NO-6 匂いの記憶

 森の木々を見ている人は森の心を見ることはできない。森の心を知るには、その空間に身を置いて木々を見るのではなく、ただ森の匂いや光を感じることが唯一の方法だ。
 さらに、森の心を人に伝えることもそう容易なことではない。目や耳に口があれば、饒舌に森の姿を語ることもできるだろう。たとえ感動をひとに言葉で話しても伝えきれるものではない。匂いによって伝えられる情報は、目や耳によって得られるものよりずっと速く、大量で、原初的なものだ。匂いはものの実態や感動をひとに確実に伝えることができる。
美術品や茶碗や壷なども、使ったり触ったりして物の匂いを感じ取ることで感動が伝わっていく。視覚や触覚のすべてを使って物をめで、匂いを感じ取っている。一瞬でも匂いを感じることで、ひとは自分の過去の記憶も、過去生の記憶さえも取り戻すことができる。
 私たちが素晴しい風景を見たときに感動するのは、きれいな風景だから感動するのではなく、風景の裏側にある何かを観ているはず…。


NO-5 クローン人形

クローンイラスト

 生命は自然の中から発生したものです。発生した場所から隔絶されて存在できるものではありません。人工干潟を造って渡り鳥を移動させようとしても、鳥はもう干潟には戻ってきません。モンゴルの草原を畑に変えようとして耕すと、畑にはならずに、草も生えない砂漠になってしまうそうです。渡り鳥にも、モンゴルの草原にも、それぞれの歴史があるからその場所で生きて行けるのです。
 人の心の中にも、代々受け継がれる自然の歴史がなければ生命として存在できません。ただの物質になってしまいます。クローン技術で人間を作ろうとする行為は木偶人形を造り出すようなものです。また、人類の奴隷を作り出すことにもなりかねません。クローン技術の利用は、植物や医療目的に限定すべきでしょう。


NO-4 ウェブはウェーブだ

クモの巣イラスト

 インターネットで良く聞かれるWWWは、ワールドワイドウェブの略語です。ウェブとはクモの巣状の網という意味があるそうです。インターネットの世界ではパソコンの相互通信によってウェブのように世界中の人々がデジタルでつながっています。
 人間同士のコミュニケーションに於て、物理的な会話をしているようでも私たちは意識のウェブの中にいます。人と人との会話は、音声としての言葉のやり取りではなく、過去・現在・未来の意識のウェブにつつまれて会話をしています。デジタルよりも高度な記憶意識の波の振動をともなって思いを交感しているのです。
 1対1の関係ではなく、意識のウェブを介して世界中の人々とつながっているのです。地球の”文字文化”を考えてみると、様々な”文字”は人間の頭脳のみによって発生したとは言い難いほど、たいへん重要で、画期的なものです。”文字”は宇宙意識のウェブに包まれた人々の手によって創筆され、変容していくものではないでしょうか。


NO-3 喫煙症ですね

喫煙症イラスト

 子供の頃、小学校の道徳で人を外見で判断してはいけないと教えられました。しかし、人の心の状態は、顔や服装、行動に明らかに出ていることも事実なのです。髪を茶色に染めたり、ピアスなどを付けたりすることは自己顕示であり変身願望の現れなのです。この変身願望は子供だけの心理ではなく大人にも同じ心理が潜んでいます。タバコをたくさん吸う人は、吸わない人よりも不満や怒りを持ち易いという研究結果が、米国で発表されました。淋しさを感じやすい人は、無意識のうちに淋しさを解消しようとして酒を飲みます。ところが、アルコールには淋しさを増幅させる効果があるので、徐々に慢性のアルコール中毒に陥ってしまうのです。酒に溺れてしまう人の飲酒行動には何と悲しい心理が隠されていることでしょう。
  ちなみに、近ごろ米国では、ギャンブル中毒の男に障害者認定が認められ年金がおりたそうです。日本だけはこのような社会にならない様に願いたいものです。赤い服を好む人、黒い服を選ぶ人など、それぞれの性格や心の状態が反映した行動です。もし、人を外見で判断できないとしたら、その人は、人を見る目がないと言わなければなりません。


NO-2 癌が笑ってる

癌イラスト

 腹八分という言葉があります。最近の動物実験によれば満腹状態の食生活をしないで、食事は控えめに取ったほうが癌になりにくく長生きできるそうです。われわれ人間の脳細胞の90%は、使われないで一生を終ってしまいます。パソコンのCPUやメモリーも、その能力一杯に使わないほうが長持ちするようです。しかし、早飯の人、すぐにカッと怒る人、若いのに能力を出しきって頑張ってしまう人などはあまり長生きしていません。ということは人間でも機械でも、機能が複雑になればなるほどバックボーンとなる秘められたポテンシャルを大切に温存しているということでしょう。その反対の現象に、火事場の馬鹿力という特殊な例もあったりもします。何事も最高の幸せや満腹感を味わうのではなく、そこそこの小さな幸せを感じて満足する事、それこそが人間にふさわしい生き方でしょう。


NO-1 海は地球を救う

海地球イラスト

 この地球上に存在する水は海水がほとんどで96.5%を占めています。地球はまさに海水に覆われていると言っていいでしょう。しかし河川や湖沼の淡水は、地球上の水の0.0075%にしかなりません。地下水を加えても1%にも満たないのです。 近年、ごみ問題が深刻になり、川や地下水がダイオキシン等の汚染物質で汚されようとしています。川や地下水を死の水に変えることは簡単です。このあまりにも少ない淡水である地下水が山間部に投棄されたゴミで汚染されたら、人に与える影響は計り知れません。ですから、ごみを山間部に投棄することは今すぐにやめるべきでしょう。むしろ、ごみは海洋で処理する道を選ぶべきです。海はそれを許容する大きな力を秘めています。海はまさに母なる海、人類の未来は海洋開発にかかっています。


▲ページトップへ
(C) ATELIER-FONT 2013 All Rights Reserved.