思っていましたがTさん素敵なうたごえと進行でとても楽しい集いになりました。
 私のアコーディオンはもう少しレベルアップが必要ですが楽しそうに大きな声で歌ってくれ、また、良かった、楽しかった
、また来て下さい。と声をかけられたりして嬉しかったです(^^)練習の励みになります。
今年になって始めたこの企画は人の前で演奏する機会ができとても勉強になります。今回のように伴奏一人では他の人は頼れま
せんのでまさに自分だけが頼りです。練習しなくちゃといつも終わったあと思います。
 苦手な曲                                                     2007/06/15
 歌の伴奏、伴奏に限らないのですが苦手な曲があります。山小屋の灯、あこがれのハワイ航路、南国土佐を後にしてなど。
前奏が難しい、拍子が取れない、歌ったことないなどいくつか理由がありますがこれが歌う曲に入ってしまうと大変です。
6月の曲に入ってしまいました。いまあたふたしています。もともと音感が悪いのだと自己嫌悪に陥ってしまったり。だれかお助けマンに
なってくれないかなとか弱気になったりしています。
 少しずつ練習するしかないな。何かを始めると困難もついてくるのですね。明日はお休み日、愛車の練習室で一日過ごすか。
 うたごえ喫茶                                                    2007/06/04
 市の公民館の関係でうたごえ喫茶を行う話が昨年後半にありました。ほとんど経験のない人たちが集まり2月から月1回第4土曜日
スタート。5月で4回を数えます。アコーディオン伴奏を担当しましたが。ハラハラどきどきですね。なかなか思うようには行かないものです
まず、曲をこなさなければいけない。1回で20数曲歌います。毎回内容が少しずつ変わります。楽譜を揃える。リードしている人に合わせる、歌う人にあわせる。伴奏陣であわせる。なかなか大変です。
それなりに練習しなければいけないです。時間と練習場所が取れないののが悩みです
とにかく1年続けたいですね。
 あまり弾いていません                                                       2007/3/13
 アコーディオンのページの更新をほとんどしていないことに気がつきました。楽器を弾くのも少なくなっているように思います。
他にやることが多くなり時間が取れない、それに伴い関心が薄れていることでしょう。
うたごえ喫茶が始まったのですがその対応に苦慮しています。初めの約束と違って歌集からのリクエストの形になってしまったため対応
しきれない、歌リーダー、歌い手と伴奏との関係。
伴奏の仕方も難しいですね。メロディを弾くのじゃないよという人もいますが。さてどうしたものか
まずは楽譜集めからと思って本から探してコピーし伴奏集を作っていますがこれもまた大変、歌いやすい高さ(コード)も考える
他の伴奏者との確認を肝心ですし なにから手を付けていいやら
 信頼関係                                                              2007/01/09
 昨年2つの音楽教室に通った。ひとつは朝日カルチャーのアコ講座、もう一つ大人のためのはピアノ教室。
自分のことを棚にあげてと思うのですが講師としてどうかと思うことがあった。
 まずアコ教室、練習日に勇んで出かけたところ教室の近くでカルチャーセンターの責任者のような人が立っている。私の姿を見て近づき
今日は先生がお休みです。今日のことを忘れていたとのこと。「なにそれ!) 生徒がずる休みすことはあっても先生が教室(生徒)を忘れる
まさに信じられない。I先生は前日自分のライブがあったのでそのことに夢中だったのだろう。まさに講師失格ですね。
 そしてピアノ教室、おとなのためのと言うこと遊び半分ということか。あまり真剣でないということははじめから察知できたが、
私の課題曲(練習している曲)はもう3ヶ月近くになる。その日の練習も終わりになるころ。「先生、弾いて貰えませんか」というと驚いたよう
楽譜がないなどいいやっと弾いてくれたのですが結構間違いが多かった。初心者の曲なのでプロの演奏を期待したのですが
初見だとのこと。「えっ 生徒がやってる曲 全然弾いたことないの」 とその程度にしか考えていないのかとがっかりした。
少なくも一度くらい弾いて、ここが難しそうだとか、ここはこうすればいいとか実感してもいいのではないか、所詮おとなの、、、位にしか
思っていないのでしょうね。信頼関係はこんなところで生まれたりこわれたりするのでしょう
 ボランテアグループのクリスマス会                                     2006/12/27
 市内の障害者のボランテァグループのクリスマス会に出かけてきました。障害のある方とその家族を応援する人たち、そんなグループの
クリスマス会に演奏の依頼がありました。私たち4人のバンド(?) クリスマスソングな9曲 30分程の演奏でした。
会の人たちの手作りのケーキ、スープ、サンドイッチなどみんなで食べて 簡単なゲーム、プレゼント交換もあり楽しいひと時でした。
こちらが楽しませて貰ったという感じでした。
 今日、会の方からお礼の手紙を頂きました。喜んで貰ったようで嬉しい限りです。アコーディオンを続けていて良かったと思う。
そしてボランテァグループの皆さんの活動がよりいい方向に進めたらと思います。
 福祉施設で(その2)                                                           2006/11/6
 高齢者福祉施設に出かけるのは3回目です。今日は施設で風邪が流行っているということでホールから休憩室に場所が変更参加者も
20人位でしたがアットホーム的で良かったです。いつものように童謡唱歌から始まりなつかしの歌謡曲も交えての歌う会でした。3回目となると
雰囲気にも少しなれまた楽譜もそろえつつあるので対応しやすくなってきました。
 今回はロシア民謡を2曲弾きました(歌伴ですが) 終わった後 何人かの方に楽しかったです。また来てくださいとの声をかけてくれました
また ロシア民謡が良かった。脳梗塞で半身不随でいらいらしていたが夢中で痛さを忘れてアコーディオンばかり見ていたという方もいて、少しは
楽しんでくれたかとホッとしました。何とか次回も行けそうです。 
 福祉施設で                                                           2006/10/01
 市内の高齢者福祉施設での集まりで歌の伴奏をする機会を得た、ホームページ、mail、アコ仲間交流、アートフェスといろいろな経過を経て
ボランティア活動をしているTさんたちと巡りあった。その活動に入れてもらうことになった。
今日は2回目、前回は見学をかねてだったから。今回が実質 初めてかもしれない。2つの場所でピアノ演奏されている方について弾くのですが
まず楽譜がないとだめですね。また歌謡曲でも古い歌だと歌ったことないからついていくのに精一杯と前途多難です。
まずは曲集めからです。本を探そうと思っているのですがなかなかありません。専門(少しだけど)になるのは売っているところが少ないです。
ともかくせっかくの機会を得たのです。3ヶ月はやって見たいです
 ひのアートフェスティバル                                                      2006/9/9
 8月20日11時30分よりのアートフェスティバルにて演奏しました。参加者はアコーディオン、ケーナ、ギター、バイオリン 歌/司会などで総勢
8名 演奏曲はみかんの花咲く丘、バラのタンゴ、四季の歌、上を向いて歩こう、オブラリオブラダ、パリのお嬢さん、コンドルは飛んでゆく
30分の持ち時間はあっというまに終わってしまった。
これまで合同の練習は3回 メンバーはいろんなところから集まりということでまとまりを作るには時間が足りない感じでした。
森の中の演奏はお互いの音が聞けないという現実を実感した。
 いろんな人があつまり曲を作ることは面白い 身内だけでは経験しない発見があった。やはりまずやって見ること。反省はそのあとですね。
違った楽器と一緒に                                                     2006/6/18
 アートフェスティバルに参加するメンバーと練習会を持った。
今回はアコーディオン、ケーナ、(バイオリン/フルート)、ギターでの構成でアコーディオンだけとは違った期待と不安があった。
一緒にあわせて行く中でなかなかいいね。と感じるようになった。自分のアコーディオンの違う音色が重なり厚みを増した感じを実感した。
 次回はもう少し特徴が生かせるようよう、また強弱が感じられるように曲作りを考えて行きたい。本番は8月20日 それまでに
合同練習は1回です。
 アコーディオン地図                                                     2006/6/18
 アコーディオンを趣味や仕事にしている人はどれ位いるのだろうか。団体のJAAは数百人 すると1000人位だろうか
それはともかく近くのアコーディオンサークルのいくつかが以前ほど活発でなくある団体は消滅、ある団体はやっと維持しているとか
そんな話を聞いた。私の所属していたサークルも20数名おり先生の個人レッスンの割り振りに苦慮していたが今は会費を払っている
人が数人と聞いて愕然とした、また若い人が少なくなり定年後の趣味と化しているところもあるという。
 うたごえ喫茶が最近あちこちで開かれているが中高年の昔なつかしの集まりの面が強いが アコーディオンもそうなのか
