和楽書体のエレメント

和楽エレメント▶ 書体制作過程▶ フォント作成▶ 組版ルール▶ 組版資料集▶ HOME▶


[タイプフェイス}の特徴
本来は、タテ長、ヨコ長、丸、三角、菱形、などの外形を持つ「かな」の字面をやや強引にタテ長とヨコ長に集約した。書体のスタイルはゴシック体、「かな」は単調になりやすいので筆跡を強調して一部エレメントを草書風に処理。堅さを感じさせないように複雑な画線は省略し、カジュアルな民芸風スタイルにした。
書体サンプル

[かな]のデザイン
漢字を簡略化して創られた[かな]は仮想ボディーの正方形いっぱいにデザインすると不自然な字形になってしまう。そこで、縦長・横長の二種類のプロポーションに集約し、[かな]本来の形を保ちながらもやや造形的にデザインした。

「あ」画像●縦長の文字
縦長にしても不自然にならない文字は、大胆にデフォルメしてデザインする。しかし、横長の文字とは大きさをそろえるように注意をはらう。
●輪のかえし
輪のデザインは単調になりやすので書でいう筆のかえしの箇所をカットしてアクセントにする。

「ミ」画像●運筆部
部首の一部をとってつくられたカタカナは画数が少ないので単調に見えてしまうので、画線を連結することにより染色の型絵染めのような味わいを演出する。
●横長の文字
上下の空間を十分にとって左右に広がったデザインにする。これはひらがなもカタカナも同じ。
●ふところ
 横長の文字なので、あまりふところが空き過ぎないように起筆と終筆のつながりを強調しておく。


●つながり

ところどころにはねの形を残しておくことで終筆から起筆への線のつながりを感じさせるようにする。

[漢字]のデザイン
漢字を簡略化して創られた[かな]は仮想ボディーの正方形いっぱいにデザインすると不自然な字形になってしまう。そこで、縦長・横長の二種類のプロポーションに集約し、[かな]本来の形を保ちながらもやや造形的にデザインした。

●画線が多い部分を省略-1
漢字の脚部分に配置されている[こころ]は、画線が込み合い煩雑になってしまう部分だ。本来は4画でできている文字の画線を連結し省略することで文字の黒みを調整する。
●画線が多い部分を省略-2

[四つ点]は画数が多くきゅうくつになってしまう。デザイン的にもあまり面白味がないので四つ点を三つ点のようにアレンジしてデザインした。あくまでも四つ点の変型であることを意識して流れのある字形を検討した。
●まばらな印象の文字
放射状に広がるまばらな印象をあたえる文字は、なるべく画線をつなげてまとまりを持たせるようにした。画線が重なる部分はやや細めに調整して重くならないようにデザインした。
●画線が重なる文字
3本以上の画線が重なる部分は黒みが目立ってしまう。タテ画とヨコ画をステンシル文字のように画線をカットして重ならないように処理をした。

●さんずい
3本の画線をすべてつなげ、おもいきって草書風のデザインにした。さんずいの各画線の角度は微妙に変えて単調にならないようにリズミカルにバランスをとる。
●ヨコ画
何本か連続するヨコ画は筆跡を強調して草書風の処理をする。すべてのヨコ画を連結してしまうと古風になり過ぎる場合もあるので、字形のバランスを見ながら調整する。
●はね
先端の角度は線画のストロークの角度によって変化する。一定のルールではねの角度を決めておく。文字の統一感をつくりだす重要な要素です。
●アキ
起筆部にすこしアキを与えると、起筆の位置が分かりやすくなり文字としての視認性が良くなる。このステンシル風の処理が民芸の味わいを感じさせるひとつの要因にもなっている。
●こざとへん
垂直線と曲線の対比がおもしろい部首。少しコミカルなたのしいデザインにした。

●とめ処理
つくり部分の右はらいは、ゴシック体のデザインでは払いの形が一般的だが、安定しすぎているのでカジュアル感を出すために留めの形に処理した。
▲ページトップへ   (C) ATELIER-FONT 2013 All Rights Reserved.