一覧へ [←] [→]


こんな感じで測定しました
 一人で作業を行ったので、実際にエンジンを回しているところの写真はありません。

 上の方が、カム・プーリーの回転数を計っている状況です。
 照明の影響を避けるため、屋外(太陽光)で作業しました。

 左側の青い箱に入っているのが、仮配線したタコメータです。
 筐体の側面に穴があいていて、小さなドライバーを使って調整するように
なっています。
 カム・プーリーの回転数の倍の値が表示されるように調整しました。

 テスターは、参考のために、発電周波数を計ってみました。

 当初、アイドリング状態で確認したところ、カム・プーリーの回転数が
420rpm(エンジン回転数840rpmに相当)で、タコメーターは、1100rpm
を指示しました。

 説明書には、タコメーターの最大目盛の2/3で較正するように記述されていますが、
4000rpmは、かなりの騒音で、周囲を気にしながらの作業でした。
 無負荷の状態では、アクセルの微妙な調整で回転数が大きく変化してしまいますので、
かなり苦労しました。

 メーター本体の取付は、ハウジングが入荷するまで仮設です。
 本設しましたら、紹介させて頂きます。

 以上、参考になりましたでしょうか?