私が始めた頃はほとんど20代、30代だったことを思うとアコーディオンも滅び行く楽器なのか
反面、ネットを見ると若いアコニストが見られるCobaさん以降の現象だ。
 さて私はどう付き合って行くのだろう。皆さんはどう考えているのだろうか
 肩が痛い)                                                            2006/5/7
 新しい仕事について半年が経ちました。一日中パソコンに向かっている仕事で今までとは違ったスタイルです。案の定、体を動か
さないので運動不足です1ヶ月前くらいから肩が痛くなりだんだん腕の方まで移りしびれています。蛇腹を引くときは痛みで大変です
何とかならないかと手を尽くしているが一向に回復しません。 
 いま月末に向けて練習しなければいけないのですか あせっています
 初心に返って(2)                                                    2006/1/27
  2回目のレンッスンです。今日は最初からずっと立奏です。蛇腹を大きく使う。拍子の1拍めは強く、あとは触れる感じで小さくひく
リズムを正確に、音を揃えるという基本を身につける練習でした。うまくできたり、できなかったり
もう一つ、蛇腹で音をとめる。これは難しい。惰性でなかなかとめられない。練習あるのみか、コツがあると思うが。
2曲目、ワルツの短いのをやりました。
 初心に返って(1)                                                     2005/1/14
  初心に返ってということ、それほど考えてのことではないですが個人を受けることにしました。6回コース。1月8日が第1回目
どんなことをやるかと思って出かけました。がなんと「ちょうちょ」からです。立って弾くこと、1拍目は目いっぱい長く、そして強く弾く
ということです。いつもすわってやっていますから戸惑いました。またベースを長く伸ばすと重くなるのでどう弾けばいいのか課題だったので
すがゼンパク押さえて弾くといわれて驚きでした。でもまずやって見ることですね。大きく音を出すことは大切でしょうね
 講師の方により弾き方が違うことに再度感じました。とりあえず「ちょうちょ」マスターです。
 スケーターワルツ                                                     2006/1/5
  初めて重奏(デュエット)した曲がスケーターワルツです。3拍子の優雅な曲です。
もう何年前のことでしょう。でも2人で合わせたときのことは覚えています。大勢での合奏はよくやりました。でも2人は初めてです。ソロでも
ない合奏にもないもの。
自分が止まったりテンポを乱したりするとすぐだめになります。ソロでは難しいところはゆっくり弾くこともできますがそれはだめ!
やっぱり合わせることですね。弾いていると相手の気持ち、緊張が伝わってくるよう。そうしたら私の不安な気持ちも伝わっているのだろうか
 何回かやって見るとだんだん合ってくる。
合うといい感じです。ソロ、合奏とは違った楽しさです。自分が主張するところ、相手が主役のところ、一緒に盛り上げるところと
 年の初めこの曲から始めることにしました。少しは成長することが出来るでしょうか
 自治会で「のみんなで歌おう」コーナー                      2005/10/17
  東宮下自治会 10月16日pm5:〜 実施
 私の住んでいる地域の自治会祭りが行われました。地区センターを会場にして幾つかの催し物がありその中心が演芸大会。
小学生のよさこい踊り、詩吟、日本舞踊、カラオケとありそのなかに「みんなで歌おう」コーナーが出現!
アコーディオン伴奏に合わせてみんなで歌いました。青い山脈、四季の歌、僕らはみんな生きている、花同期の桜、
たれか故郷を想わざる、故郷、北国の春など
この地のひと30人〜40人がアコーディオンに合わせて元気に歌っていました。こんなコーナーもいいと
思いました、アコ演奏は私と友人の片岡さんでした。
 アコーディオン喫茶<かるふーる> 音楽を楽しむ会
 友人たちと音楽を通じての集い 音楽を楽しむ会 アコーディオン喫茶<かるふーる>と新しい出会いを持つことが出来ました。
集まって演奏を聞いたりまた聞いて貰ったりすることは練習するにも励みになります。
今、以前取り組んで中途半端になっている曲をまた弾いてみたりしています。月1度の集まりだから2ヶ月に1曲ぐらいのペースで行けた
らとと考えたりしています。新しい出会いを大切にしたいです。
ただ練習時間の確保が課題です。この点をどうクリアするかです。ドコか練習できる場が欲しいです。
 音楽を楽しむ会                                                   2005/03/14
 喫茶店<はるもにあ>で何人か集まったとき私たちで何かやろうよとそのときのムードで決まったのが<音楽を楽しむ会>です
アコーディオンに限らず朗読も含めてそれぞれが何かをやろうとそしてみんなで聞いて楽しもうと言う会です。
4月2日と決めました。3人4人と増えていって現在は9人ほどになっています
私はアコーディオンの重奏が2曲、歌の伴奏、そして時間があれば独奏曲です。良い機会だと思います。それぞれが楽しみです。
重奏も久し振りです。2曲、相手が違うのでそれも楽しみです。
 手探りの中で                                                2005/02/27
 1月末で仕事を辞め今迄とは違った生活環境の中で過ごしています。
アコーディオンは今迄以上に時間をとり練習しています、がどのようにすれば良いのか手探り状態です。譜面をみてそのまま弾いてて
いいのかの疑問からです。譜面を見ないようにするのはどうすれば良いのか
 歌の伴奏も譜面が無ければ弾けない、コードが変わるとだめと自分のレベルの低さに驚いています。コードについてマジメにとりくまな
ければならないか、それには道が長いなと溜息をついてしまいます。
 あれこれ考えているなかで4月に<音楽を楽しむ会>、5月からアコーディオン喫茶<かるふーる>が始まると発表、交流の機会が
出来ました。それを一つのチャンスとして進めて行こうかと考えています。アコーディオンも一つの転機を迎えている気がします。   
 新しい年の始まり                                                       2005/1/3
 2005年の始まりです。今日までのお休みはハードな仕事の後遺症で疲れの快復未だ快復せずでグッタリしていました。
アコーディオンは今年どうなるのだろう、充実したアコ生活もと考えて帰ってきたのにと思うのですが
お正月はアメージンググレースが弾き始めでした。パリの空の下セーヌは流れるの楽譜も見つけ今年はこれからスタートです。
きびしいなかだけど時間を見つけてモノにしたいと考えています。初詣でもお願いしたから大丈夫でしょう
 がんばろうと言う曲手探りで弾いてみました。とにかくがんばろうの気持ちです。
 失業中なので                                                 2004/11/28
 10月末に退職、失業して東京の実家に帰ってきました。気持ちの整理がなかなか付かないなかアコーディオンを弾いていました。
久し振りに弾いたなと云う感じです。11月20日〜21日八王子いちょう祭りの野外うたごえ喫茶の歌伴奏をやりました。知らない曲も
ずいぶんありましたが結構楽しみました。
 11月23日入間市の老人クラブに呼ばれて宮寺アコサークルでコンサートをしました。私もソロ曲1曲と合奏を行いました。
久し振りに暗譜に挑戦、当日直前に暗譜しました。ただ手遅れで演奏は余裕の無いものでした。あと1週間あればと悔やまれます。
束の間のアコーデォン三昧です。
波田町文化祭                                           2004/11/27
 松本市郊外波田町の文化祭のステージにやまびこアコーディオンクラブは参加演奏しました(10月31日)
一部、松本サークルの応援も得て7名で参加みかんの花咲く丘など4曲を演奏しました。300人の会場はほぼ満席でたくさんの拍手を
貰いました。演奏は練習の程には上手く行かなかったけれどまずまずだったと思います。
私の松本生活の最後の演奏でした。とても楽しい思い出でした。私が去ったあとも波田の皆さんがアコーディオンをずっと楽しまれることが
私の願いです。
 喫茶店での演奏                                         2004/9/5
 東京から帰り疲れでうとうとしているとサークル仲間から今日夜はあいているかとの電話、PM6時に喫茶<楽蔵>に
来てほしい、何曲か弾いてみないかとのことで十分内容を把握しないままOKした。
喫茶<楽蔵>は農家の蔵を改造した喫茶店でこの日はお店の娘さんのピアノコンサートで月一度名古屋から帰り近くの
人に聞いて貰っているとのこと、その演奏のあとのティタイムにいろんな方がハーモニカ等数曲演奏しており今日は私が
演奏することになったよう。会場に行って初めて事情を知ったわけです(^^)
プロのピアノ演奏のあといよいよ私の出番、覚悟をきめてアムール川、二つのギター、アメジンググレースを演奏しました。
沢山間違えて冷や汗をかくました、十数人のお客さんは暖かく聞いてくれ、アコーディオンが珍しいせいもあって好評
だったようで良かったです。また演奏を聴かせてくださいとの言葉を貰いましたがレパートリーが少ないことに気がつき
あと何曲か弾ける曲がほしいと痛感しました。
松本生活の貴重な体験をすることが出来ました

 感動を体験したい                                         2004/7/3

 チャマメ奏者の牧田ゆきさんがチャマメの故郷を訪ねての旅行記が彼女のプライベートH・Pに何回かに分けて掲載されている。現地の人たちとの交流、音楽でのつながり、わかってもらえた時の喜び等が感動的に書かれている。
ここしばらく感動に縁の薄い生活をしているせいか余計にああいいなと感じてしまう。同じアコーディオンを弾くものとして
かくありたいと思うのですがその機会がない。腕がないことが主たる要因であるがそれでも何とかなる機会はないかと
思うのです。それは自分から行動しなくてはならないと思うのですが
  サークルこんなことしています。                              2004/3/23

 松本アコサークルでは基礎練習をちゃんとやろうとトンボ教則本初・中級を最初から毎回時間をとって一緒に
練習しています。初めの頃はそれほど苦労しなくてもやれたのですが後半になるとこれは手強い、なかなか前に
進みません。あと数曲のところまでになりましたが練習量、実力不足か脱落寸前の人もいて
みんな一緒にやるのは無理だろうか、指導者も頭の痛いところでしょう。

 波田山びこアコクラブはまだ結成2年弱、でも練習熱心です。
うれしいひな祭り、早春賦など練習しています、新曲でリンゴのうた。合奏でみかんの花咲く丘も始めました。
波田町は上高地、乗鞍高原の入り口です。もうすぐ一面にリンゴの花が咲く美しいところです
  いくつかの楽譜を手に                               2004/3/15
  宮寺アコサークルからいくつかの楽譜をいただきました。今年出演するイベントの演奏曲、一緒にやりませんかと
お誘いをいただいた。複数のパートで演奏するもの、早速練習を始めました。
主旋律のパートはまだいいのですがそうでないものは曲想がつかめない、また休みの小節は続くとどうなっているのかわからず又はいるタイミングもつかめない、合奏はやはり仲間、他のパートとやらないと全体がつかめない
最初のイベントは5月、それまで練習方法を何とかしなければと思うのであります
  今年の目標は?                                     2004/1/8
 新しい年がスタートしました。今年の弾き初め(練習始め)はアメージンググレースからです、この曲はベースソロ、
コードソロが多いのですが、気に入っています。
3日はうたごえ喫茶の開店日、ふらっと行きましたが何曲か弾いて来ました。久しぶりに<青春>を弾きました。
我が青春のうたです。昔の曲は覚えているものですね。
松本サークルではサンライズサンセットが弾き始めです。
 昨年は東京を離れての新生活でずいぶん戸惑いました。アコサークルも今までとは勝手が違ってどうしたものかと
考えました、もうすぐ引き上げるのだからと半分投げやりな気持ちもありました。
反面、まだ未熟だけれど一所懸命練習している人たちにも出会いすがすがしい気持ちにもなりました。
予定ではあと1年弱の松本生活。どのようにアコーディオンと関わって行けばよいかいま思案中です。
 小さな町でのアコクラブの初舞台                                  2003/11/15
  長野県の波田町のアコーディオンクラブが町の文化祭の舞台に出演して演奏しました。まだサークル結成して1年ほどのクラブでホールでの演奏は初めての
ことでした。近隣のサークルからの応援、先生、私を含めて9人の出演でした。出演日を前にして特別レッスンやグループでの練習も行いました。
初めて楽器を始めた人もいて合わせるのに苦労したコトもありました。
演奏曲は<河は呼んでいる><北上夜曲><知床旅情><里の秋>の4曲。11月2日秋晴れの暖かい日の文化祭、会場では沢山の聞いていました。
一生懸命演奏した。そんな感じでした。始めの一歩を充分に果たした演奏だったと思います。
 感激です                                   2003/10/06
  アコーディオン演奏会の時のことです。地域の老人会の文化行事としてのアコ演奏で近所お誘いで聞きに来てくれました。
私たちの合奏、独奏、そしてアコ伴奏によりみんなの歌と続きいい雰囲気でエンディングを迎えました。アンコールの声で
準備していた曲を演奏しようとしたとき、<すまんが瀬戸の瀬戸の花嫁、もう1回やってくれないか、Aくんが大好きなんだ>
との声。A君は軽い障害者のよう。急きょ 瀬戸の花嫁を演奏、みんなで歌うことになった。
開場はAくんを前にみんなが取り囲むような感じでした。
 演奏が始まると大きなうたごえが開場をつつみました。アコーディオンを弾きながら前をみると身体を動かし楽しそうに歌って
いるAくんが目に入りました。私も嬉しくなりつい涙が出そうになりました。このとき、アコーディオンをやっていてほんとに良かったと思いました。
 嬉しいお誘い                   2003/08/24
 珍しく電話がありどなたかと思ったら昨年まで所属していたアコサークルの友人です。
今度、老人会の集まりでサークルのコンサートをやることに決まったのでソロ演奏、合奏で参加してくれないかとのこと。
ああまだ覚えていてくれたのだ。
 当日は出勤日だけど出演させて貰うことにした。
夏休み、帰省すると言ったら特別の練習日をもうけて呉れた。久しぶりの再会。懐かしい顔ばかりである。
やあ ひさしぶりと快く受け入れてくれた。
演奏曲の楽譜を貰った。たくさんある。アメージンググレース、今日あなたのために書いたよと言って先生に渡された。左手はベースソロコードソロが多い。でもがんばりたい(私のためにの言葉のためにも)
コンサートまで1ヶ月あまりできる限り練習したい。
    無理せずにひとやすみも                           2003/07/21
 ひとり生活を始めて8ヶ月が過ぎました。アコーディオンの環境も大きく変わりました。
先日、朝5時にクルマを運転して4時間、2時間ほど練習してまた4時間の帰途。睡眠不足と、疲れでアコーディオンどころでは無い感じでいした。いままでのを継承して新しいものもと考えていたの出したがそれは無理と気がつきました。
それは教える側、教わる側双方にいいものではない。
そしていま基礎的なものが欠落しているのに気がつきました。ここはちょっと立ち止まってじっくりと構えるのも必要かと思う。
音楽的基礎がないまま成り行きに任せて受け身で今ま来たように感じる。
そんなわけで夏休みです。
 満州の丘に立ちて                                 2003/3/24
 早めの3拍子と哀愁を帯びた旋律、この曲をやりたいと思ったのは何回かあります。
いま何人かの合奏で始めたのですが、ソロでもやって見たいなと思っていたら楽譜が見つかりました、コードがCmとDmと違う
のですがどちらも良いのでソロはDmでやって見ます。
最近、コードの指導もあり弾いていてコードとの関わりが気になっています。小節のメロディとコードを比べて見て納得と自分で
満足しています。この調子でいくとコードもかなりわかって来るかなといい方に解釈しています
後半に数小節ベースソロが有ります。
ここしばらくは<満州の丘に立ちて>で行きます。
  アコーディオンを楽しむ人たち                             2003/3/4
  昨年後半から今年といくつかのアコーディオンコンサートを聞く機会がありました。そこでは古いアコ仲間や友人がいて懐かしくまた身近な仲間と楽しいひとときを過ごすことができました。この人がこんなにうまくなったんだと驚いたり、相変わらずマイペースで楽しんでいる人、旧友の消息を聞いたりと同窓会気分に浸ったりとでも共通の話題はアコーディオンです。
私もずいぶん長くアコとつき合って来たなと感じました。
なかなかアコーディオンに没頭する時間は持てないようです。特に労働環境の悪化の渦に巻き込まれた現在はそうです。
コンサートなどに出演している仲間を見るとうらやましい気持ちもします
気を取り直して明日があるさの気持ちで行かなくては

雪をかぶったアルプスをみながら クルマの中で二つのギターやダークアイを弾きました。ああシャンソンが弾きたい、デュオを
やりたい少し前にやったパリのお嬢さんの弾いたときの楽しさを思い出しながら

 
 かなしい話                                2003/02/03
 あまり楽しくないのですがずっと気になっていることです。あるアコーディオン教室のこと
「へんな音出すんだっら弾かないでよ!」一緒に合奏の練習をしている時のこと、言ったのはコンクールでも上位にランクされる
教室生。同じ教室生に言われてどうすればいいのでしょう。うまく弾くための練習だろう。結局彼女は大好きなアコーディオンを
捨ててやめた、ほかにもコンサートでよく流れがわからない初級者を怒鳴りつけていた、教室みんなのコンサートなのに自分が女王きどりで振る舞っていた、教室では練習しないで講師と話ばかりしている、でも抜群にうまいからいえない、
コンサートがおわると周りの人はもうガマンできないとやめていくと言った話が次ぎ次でてくる。
アコーディオン弾く人はみんな温かいんだ、さあ一緒に楽しもうと言った牧田ゆきさんの言葉とはあまりにもかけ離れて悲しい
アコーディオンが好きな人はうまい人そうでない人といろんな人がいる。アコーディオンを楽しみたいと思う人の邪魔をしては
いけないと思う、アコ愛好者がこんなことで離れていくことは寂しいことです。
教室であれば講師・先生はどう見ているのだろうと思う
楽しく弾こうアコーディオン そうありたいです
  歌伴奏で弾き納め                            2002/12/31
 12月29日、うたごえ喫茶<ふる里>で望年会があり出かけてきました。30人ほどのふる里愛好者があり飲食と会話で始まった会は
ふる里らしく途中からうたごえ喫茶となり賑やかにうたごえが響きました。
我々アコ講座生は前座と身内の集まりだと言うことで伴奏にかり出された。3人組
 いつものことながら知らないリクエスト曲はお手上げです。でもそこは身内のあつまりのよいところ弾ける曲、
楽譜のあるのは楽しく弾かせて貰いました。
これで今年のイベントも終わりです。今年は幾つかのあちこちのイベントに参加して弾く機会がありました。仕事の都合で仲々練習出来ないことのありました。
とにかく終わりよければで楽しく締めくくることが出来ました。お正月休みはマジメに練習したいです(願望だけに終わらないように)
  宮寺アコーディオンサークル                        2002/12/19
 埼玉県入間市で活動している宮寺アコーディオンサークルは中山英夫先生を中心としたサークルです。私が顔を出したのは
職場が近くだったこと、練習時間が夜10時までと残業の後でもまだ大丈夫だと思ったからです。
市の音楽祭、うたごえ喫茶の伴奏などいくつかのイベントにも参加させて貰いました。
人数が少ないこともありますがアットホーム的でよかったです。懇親会では会員宅で持ち寄りやその場の手料理を披露して食べたりしました。先生はたくさんの楽譜を作ってくれました。アコの譜面が少ないという一般的な悩みはここにはありません
また私の職場が火事になり落ち込んでいたときお見舞い金まで頂いて励ましてくれたのは感激しました。
入会して3年、職場のリストラ、遠隔地での再就職もあり通えなくなりやむ終えず休会としました
12月15日、フォークダンス大会のアコ伴奏が最後のひとときでした、宮寺のみなさんありがとう、楽しいひとときをありがとう
が私の気持ちです。
またいつか一緒に演奏できたらいいなと思っています。

     今さらですが                                               2002/11/5
 アコーデォンを弾いていて他の上手な方に比較して自分がダメだな思うにはたくさんありますが、今感じているのは鍵盤を見る。暗譜出来ないの2つです。
そこでココで一大決意、<鍵盤を見ない>に挑戦しています。左手(ベース)が出来るのですから右手も出来るハズだと思う、また友人の多くは1曲一度も見て
いない。探り弾きを工夫したり、間違えても決して見ないで探って見つけたりと試行錯誤です。
一歩前進のためのモノと考えて挑戦です
  うた伴                                                  2002/10/1

9月30日チャリティうたごえ喫茶で歌の伴奏をしてきました。あらかじめ決まっている曲を7曲、リクエスト曲を10曲くらいの演奏でした。
最初の7曲はサークルの人たちと一緒で事前に練習した曲でした。
歌の伴奏はただメロディをそのまま弾くだけではない、歌(歌い手)とのデュオだろうと思う。独奏と違ったものでしょう。それがまだ出来ていない
プロのようには行かないが少しは工夫した演奏をしなければと思う。
 またリクエストコーナーでは欠点をさらけ出した。<楽譜が無ければ何も弾けない>出来れば暗譜、そしてたくさんの楽譜を揃える、この両方をやって行かなければと思いました。
次回は10月13日<うたごえ喫茶ふる里>です。 

 

TAMコンサート                                2002/8/24

 7月28日、所属しているといってもほとんど参加する機会もないのですが、東京アコーディオンメイツのメンバーズコンサートに参加、ソロ曲を演奏
してきました。5月のうたごえ喫茶での演奏から始まって音楽会でのサークル出演等幾つかのイベントの一応の締めくくりでした。
今回は今迄以上に練習したつもり、午前中の練習ではほぼ満足の仕上がりで 舞台に上がりましたが、幾つかのミスをおかしました。
頑張ったのにくやしいの おもいです。
やはり普段からの場数が少ないからだろうか。

でもたくさんの人が聞きに来てくれました。また話したことの無い方からも声をかけて頂き感激でした
20数年ぶりに以前一緒にアコをやってた旧友にもあえて嬉しかった。演奏会のあた旧友3人でお茶を飲みながらの語らいはこんなに楽しいひとときは
この前いつ有ったろうとの感じで話が尽きなかった。それぞれが歩んだ道を語り会って。
コンサートは暖かい雰囲気で 200名もの方が聞きに来てくれて良かったです。
聞きに来てくれた友人のかた、ありがとうございました。

 うたごえ喫茶歌伴奏 パートU                                       2002/6/22

 職場のゴタゴタで気分がすぐれないなか、うたごえ喫茶での歌伴奏パートUをやった。
今回は多少準備しての演奏で弾ける曲も多かった。これから少しずつ増やしていけたら良いと思う
 うたごえ喫茶で歌の伴奏                                        2002/05/20

 先週の土曜日、うたごえ喫茶でのミニミニコンサートの後、そのまま、うたごえの伴奏を行いました。と言っても伴奏のメインはピアノでそれに
アコーディオンが私を含めて二人でした。正式(?)なうたごえ喫茶のお店でリクエストに応えての伴奏は初めての体験でした。1/3位は知らない曲です。楽譜を見ながらの必死の演奏、間違えも多かった。知っている曲がくるとほっとした。でも大きな声で歌ってくれるとたのしい。
なんとか1ステージが終わる。お客様は30人ほどだったろうか。演奏を終え舞台から降りてきたら、お客さんから(名古屋からワザワザ来たという)
<やっぱりアコーディオンが入るといいですね><また聞かせて下さい>と声をかけられた。わあ、感激だ。
喫茶での歌伴デビューはとても楽しい体験だった。、

 暗譜、鍵盤を見ない!                                        2002/05/01


 楽譜を見ないで弾く、暗譜は年と共に覚えることが出来なくなる身でとても骨がおれます。どうしても譜面を頼りにしてしまいます。
 一方、鍵盤を見るなということも大変です。ついつい目がいってしまいます。鍵盤を見ないコツは姿勢と探り奏法、ミ・ファがポイント、コードを考える。
とそれぞれもっともだけど、長年ついたシミは簡単にはとれない。
ここは一発奮起、短い曲を暗譜、鍵盤見ないに挑戦を始めた。
 短い曲だけど、ムズカシイ。つい鍵盤に目がいってしまう。つまづくと、今自分がどこだか分からなくなってしまう。
反面、コードが役に立ちそう、このコードだからこうだろうとか。意外な発見、仲々オクが深そうだ
 たのしい重奏(デュエット)                                         2002/4/8
 久し振りに重奏をしました。曲は私に取っては好きな曲<パリのお嬢さん>相方のお嬢さん(お姉さん?)は最近一緒に練習するようになったHさん
です。話の弾みでやろうときまり。今日が初めての会わせ。最初はちょっと合わなかったが数回やるうちにだんだん曲になってきた。Hさん、なかなかやるなと思いながら弾いていました。重奏は相手のいまの気持ちもわかるような気がして、楽しくもあり怖い時もあります。でもHさんとは楽しくやれそうな気がしました。お互いまだ未完成な部分を練習してイキのあった演奏と言えるようなディユオにしたいと思います。
久し振りに楽しい練習でした。

 失敗                                                    2002/2/24


  2月23日 うたごえ喫茶<ふる里>で合奏の発表が有った。8名での出演、2週間まえに急に決まった。
 初めての曲もあり、それなりに練習した、曲の感じが分からない、他のパートとの絡みも分からないとの中の個人練習だった。
 何とか最後まで行ったが 
 当日、初めて全員での合わせを行った。やはり上手くいかない。そんな中での長時間練習だった。
 演奏は初めはうまくいっていたが一瞬の迷いか。途中で分からなくなり。曲が止まってしまった。ああ 大失敗。
 随分練習したのにと想いがかさなり、ずっと落ち込んでしまった一日だった。しばらく休養か

  2002年は歌の伴奏                                            2002/1/1


 歌の伴奏もやってごらんと勧められている。リクエストに応じてなどできるはずがないと思っていたがでもやってみようかなとの気持ちも出てきた。
うたごえ喫茶の歌集を購入した。200曲くらい載っている。その半分くらい、とりあえず50曲か。まずは楽譜を揃えよう暗譜ではむりだろう。
仲間も始めた。いい機会かも知れない。お正月休みに楽譜を揃え始めた。
合奏、ソロ曲もやって、とにかく挑戦だ!

  曲を考えて伴奏など                                          2001/11/4


 音楽の楽典などを主テーマに講習会があり参加しました。講師は歌声喫茶で伴奏、合唱指導などを行っている井上先生、
三和音からはじまり変調、コードの付け方、など普段余り考えたことがなく演奏している私にとってはムズカシイ講習会でした。こういうことが分からない、考えないといい演奏ができないといわれて、上達しないのはそのせいかなとなっとくしたり。
  荒木栄さんの仲間のうたでは曲の成り立ちの説明がありそして曲(歌)を理解して演奏しす必要性について話された。ナルホドとおもう。
色々と演奏についての留意点をきいて今すぐにはなかなかいかないがいつか役立つとおもう、
楽譜を暗譜する方法、上がらない方法なども聞きたかったです(^^)。

又難題(?)                                                 2001/10/13


  先週の練習とき次回までに指使いをハッキリさせること、曲のイメージをを掴むこと、ベースの弾き方を注意されました。
あまりにも練習しないので見るに見かねてのことでしょう。
これはまずいと奮起、毎日、重音の部分16小節を集中的に練習した。出来たり出来なかったりの繰り返しだ。それでも何とか一人では弾けるようになった
というか。そのような感じになりつつあった。
 練習日、それなりの練習の成果があったようだ、が今度は左手、ベースの指摘をされた。ブンチャッチャ、あまり気にしていなかったが3つの音、それぞ
れの強さ、長さを言われた、やってみたが全然うまく行かない、またそれにつられてメロディ(右手)もおかしくなった。
これはクセになっているから重音より難しいかも、見る人から見ると私の演奏はまだまだのようだ、
 
 帰り際、タンゴの早い曲の楽譜を渡された。 これやるの(?)と言う感じ、先生は意欲満点だ 前途多難です。

演芸大会                                                   2001/10/3


  町内会、今風に自治会の行事で演芸大会がありました。アコーディオンを弾いて欲しいとの要請がありつい引き受けて出ることになりました。
演奏曲は二つのギターと青い山脈。
はじまつて1時間半もたっての出演で会場はお酒がまわって大にぎわいのとき、ソロ曲はどれだけ聞かれていたか疑問だな
アコの伴奏でみんなで歌う青い山脈はおおきな声で歌っていました。まずまずでした。
演奏のあと、たくさんお酒を飲みました(飲まされました)こんなシーンもあっていいのではないか
依頼があり出かけて弾いてお礼を言われる<良しとしなくちゃ>

  Amazing Grace                                         2001/8/28


  この前のコンサートで私が弾いた曲、弾いて見ませんかと渡された曲、Amazing Graceあまりなじみのないのでそれ程、弾きたいとも思わなかった。
短い曲、何とは無しに弾いてみた。そんなのを繰り返していて、
そのうち2部で何人かと演奏した。ゆっくりとそして気持ちを込めて弾くとなかなかいい。
また ソロで弾いてみた。うん! いい感じだ、だんだん好きになってきた。 賛美歌とある。どんな歌詞が付いているのだろう。テレビで切々と歌っていたと
どんな歌だろうか。
 仕事に疲れているとき弾いた、ゆっくりと、メロディーを口ずさんだ。黒人霊歌、少し前のアメリカで黒人が労働に疲れているときこんな歌をうたうのだろうか、誰かコノ曲のこと知っている人 教えて欲しい
何となく、引き付けられる曲、Amazing Grace  いい曲に巡り会った、私の持ち曲にしよう
  しまった!                                                2001/8/23

私のアコーディオンの練習のクルマの中です。朝早くから夜遅くまで働く生活で練習時間がとれないのが第1の理由だがもう一つ
通勤の道が15分程の違いで渋滞すること、出かける時間が少し早いとスムーズに会社まで行けるのです。
それで少し早く出かけて会社の近くで一休み、その時ぼんやりしていてもしょうがないので練習するのです(^^)。平均30分から40分位、飽きっぽい
私には丁度いい時間です。
  そんな訳でいつもクルマにはアコーディオンを積んでいるのですが、この季節は要注意、そう 暑さです。
アコーディオンの上に冬物衣類をかけたり、窓を少し開けていたりと気を遣っていいるのですが今年7月の異常な暑さ、ついにやられてしまいました。
鍵盤が押したら戻らない、こちらは何となく治りましたがもう一つ、音が出ないトコロが1カ所、こちらは重傷だ、押すときはいいが引くときが音が出ない
修理行きですね、でもお金が無いから暫くはこのままで我慢します。

アコーディオンをクルマに積むのを止めるか、いや出来ません。
クルマでの練習は快適です、私だけの音楽ルームですから

 もうすこし(かな?)                                            2001/7/27

サマータイムの楽譜を貰ったのはまだ春の終わり頃だった、季節柄もいからと言われて始めた曲だがコレが苦戦、まず曲がわからない。友人からテープを
もらったりして何とか分かりかけたが、左手がオールベースソロ、弾いても右と左がバラバラ。曲想なんてあったものじゃない。
あれから何日経ったろう。ようやく弾けてる弾けてないが分かり初めて、スムーズに行くところも出来てきて、
あれ、モノになるかなと感じはじめたこの頃です もう少し、夏の終わりまでには。

 また一人                                               2001/6/16


 厚木にあるコーヒー亭の歌声喫茶に行って来ました。畑中さんご夫妻が月1回やっているもので。初めて足をはかびました。ホームページに紹介するには少しは実体を知らなくちゃと思ったからです。10数人のたのしいあつまりでした。そっと帰るつもり(別の予定があり)でしたが声をかけられ
ご夫妻と仲間の方(残念、名前をわすれた!)と少しお話しました。
畑中さんのアコーディオン奮戦記は楽しかった(失礼!)プロ演奏家から教員へのコースもほんとかいなと来ていました。歌声喫茶でのこと、練習のこと
私には遠い有名人のこと。興味をもって聞かせていただきました。
また、同席されたわかい音楽家、アコーディオンは余技とはいえ素晴らしい演奏、私にとは別世界(?)の人の生き方を聞くのは愉しい買ったです。
また一人、アコーディオンを通じて、ネットを通じていい方と知り合えたとニコニコしながら帰ってきました。
 

  弾きたい曲                                               2001/5/1


合奏(小編成)の曲を何曲かやっていますが独奏曲も魅力です。ふとみつけたヴォルプタを始めました。そして
サマータイムという曲を貰いました。これから夏に向かう季節柄」いいなと思いましたがこの曲、イメージがわきません。どこかで聞いたことはあるのですが
CDでもあればいいのですがでれが歌っているかも分からない。
どなたか教えてくれると良いのですが。こんなときどうやって調べればいいのかなと考えてしまいます。
そしてもう一つ
イエスタデーワンスモア、カーペンターの曲です。テレビでやっていました。良いなと思いました。
楽譜を探していたら偶然見つけました。懐かしい感じのする曲です。是非ものにしたいと思っています。
問題は少ない練習時間でどうやって練習すればいいかと言うことです。3時間位でもいいですじっくり練習出来る、場所と時間が欲しい
わりとやる気になっているこのころです。
     

 ヴォルプタ                                                 2001/4/22


 ここのところうたごえ喫茶に縁があり出演したり、聞き(歌い)に行ったりしています。厚木にも月一であるとの情報もあり興味しんしんです。
それはそれとして、楽譜集を見ていたらヴォルプタという曲が目に留まりました。私が初めて挑戦した独奏曲、編曲は違いますが少し弾いてみたら
なつかしい気持ちになりました。
 そうだ コレをマスターしょうと早速練習に取りかかりました。三連符やコードの飛ぶところもあり手こずっていますがぜひ自分のモノにしたいと思います。
皆さんと違いなかなかレパートリーが広がりません。一つマスターしたら一つ忘れるそんな繰り返しです。
 まあくじけず頑張って行こう。と思います
幸いにも(不幸にも)ゴールデンウィークには予定がありません。しっかりとアコーディオンウィークとしたいところです。
と思っていますが意思の弱い私ですどうなることか。 

楽しいひととき                                               2001/3/28



 うたごえ喫茶でのアコーディオン演奏、連絡を取り合って何人かが集まりました。
 小さな合奏は楽しいものです。練 ko習しておしゃべりが入りまた練習、だんだんあってきました。そして本番
 いつもより上手く出来たかなとの滑り出しでした。でも、やっぱりいつも通りですね。
 司会をやってくれたAさん、素朴で感じのいい司会でした。一緒に合奏をやったB・C・Dさん久しぶりだけどやっぱり気持ちが通じます。
 そしてEさん、上手いなと聞き惚れました。気持ちよく参加していただき有り難う、体調を崩して本番に出られなかったFさん、練習には頑張ったのにね
 私とアコーディオン大好きの素敵な仲間達 またやりましょう
 

 お久しぶり                                                2001/03/10


小さな歌のサークルで演奏することになりました。一人で45分もたせることが出来ないので友人のFさんに電話しました。一緒に重奏やりませんか。
しばらく、アコーディオンを離れている彼女、そうだね、やろうかと快託してくれした、Kさんはどう、あの人はとすこしずつ輪が広がりました。
練習日、久しぶりの顔合わせ、合奏も何回かやるウチに段々合ってきて うん、いいねと自画自賛
最近どうしてると近況報告もあり楽しいひとときでした。
色々な事情でなかなかアコーディオンができない、でもアコも仲間も嫌いになったワケじゃないから、またいっしょにやりたいと思う
本番はもうすぐです、もう少し頑張らなくちゃと思いました。
 

 弾き初め                                  2001/01/03


 輝かしい2001年にしたいになりました。しばらく帰省していましたが今日今年初めてのアコを弾きました。
 曲は青い山脈、なぜいまと言うと特に意味は無いのですが、まずこの曲から今年はスタートしたいと思います。
 みんな知っている曲だからまたチャンと弾かなくてはと思います。

 クリスマスコンサート                        2000/12/17


東京の多摩地区、瑞穂町で町の女性セミナー主催でクリスマスアコーディオンコンサートがありました。
50人ほどのお客さまの前で10数曲の演奏が行われました。
私もうたの伴奏と数曲合奏で参加しました。お客さまと演奏者の距離が近く楽しいひとときでした。
1週間前、歌のサークルの超ミニコンサートで何曲か弾いたときもそんな気持ちで演奏できました。
2000年今年の人の前での演奏もこれで弾き納め、来年は一歩前進の年にしたいと思っています。
   2月 うたごえ喫茶でのソロ、重奏
   5月 アココンサートでの重奏と合奏 
   8月 TAMコンサートで重奏   
   12月 クリスマスコンサート

 重奏(合奏)                               2000/11/12


12月、ちいさなコンサートがありそれに向けて何曲か練習しています。
車の中での小時間の練習なので充分出来ません、座って長く練習したいと切実に思う今日この頃です。
重奏は別のパートとの絡みも大切です、自分のパートでも精一杯なのに他のパートが入りと気を取られてしまいます
そして、今どこを弾いているのかわからなくなります。いまは惨めな気持ちを味わっています。
  久しぶりにパソコンmidiソフトを起動、曲を打ち込みそれを聞きました。結構手間ののかかる作業でしたが
ああそうかと思うところもありました。
時間は余りない、焦りの日々です。
  

 それぞれの持ち味                     2000/11/3


先月は久しぶりにアコーディオン演奏を聞きに出かけました。石川さん、坂本さん、工藤さん、主にこのNETを通じてお話したりしている方です。
コンサート、ライブと形式は違ってもそれぞれ素晴らしい演奏で帰り道は満足の気分でした。
石川さんは今度は歌を取り入れました。弾きながら歌う、ハワイでの演奏スタイルでしょうか。歌と、アコの音量のバランスが取れるといいですね。世界の曲が聞けました。
工藤さん、他の楽器とのグループの中でただ一人ソロ演奏のTYAMコンサートでした。緊張が私にもつたわり、一緒に
ドキドキ、でも立派にこなし私も嬉しくなりました。場数を踏めばそんなことないかも知れないけど一生懸命曲に取り組む姿が好きです。
坂本さんはギターとのデュオ。次々演奏する曲にいつもグラス片手に何時間でも聞けたらいいなと感じる演奏です。
いつも心地よい気持ちにさせて貰っているのですが今回のライブでパリの空の下とラ・クンパルシータを聞いたとき
ふと思いました(これらの曲は私が苦戦して取り組んでいるのです(笑))
蛇腹をもう少し工夫すればもっとステキになるのではと。
いやそこもかんがえての演奏かなとも思ったりして。
また聞くときが楽しみです、いい知り合いを持てて良かったと思った10月でした。
  

 知人の演奏を聞きます           2000/10/9


10月になりました。今月は友人の石川さん、坂本さん、工藤さんがそれぞれコンサート等で演奏されます。みなさん自分の演奏スタイルを確立されています。
他の人の演奏を聞くのもまた勉強に成ります。それが自分のものに成らないのが問題ですが。
仕事がいま少し忙しいのですが時間を作って聞きにいくつもりです。
 

 練習日にでられない            2000/10/1


また仕事がいそがしくなり出張だので練習日になかなかでられなくなってきました。
今日もこれから職場へ、今月は無理かな
今月は友人の結婚式がありアコーディオンを弾かされるかも、困ったなあ

 姿勢が悪い                   2000/09/08


 東京アコーディオンメイツから先日のメンバーズコンサートの写真が送られてきました。
演奏をしているところと演奏者全員の写真です。
写真をみてガッカリしました。いえ撮ってくれた方の腕が悪いのではないのです。
私の演奏している姿勢が悪いのです。全体として前屈みになっていて見た目が良くない、と同時にアコの音を充分引き出せる状態ではないと感じました。
そして 楽しそうに弾いていない。
当日はけっこう自分では楽しめたのですが前半部はリハーサルが上手くいかずいつになく緊張したのも事実です。
演奏者が楽しくなければ聞いてくれる方は楽し気分にはなれないですね。
笑顔で弾けたらなといつも思うのですが。
相方の工藤さんはサスガです。
姿勢も良く余裕が顔からうかがえます。少しでも彼女のレベルに近づきたいです。   
  

 うれしいたより                     2000/9/1



しばらくご無沙汰していたMさんからお便りを頂きました。
ずっと辞めていたアコーディオンまた弾いています。弾けなくなってじれったい思いをしながら練習しています。
曲は<ボルプタ>みんなの前で弾けるようになるで練習しますとのこと。
もう何年になるだろうか、小さな身体でダイナミックに弾く、彼女にアコっていいなと思わせてくれました。仕事、子育てなどでアコから離れていたようだけどとても嬉しい便りでした。
近くに教室、サークルがないとか、どなたか知らないかな、田無方面、
また元気なアコ、明るい笑顔 見せて下さい。

今日は練習が楽しかった気がします。
  

明日に架ける橋、北国の春、夏の日の恋など 2000/07/30


いろいろ楽譜があり弾いています。がなかなか弾けません。色んな曲を弾くのが最近やれていなかったせいでしょう。短い時間での練習なのでどうしてもきちんとやれないです。
練習に仕方に工夫がいるようです
それとこの暑さ、アコーディオンが心配です。何しろクルマに載せっぱなしですから可哀相です

 再スタート                     2000/07/20


今日 東京アコーディオンメイツメンバーズコンサートがありたくさんの方の演奏と大勢の
聞いて下さる人が集まりました。
私も重奏で参加何とか演奏できました。
しばらく色んなことを考えていましたが考えるのは辞めにしました。
この間、何人かの方に励ましやらお叱りの言葉を貰いとても嬉しかったです。
再スタートの曲はダークアイ(黒いひとみ)です。お披露目は12月を予定しています。
MAILを下さった方ありがとうございました。

  いま模索中            2000/07/02



 日野サークルのコンサートも終わり、1ヶ月いま、生活(仕事など)のことを含めて
アコーディオンとの関わりかたを考えています。ここのところ色々あって
いま、どんなのがいいか考慮中、生活とアコ、皆さんはどうなのでしょう    
  

 とても勉強になった重奏        2000/06/09



サークルのコンサートで重奏する相手が出られなくなり、急遽サークル員ではない方に代役ををお願いしました。Sさん、自分でライブ活動もやられている方でアコの腕前は私より
数段上です。コンサート前1ヶ月もないときでしたが気持ちよく引き受けてくださり正直、
助かったと思いました。楽譜を送りやって貰うパートをお願いしました。
合わせは当日本番6時間前のみでした。
会場の練習室で初合わせ、その時、私はあっと思いました。
サークルでこの曲は何人かがやりイメージが私にありました。
Sさんの弾き方は少し違っていました。そうですこの有名な曲はそれぞれにイメージして
皆さん演奏しているのです。そして私のはその一つに過ぎなかったのです
当たり前ですね、
何回か弾いてなるべく私のに合わせて貰いました。それは考える余裕がなく、これしか弾けない私に合わせてもらった(力のない私に)。
状況により相手にすぐ合わせられる、これはとても大切なこと、それができるSさんは凄いと思いました。
  何回か合わせているウチにまとまりが出てきました。私の間違いも分かり直せました。
10回くらいやってウン、これならいけると感じ練習はこれまでにしました。
これがまた失敗!
  スグに本番が来てしまい。舞台に上がりました。
なかなかいい感じで弾いていましたがまた最後に普段やない演奏順の間違いをしました。
いまひとつ合わせが足りなかった。いいなと思ったその感じをもう少し詰める必要が有った
と思いました。
 サークルのKさんとは何回か重奏をやり、お互いの気持ちが(のっている、そうでないも
含めて、)演奏していて分かるような気がします。
Sさんと何回か合わせてとても短期間に曲を作りあげることが出来ました。
たた、気持ちが通じるにはもう少し必要だった気がします。
私の勘違いにもかかわらすSさんの力強い演奏でまた助けられました。
舞台に上がったら曲をまとめて演奏しきる、これが第一ですね。
色んな方と演奏することの意義
Sさんには不満足な結果にしてしまいましたが短時間でしたが私にはとても得るモノのあったひとときでした。

  楽しかった でも    2000/6/6


昨年秋頃でした、自主レッスンで集まったYさんと私、始めてリベルタンゴの曲を練習して
いる時私の入れてよと来たのがTさん、トリオの練習が始まったのがこの時でした。
何回か練習して何とか曲になりかけた時暮れの忙しいとき地域のミニコンサートに参加しました、ソロ、重奏も含めて数曲、沢山の拍手を貰って感激しました。
その後、歌声喫茶への出演、コンサートと続きました。
自主レッスンに中、気持つながり、たのしい日々でした。
コンサートのリベルタンゴはやったという気持ちでした。

それなのにYさん、退会しますとの言葉
経済的理由とのことですが本当は違うよね
いまはなにも言いません
もう少し時間が過ぎたらまたやろうよと声をかけます
だって半年、とても充実して楽しかったから。
Tさん、Yさん、今度はなにを弾きますか

  ご期待!!パリのお嬢さん    2000/05/20



5月27日コンサートで一緒に演奏するKさんの腰の症状が回復せず無理ですとの言葉が
返ってきました。とても残念です。
このまま辞めるか、一人でソロ演奏するか考えましたが折角ここまでやってきたのだから
誰かにお願いして重奏を演奏しようと決めました。といっても今の時点でやってくれる人は
いません。あれこれアコ仲間の顔を思い浮かべてそして思い切ってお願いしました。

 当日私と重奏でパリのお嬢さんを演奏してくれる方はこのコーナーでもお馴染みの
<坂本光代>さんです。まだ一度も合わせたことが有りません
でもいい演奏にしたいと思います。ぜひ皆さん聞いて下さい。

 ピンチ!!パリのお嬢さん  2000/05/03


5月27日のコンサートにむけて徐々に仕上がっている重奏<パリのお嬢さん)
トコロがアクシデント相棒のkさんがぎっくり腰で日常生活にも不自由する状態になって
しまいました。
重いものがもてずアコは論外、とても練習とはいかず大ピンチ
演奏会まであと1ヶ月たらずなのに とにかく回復を待つのみです

   パリのお嬢さん             2000/04/03

 5月に行われる日野アコサークルのコンサートで重奏(デュエット)でパリのお嬢さんを弾くこと
になり練習を始めました。シャンソンのさわやかな音色、でも私のパートはMLでちょっと重い感じ
です。相方の彼女が主メロディーを弾き私がサブメロディーとベースです。
もと映画音楽とのこと、パリの下町の娘さんを描いたというこの曲が好きです
彼女との重奏は久々です。2回ほど合わせの練習をしましたがまだまだというところですが
重奏のたのしさも一部出てきました
2週間後の練習でバッチリといきたいところです。

 うたごえ喫茶             2000/02/20


 先週の日曜日、同じ日野市内で活動している歌のサークルの月1回のオープンの
  集まりうたごえ喫茶で演奏してきました。アコーディオンの独奏、重奏そしてうたの伴奏
  です。
  私がアコーディオンを始めたきっかけの一つに歌の伴奏をしたいというがありますが
  今はその機会がほとんどなくひさしぶりの歌伴でした
  30人ほどの集まりで楽しく弾けましたが伴奏としての演奏はいま一つだったと思いま   す。歌と合っていないところや歌を引き立てる役割があまり出来ませんでした。
  最近は独奏曲や重奏の練習がほとんどでしかたないといえばそれまでですが。
  
  うたごえ喫茶のようにみんなで歌う場が広まればいいなと思います。
 

  

リベルタンゴ                         99/12/30

         
  12月23日、日野市内で行われた川の流れる町コンサートに仲間3人でアコアンサン
ブルで出演しました。4曲演奏したのですがレベルタンゴが話題になりました。
従来の曲(アコーディオン)とは違った感じを持たれたのでしょう。
弾いた我々もそんな感じで演奏しました。
ワタシはベースを担当しましたが従来のブンチャッチャとは違いコードの動きに唖然とした
モノです。でも必死に練習するとそれもいいもんだと感じるようになるのですから
不思議です。美しいメロディ、規則正しいリズム、激しいコードの動き、このバランスが
何とも言えない魅力を感じるモノでした。

本番に弱い                  99/11/14



 先日サークルの小さな発表会で独奏しましたが途中で分からなくなりそれが動揺となってメチャクチャの曲となってしまいました。ここのところまずまずでしたが大失敗
どうして こうなるのか 
練習不足、人の前での演奏になれていないなど色々あるけど音楽をたのしむと言うことを
忘れてしまうのでしょうね、
この次がコワイというのが今の心境です。

 重奏(デュエット)の楽しみ        99/10/29

 アコーディオンに二も演奏スタイルが有って一人で弾くのが独奏、大勢で弾くのが合奏
そして二人で弾くのが重奏(デュエット)です。
私が初めて重奏を体験したのは前々回のコンサートのときですからもう大分前になります
決まっていたコンビの一人が辞退したため私が代役で演奏することになりました。
曲名はスケーターワルツ、相方の彼女の私と同じくらいのレベルで出来るだけ合わせる様にしてくれる人で初めての経験にはラッキーでした。
初めて会わせる時はドキドキでした。
何回か練習して段々弾けるようになると相手の音も聞けるようになりそして胸の鼓動、雰囲気まで伝わるような気がして、そして気持ちピッタリで演奏したときは独奏では味わえない別な満足感に浸ることが出来ました。あの感激がいまも忘れられません。
今、重奏ではララのテーマ、パリのお嬢さん、そして新コンビでチロルのアコーディオン弾き
そしてディズニーの星に願いを始めました。
 

  猛練習                   99/10/19


 昨日の日曜日 仲間4人と練習しました。サークル前期のまとめ<てふうきんの夕べ>
が近くになりそれの小編成練習となりました。午後6時から9時まで我々にとっては
最近にはない練習量となりました。リベルタンゴはやり甲斐があります。まかなか進みません、でもひつこくやっています。ほかにビアダルポルカとララのテーマです
重奏の楽しさも感じてきました。

 二つのギター                                     99/10/10


ここのところしばらく二つのギターを練習したり何回か小集会で演奏したりしました。
テンポの変化、音量、キーの切替と色んな要素があり弾きがいのある曲でした。
うんと早くなるところはむやみ早く弾いていましたが少し余裕が出てきました
久しぶりの暗譜の曲です。